PC関連・周辺機器

ヤフオクで偽造CPUをつかまされそうになった話。「ジャンク」「NCNR」は魔法の言葉すぎるね

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

最近、ジャンクPCというのにものすごく興味があり。

というのも、YouTubeの動画をガジェット・PC系で出そうかなぁと思っていて、色々見た結果「ジャンク」×「ゆっくり実況」でやってみようと。

で、秋葉原とかにふらっといければいいんだけど、平日は仕事あるし休日は子供と遊ぶしでなかなか行けるものでもない。

なので他ゆっくり実況者の方々が良く使っている「ヤフオク」で仕入れてやってみようと、ここ2,3日ヤフオクをちらちら見ていました。

安い!ジャンク!ロマン!

一式買うのもいいんだけど、動画編集とかあるしネタにもなりそうだから現行使っているメインパソコンのパーツをアップグレードできるようなパーツを探していました。

お安く済みそうだし。

そこで目に留まったのが「core i7」の4000番系のCPUです。

現在使っているパソコンのCPUが「core i5-4690」というモデル。

CPUは千番台の値が第〇世代を表しているのでここが同じであれば基本的にはマザボとCPUの互換性があります。

最新は第9世代のCPUなのでいつの間にやらものすごい進化してそうw

話がそれましたが、それでcore i7の4,000番台のCPUが5000円程度で落札できそうなんですこれが。

夢のcore i7が5,000円。ネタにもなりそうだし、「CPUは基本的には壊れないと思っている教」の信者なので

ジャンクだけどこれいけんだろ!ロマンあるだろ!!!

という思い先行でちょっと入札してみました。

 

結果から言うと落とせませんでした。3100円で最高額入札者状態だったんだけど、指値は3500円までにしてました。

でもね

で  も  ね

入札した後に気が付いたんだけど、この出品者超絶怪しい。

あんまりヤフオク使ったことないので良い評価の割合が90%がどんなもんなのかは知らんけど、悪い評価を見ると

「Intel Core i7 2700k 」ということで落札をいたしましたが、本日届いた商品は、「Intel Celeron G550」でした。

 

Core i7 8700Kが届かず、i7-6700kが届きました。

 

スポンジがずれてCPUのピンがむき出しなまま届きましたよ。画像以外のピン曲がりが何本も。いくらジャンクでも出品画像と同じ状態で届けるのが出品の最低限の気遣いでは?

と中々ひどそう。「ジャンクだから壊れてるかも」という前提はあるにせよ、別物商品なのはどうなの?って感じですよね。

そしてジャンクだからって梱包も雑で実質出品時の状態よりも悪化して届く。これはアカン。

私より100円多く出してゴミを買った方はご愁傷様と言わざるを得ない。

悪い評価以外でも、「動きませんでした、でもまぁジャンクだからしょうがないよね☆」という理由で通常の評価をしている方もちらほら。

NC/NR(ノンクレーム、ノンリターン)の魔法の言葉で諦めている人もかなりいるようだった。

 

商品名の挿げ替え「リマーク品」

で、調べてみると「リマーク品」というワードにたどり着きました。

どうやら中国とかで偽物つくって売ってるらしい。

全然動かないゴミに印字したり(ようはモックアップみたいなやつ)、別の安価なCPUの印字を挿げ替えたりしている模様。

 

さらに実際に動いてしまって動作確認されてしまうと偽物だとばれる可能性がある。

だから安価なモデルの挿げ替えCPUだとしても「あえて動かないように」壊してから売ったりしている害悪がいる模様。

「だってジャンクだから」

動かなくたってしょうがないよね。

 

リマーク品を見破る方法はあるっぽい

CPUにはバッチナンバー (FPO)というロット番号が記載されている。

これがリマーク品は超適当な文字列が記載されているので調べると

そんなロット番号はないぜ!って教えてくれるサイトがある。

Warranty Information

さすがインテルハイッテル。

これに正しいロット番号を入力するとこんな感じでちゃんと正しいCPU情報が表示される。

ちなみに僕が入札してしまった出品者が出品しているCPUを片っ端から入力してみたけど、1個もCPU情報が出てくることはなかった。ワロタ。(全部偽物でした)

 

まとめ ネットオークションでCPU買うのは要注意

今回は、たまたま僕より高く入札したひとがいたので僕は詐欺CPUを買うことはできなった。ラッキー。

「メルカリとかのジャンクは動かない」っていう情報の一端はこういう詐欺が横行しているからだろうなって察した。

 

オークションだからって何でもかんでも安く買えると思ってはいけない。そりゃたまに掘り出し物はあるかもしれないけど。

core i7が3600円で買える時点でまぁおかしいことは疑うべきだった。残念だったな最高額入札者よ。

 

オークションでも「PCショップが出品している」「個人色の強い人がたまたま1個CPUを出品している」「適正価格である」ここら辺を踏まえたうえで、インテルハイッテルのサイトを参考にすれば偽物をつかまされる心配はぐっと減りそうではある。

本当にジャンクかもしれないけどねw

というわけで、また掘り出し物漁りに精を出したいと思う。

関連広告

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-PC関連・周辺機器

Copyright© NUKOLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.