IT 周辺機器

【おすすめ7選】完全ワイヤレスイヤホンが欲しくなった人がとりあえず見るページ

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

 

Huawei P20 pro、iPhone XSと最近私が購入したスマートフォンに共通する波があります。

そう、相次ぐ「イヤホンジャック」の廃止です。

時代は無線化!しかもコードを一切排除した完全ワイヤレスイヤホンがかなり注目されています。

今年は正に「完全ワイヤレスイヤホン元年」(言いたいだけ)ではないでしょうか。

ケンタロウ
すでにいくつか購入して使用しています!私が購入する際に、いろいろ気になって調べた完全ワイヤレスイヤホンについてまとめてみました!

完全ワイヤレスイヤホンがおすすめな人

  • 電車通勤の時にイヤホンケーブルが引っぱられて嫌な思いをしたことがある人 →ストレスフリーなワイヤレス生活へ
  • 音楽をメインで楽しんでいる人 → 多少遅延があっても気づきませんw
  • 自転車やランニングなど運動時に音楽を聴きたい人 → ケーブルがないのは本当に楽

こんな人は要注意

  • スマホでゲームをよくやる人(特に音ゲー) → 無線なので遅延がありリズムが取りずらい可能性があります
  • スマホで動画をよく見る"神経質"な人 → 同上で遅延があるので若干気持ち悪く感じる人がいるかもしれません(僕は気にならないレベルでした)

 

有名どころの「完全ワイヤレスイヤホン」

完全ワイヤレスイヤホンを検討するにあたり、値段とか度外視でどんなのがあるのかなぁと見てみる商品帯です。

ケンタロウ
Apple純正のAirPodsや、イヤホンといえば!というメーカを比較してみました

 

[Apple] Air Pods

created by Rinker
Apple(アップル)
¥18,144 (2019/07/23 11:44:58時点 Amazon調べ-詳細)
  • 発売日:2016/12/16
  • 重さ:4g / 片耳
  • タイプ:インナーイヤー型
  • 防水有無:×
  • 連続再生時間:最大5時間

「シンプルで魔法のようなワイヤレス」がキャッチコピーのApple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。

発売日を見てもらうとわかる通り、もう2年も前のモデルになります。しかしながらダブルタップでSiriが呼び出せる等、iPhoneとの親和性は高く、街中でもよく見かける人気モデルです。

機能としては、「タップで操作」しかありません(=ボタンがない)。

そのため、音量調整などはスマホ本体から行うか、「タップ」でSiriを呼び出して音量を下げてもらう必要があります。

音質としては通常のケーブルタイプである「Ear Pods」と同程度か、「Ear Pods」のほうがやや力強いという評価が多いモデルです。

近々、「Air Pods2(仮)」が発売される…との噂も。

ケンタロウ
個人的にはインナーイヤータイプは音漏れが多いのでなるべく避けたいところですが、カナル型だと耳が痛くなる人もいるようなのでケースバイケースでしょうか。機能拡張はAirPods2に期待!ですかね

 

[BOSE] SoundSport Free wireless headphones

  • 発売日:2017/9/26
  • 重さ:9g / 片耳
  • タイプ:インナーイヤー型とカナル型の中間ぐらい…(価格.comではインナーイヤーの括り)
  • 防水有無:IPX4
  • 連続再生時間:最大5時間

2018年12月現在、かなり売れてきているBOSE製の完全ワイヤレスイヤホンです。

数字上の重さはAirPodsの倍以上ですが、装着してみると思ったほど重くはありません。

が、Air Podsと比べるとかなり存在感のある大きさとなります。

が!その分、音質の評価はかなり高い。実際聞いてみると、「ワイヤレスでここまで音良いんか・・」と思える音質です。

音量調整のボタンや、マルチボタンを完備しているので通話応対も可能。

失くした!という時のためにアプリから最終時場所を辿れたりと機能は充実している機種です。

こちらは実際に購入して使用しています。レビュー記事があるので良ければご覧ください!

BOSE
【BOSE SoundSport Freeのレビュー】音質最高で防滴で完全ワイヤレス!

ブログをご覧いただきありがとうございます。NUKOLOGのケンタロウ(@chagokent)です。 iPhone 7から ...

続きを見る

 

[SONY] WP-SP900

  • 発売日:2018/10/27
  • 重さ:7.3g / 片耳
  • タイプ:カナル型
  • 防水有無:IPX5/IPX8
  • 連続再生時間:ワイヤレス接続時 最大3時間、メモリー再生時 最大6時間

高い防水性能を誇るのがSONYのWP-SP900。売りは「水の中でも聞ける」こと。

また、メモリーが搭載されているのでスマホ同期はせず、イヤホン単体で音楽を聴くことが可能です。(4GB、約920曲)

カナル型だと外音が遮断されて、ランニング時など車などに結構気を付けているのですが、WP-900には「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」が搭載されています。

ヘッドホンに内蔵されたマイクロホンで、環境音や人の声を取り込む機能を搭載。電車などでのアナウンスが聞きたい時やスポーツ中も周りの状況に気を配ることができます。外音取り込み機能はON/OFFが切り替えられるので、集中したい時と外の音も聴きたい時の使い分けができます。

https://www.sony.jp/headphone/products/WF-SP900/feature_1.html

ケンタロウ
ノイズキャンセリングとかの技術の応用なんでしょうか。集中して聞きたいときは外音OFF、外で使う場合は外音ONに切り替えできるのは高評価ポイントですね!

