\ Amazonベーシックって知ってます? /

TP-Link Archer AX73のレビュー【IPoE(IPv6)、Wi-Fi6】-すべて詰まった超高速Wi-Fi-

テレワークで家のネット環境を新規構築、再検討し始めている友人も多い昨今、どうお過ごしでしょうか。

なにかとTP-Link様からレビューのご依頼を頂けることが多いのだけど、個人的には「もうとりあえずこれ買っときゃ正解だろ」というルーターが遂に発売されたので紹介していこうと思う。

スペック的に求めていたヤツが遂にキタ!という感じ

読むのが面倒くさい人はとりあえず、Amazonでポチって来てほしい。

TP-Link Archer AX73をオススメする4つの理由

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応

我が家のインターネット回線、楽天ひかりではIPv6通信に対応している。

IPv6については、A10 Proの記事のときに触れたのでそちらを見て欲しいのだけど、対応しているなら秒で切り替えて欲しいサービス

で、このIPv6通信を行うためにはIPv6通信に対応したルーターを使わなきゃいけないんだけど、今回のAX73は対応ルーターである。

Wi-Fi6対応

またも引き合いに出してしまい申し訳なのだけど、A10 Proのときに唯一不満だったのがWi-Fi6に対応していなかった点

ぶっちゃけ、Wi-Fi5でも無線をちゃんとつかんでいれば速度は十分なんだけど、せっかく対応している機器たちを所持しているのだから環境は整えてあげたいのが親心である(違う)。

iPhoneであればiPhone11以降の機種はWi-Fi6に対応している。

基本性能が高い

アンテナが6本ついており、6ストリームで合計5400Mbpsの大容量な帯域に対応している。

一人暮らしとかだと持て余す気はするけど、我が家のように一人につき数台、Wi-Fi接続する機器を所持しているファミリー向けには安心できるスペックになっている。

  • 4Kも余裕な超高速Wi-Fi 6  – 6ストリーム 合計5400Mbpsの超高速WiFi6ならオンラインゲームも動画再生も同時にサクサクこなせます。
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応  –  v6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Liteに対応し、高速でインターネットに接続可能。
  • 高速でたくさん繋がる – MU-MIMOとOFDMA技術によって、旧規格と比べて混雑した無線環境下での平均スループットを4倍にします。
  • 遠くまで繋がる – 6本の外部アンテナとビームフォーミングに加えて、OneMesh™に対応しているので対応中継器を追加することで更に遠くまでWiFiを飛ばすことができます。
  • 強力なCPU – 安定して高速な処理を行います。
  • HomeShield – TP-Linkのプレミアム セキュリティサービスがネットワーク全体を保護します。
  • 熱効率も向上 – 本体天面を肉抜きすることで放熱性を大幅に向上。
  • USBポート – USB 3.0ポートを搭載し、簡易NASとして利用可能です。
  • かんたん設定 – PCはもちろん、スマートフォンアプリTetherから数分で初期設定が完了します。

Archer AX73 製品情報

値段が安い

そして何より、お値段がお手頃。

前回のAX90は2万円を超えていたが(その分、スペックは高いんだけど)、今回のAX73は1万円前半で購入できる。

TP-Link Archer AX73の内容物

内容物はこんな感じ。

  • 本体
  • ACアダプター
  • LANケーブル
  • 説明書等紙類

 

TP-Link Archer AX73の外観

外観はこんな感じ。

デザインがまた変わりましたね。

この幾何学模様みたいなやつは、放熱重視らしい

手で触った限り、他機種と比べて発熱量が高いのかはよくわからなかった。

戦闘モードオン。

AX90(↓)のカニ感は若干薄れた気がする。

背面はこんな感じ。

ギガビットWANポート× 1、ギガビットLANポート× 4(うち2つは静的リンクアグリゲーション対応)の系5ポート体制。

設定はいつも通り「Tether」

いや、いつも通りなのはいっぱいレビューやらせてもらっているからなんだけども。

Tetherの内容はIPv6の設定含めて、A10 Proの記事を見て欲しい。

【PC周辺機器】TP-Link Archer A10 ProでIPoE(IPv6)通信したらめっちゃ早いレビュー

有線、無線ともに動作完了

PC(無線)で測定

iPhoneで測定

というわけで、非常にお早い接続ができて満足です。

まとめ

現在、我が家のメインルーターにはA10 Proさんに頑張ってもらっていたのだけど、「Wi-Fi6に対応」という最後の欠点を乗り越えたAX73様に置き換わることになる。

つながったからオッケー?実際の動作検証のフェーズが少なくない?

そんな声が聞こえてくるような気がしないでもないが、そんなものは関係ない。

IPv6に対応していて、Wi-Fi6で、お値段が安くて、実績のあるメーカーのルーターだから多分大丈夫だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です