IT PC関連

XServerなら独自ドメインを使ったメールアドレスが簡単に作れる

更新日:

XServerで@独自ドメインのメールアカウントが簡単に作成できた話

本日もNUKO@LOGをご覧いただきありがとうございます。NTARO(@nukolog2016)です。

このブログはXServerで運用しています。Wordpressが簡単インストールできるのでサクッとブログが作成できるのです。無料期間に誘われてホイホイ使ってみてそのまま住み着きました。以前から気になっていた「メール」の項目についてちょっと触ってみたらすごく簡単にメールアカウントを作成できました。

きっかけはブログの表示がすごく遅い!という不具合から

XServerでは、一度Wordpressをインストールしてしまうと「Wordpressの管理画面」に直接入って記事の編集やサイトの構成の編集を行います。なので、「XServerの管理画面」にはあまり用事はありません。

最近「一部記事の表示が異常に遅くなる事件」が発生して、エラーログなどの確認のためにXServerの管理画面に入ってログを見ることが多かったのです。ちなみに異常に遅くなる理由は「関連記事の表示プラグイン」が原因だったんだけど、その時にふと目に入ったのがこれ。

 

どうみても「メールアカウントを作成することが出来て」「振り分けなどの設定が出来て」「メルマガ配信まで出来る」ように見えました。

 

XServerでメールのアカウントを作成してiPhoneからメールを送受信出来るようにする

XServerでのメールアカウント設定方法

まずは「メールアカウント設定」を選択。

 

 

ドメイン選択画面に移行するので、メールアカウントを作成したいドメインの行にある「選択する」を押下します。今回はnukolog.comのドメインでメールアカウントを作成します。

 

 

アカウントは未作成状態なのでアカウント一覧には何も表示されず。「メールアカウント追加」を選択。設定内容はアカウント名(メールアドレスの先頭部分)とパスワード、メールボックスの容量のみ。一応このサイトの連絡用ということで作成してみます。確認画面が出てきたら作成ボタンを押下。

 

一覧を確認すると、メールアカウントが作成されていることが確認できました。

iPhoneで送受信できるようにする

メールソフト設定を選択すると、メーラーに設定すべき情報を確認することが出来ました。受信メール(POP)サーバアドレス、送信メール(SMTP)サーバアドレスを確認。ユーザ名、パスワードは設定したものになるようです。

 

iPhoneの「設定」から「メール」を選択、その後「アカウント」の中にある「アカウントを追加」を選択します。「その他」を選択

 

 

「メールアカウントを追加」を選択

 

 

名前、メールアドレス、パスワードを入力して次へ

 

POPを選択して各種情報を入力して「保存」受信メールサーバ情報や、送信メールサーバ情報は先ほど管理画面で確認した情報をそのまま入力します。

 

 

 

メールボックスを確認

メールボックスを確認すると「Nukolog」ボックスが出現。あとは普通に操作して、無事に送信、受信をすることが出来ました。

 

まとめ

というわけで、Xserverを使用中の皆さん。メールアカウント超簡単に出来ますよ!アフィリエイトサイトの登録用とかのアドレスならすぐに作成可能です。迷惑メール振り分けなども設定可能。まぁ見ればわかるのでいじくってみて下さい(丸投げ)

 

他にはメールマガジンなども設定できます。自動登録フォームや、退会フォームも設定可能みたいです。特にメルマガ作る予定はないので今はそっとしておきます。

以下のリンクから詳細な情報が確認出来るので、気になった方は確認してみて下さい。意外と中小企業とかのHPとかここで運用すると楽だったりするのかな。安いし。

[aside type=“normal”]WordPressがサクサク動くXserverはこちらだよ!


[/aside]

関連広告

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-IT, PC関連
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.