ブログ運営

WordPressのテーマ「ごとき」にお金を掛けるべき3つ理由

お疲れ様です、ケンタロウです。

何かのきっかけでブログを運営してみようと思った時に取れる行動はいくつかあるんだけど、俺の俺による俺のためのサイトと言わんばかりの自分の個性を出したサイトを構築しようとするとそこら辺の規制サービスだと結構難しい。

色を出そうとすると、レンタルサーバを借りてWordPressを利用して‥‥という人が多いと思うわけだけど、WordPressでは「テーマ」と呼ばれるブログのひな型が存在する。

このエントリーでは、僕が実際に買ってみて思ったWordPressでテーマを参考に、実際にお金をかけるメリットについて、書いていく。

 

WordPressのテーマ

WordPressには「テーマ」と呼ばれるブログのひな形が存在する。

テーマはWordoressの管理画面から選択でき、人気のテーマ、新作のテーマなど検索することが可能なんだけども、このテーマは個人的に作ることもできる。

自分が使いやすいように、よりオシャレに、SEOを重視して、訪問者が回遊しやすいように、などなど細部にこだわったテーマを作ることが出来る。

個人的にテーマを作っている人の中には、作成したテーマを公開している人もおり、無料で配布しているのもあれば、有料で配布しているパターンもある。

今回は、この「有料で配布しているWordPressのテーマ」についてお金を払ってもテーマを買う理由を書いていく

 

有料テーマを買うべき3つの理由

カスタマイズのし易さ

まず、このサイトは「AFFINGER」と呼ばれる有料テーマを使用して作成している。

「AFFINGER」のカスタマイズポイントを例に挙げて説明する。

まずはサイト全体のベースカラーの変更。

背景色、見出しの色、テキストの色など一つ一つ設定も可能だけど、「オレンジ系」「ブルー系」「ダーク系」などざっくりカラーを指定することもできる。

ある程度きれいに配色に見えるように設定されているのでまずは「○○系」のベースカラーにしてみるとサイト全体の雰囲気が掴めて良いと思う。

また、見出しの形や、表示形式の設定がボタン一つで切替可能。

おすすめ記事の表示や、広告の配置場所、ショートカットコマンドなど、痒い所に手が届く機能が満載です。

ショートカットコマンドが多いのも有料テーマによくある機能。

ショートカットコマンドっていうのは例えばこんな感じのリンクを張りたい場合、

有料のWordPressテーマAFFINGER5(WING)!ブログの初期投資には最適!

お疲れ様です、ケンタロウです。 今日は僕が使っているブログテーマについて色々とオススメしていきたいと思う。 このブログは ...

続きを見る

AFFINGERでは

[ st-card id=6239 label="" name="" bgcolor="" color="" fontawesome="" readmore="on" ]

こんな感じであらかじめ登録してあるタグを使うことでいい感じに見せることが出来るようになる。

 

レスポンシブデザインへの対応

Googleの検索指標として、現在「スマホでの表示対応」は重要視されている。

スマホの小さな画面(しかも縦長であることが多い)で、PC用にカスタマイズされたサイト(横長であることが多い)は見づらく、検索ユーザは嬉しくはない。

Googleはこの「検索ユーザの満足度」を重要視していて「スマホで見ているのであればスマホで見やすい表示形式」をしてくれるサイトを評価対象の一視点としていることがわかっている。

テーマには「レスポンシブデザイン」というものがあり、「PCで閲覧した時」と「スマホで閲覧した時」を自動で判別して、最適な表示をしてくれるテーマがある。

有料のテーマ全てが対応しているとは言わけではないし、無料テーマが全く対応していないわけでもないけども、有料テーマではレスポンシブデザインが対応済みであることが多く、Googleからの高評価、もといユーザからの高評価を得易いデザインであることが多い

 

そのテーマ、10時間で作れますか?

自分の個人的、自己満足的なブログを運営するのであればどんなテーマでもよいと思うんだけど、人に読んでもらうことを考えるとある程度整っていて読みやすいサイトの方が良いと思っている。当然だけども。

読みやすいサイトとそうではないサイトとでは、アフィリエイト等でお金を稼ごうとブログを始める人にとっても、サイト回遊率などが雲泥の差になってくると思う。

そこで有料テーマを検討する。

有料テーマの値段もさまざまですが、僕が所有しているテーマは1万円前後で販売されている。

「たかだかブログのひな形」に1万円。決して安くはない。

しかも先に述べたとおり、テーマは自作することも可能。

自分でデザインし、プログラミングし、バグの確認など動作確認を行って、自分に合った最高のテーマを作ることが可能。

この作業、10時間で達成することが出来るか?

僕には出来ない。時給1,000円コンビニバイト10時間の方が遥かに楽に思える。

タイムイズマネー。

0から100点のテーマを作るより、80点のテーマを1万円で買う方が僕は好き。

 

おすすめの有料(優良)テーマ

AFFINGER

元は「STINGER」というカスタマイズしやすい無料テーマでしたが、「いっそ有料にしてめちゃめちゃカスタマイズしやすいの作るわ」的な雰囲気で生まれたらしいテーマがこちら。

本サイトもAFFINGERにて作成してる。

細かいカスタマイズ方法や、おすすめプラグインの情報など、WordPressを運営するうえで大事なことがたくさん詰め込まれているテーマだと思っている。

 

STOKE



ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

最近見つけて一目ぼれしたテーマです。

このテーマは兎に角「見た目」重視。

画像が綺麗に、いい感じに見えたり、可愛いフォントや全体的な配色などなど、イイカンジ!と思えるサイトに一瞬で生まれ変わります。

同系列の他のテーマも販売しているようなので、気になった方は是非デモサイトを見てみるとよい。

 

まとめ

個人的には「簡単で」「おしゃれに」「てっとり早く」が有料テーマを買う3つの理由。

ちなみに有料テーマもカスタマイズすることが可能で、テーマを購入して気に入らないところがあったら自力で何とかなおしてみてもよい。

1から作ろうとすると途方もない時間がかかると思います。

悪口を言うわけではないですが、「この力作のテーマを売りつけて金もうけしよう」って思うぐらいのテーマ。

割と労力はかかっていると思います。

同じクオリティを自力で作る暇があるなら、私はとっととブログを始めたいので有料テーマを買うことにしている。

もしもあなたも気になるテーマがあれば、一度デモサイト等を眺めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ブログ運営

Copyright© NUKOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.