 

[JBL] JBL Free X

  • 発売日:2018/10/26
  • 重さ:7.5g / 片耳
  • タイプ:カナル型
  • 防水有無:IPX5
  • 連続再生時間:最大約4時間

JBLからも完全ワイヤレスイヤホンが販売されています。前世代の「JBL Free」から進化して「JBL Free X」。

他の有名メーカのイヤホンに比べて1万円ぐらい安いので比較的購入候補に入れやすいのではないでしょうか。

左右のイヤホンを物理的に「クリック」できるので操作性も良い評判があります。

また、イヤホンに施された青いLEDの光がカッコよい。(主観)

収納兼充電のためのケースが若干使いづらいという口コミがチラホラ。慣れが必要なようです。

ケンタロウ
完全ワイヤレスイヤホンは「使ったら」→「ケースに戻す」、「使ったら」→「ケース戻す」が基本!失くしちゃったら元も子もないですからね。そのためケースが使いづらいという評価は少し残念です。が、やはり値段は非常に魅力的ではあります。

 

[audio-technica] ATH‐SPORT7TW

created by Rinker
オーディオテクニカ(audio-technica)
¥14,405 (2019/07/23 11:45:00時点 Amazon調べ-詳細)
  • 発売日:2018/11/9
  • 重さ:6.4g/ 片耳
  • タイプ:カナル型
  • 防水有無:IPX5
  • 連続再生時間:最大約3.5時間

個人的には10年ぐらい前にハマっていたのがATHことオーディオテクニカ。

防水性能高めのIPX5で、「スポーツ向け」を謡っている完全ワイヤレスイヤホンです。

連続再生時間が約3.5時間と他の製品と比べてやや短め。SONYのWP-SP900同様、外音の取り込み機能である「ヒアスルー機能」が搭載されているのでランニング時には重宝しそうです。

音質の評価はよく、満足度は高そうです。

ケンタロウ
連続再生時間は短めではありますが、完全ワイヤレスイヤホンは基本的にケースが充電器になっています。なので「本当に4時間ぶっ通しで聞く」人とかでなければ「1~2時間聞いたらケースで充電」すれば問題なく使用できるかと思います。

 

アマゾンで買えるコスパ重視「完全ワイヤレスイヤホン」

[SoundPEATS] True Free ワイヤレスイヤホン

  • 発売日:2018/11/12
  • 重さ:4.7g/ 片耳
  • タイプ:カナル型
  • 防水有無:IPX5
  • 連続再生時間:最大約3.5時間

「実際に買ってみた」2号機です。

自分用に完全ワイヤレスイヤホンを探していたのですが、いかんせん僕はすぐに物を失くす星人なので2万円クラスの完全ワイヤレスイヤホンを買うのをためらっていました。

そこに飛び込んできたのがこのTrue Freeワイヤレスイヤホンでした。

新発売!クーポン有!

ということで、現在、クーポンが使えるので3,980円から1,000円オフの2,980円で購入することができます。

ケンタロウ
普通に音楽を聴く分には実用に耐え得る製品だと感じています。

こちらは実際に購入して使用しています。レビュー記事があるので良ければご覧ください!

1,000円OFF!
【SoundPEATS TrueFreeのレビュー】安めの価格帯の完全ワイヤレスイヤホンなのに音良し!

ブログをご覧いただきありがとうございます。NUKOLOGのけんたろ(@chagokent)です。 先日の宣言通り、無事自 ...

続きを見る

 

[Anker] Zolo Liberty

  • 発売日:2017/12/24
  • 重さ:-/ 片耳
  • タイプ:カナル型
  • 防水有無:IPX5
  • 連続再生時間:最大約3.5時間

Amazonでガジェット関係といえば『Anker』。

充電器や、モバイルバッテリー、スピーカーなどなど手広く、高性能、低価格!というイメージの優良メーカです。

上のお高い製品群よりはお安く、SoundPEATS True Freeよりはお高い、中価格帯のイヤホンです。

評価は「イイ!」という人もいれば、「微妙…」という人もいるという、賛否分かれる製品のようです。

ケンタロウ
Ankerは製品保証をしてくれるので故障したときは安心ですね!

 

 

まとめ

というわけで、続々と新製品が出始めている完全ワイヤレスイヤホンでした。

最後におすすめな製品を整理してみます。

ケンタロウ
あとは好み!!!!ぷらいすれす!

関連広告

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-IT, 周辺機器
-, , ,

Copyright© NUKOLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.