\ Amazonベーシックって知ってます? /

TP-Link UE305 のレビュー。USB3.0ギガビット有線LANアダプター

突然だけど、僕の会社のPCはノートPCを利用していて、普段は無線LANを使ってインターネット通信を行っている。

平時であればいいのだけど

  • なんかプリンターとの接続が悪い
  • なんかWi-Fiに繋がらない

となると、無線LANだけだと不具合の調査が進まないことがあって、ほかの人の有線LANに接続されているPCを借りて調査することもしばしば。

USBのLANアダプターでも買おうかな、と思っている矢先、TP-Link様からレビュー依頼をいただいたので早速使ってみた。

公式情報

TP-Link UE305の外観

外箱はこんな感じの箱に入っていて、非常にスリム。

箱のレビューなんてしたところで何の意味もないのだけど。

スリムな箱から出てくるのは非常にコンパクトな本体。

以前使っていた、USB to LANアダプターは白地で汚れが非常に目立って嫌だったので、黒地なのはありがたい。

USBこんにちは。

LAN側はこんな感じ。

TP-Link UE305の使い方

PCのUSBに接続し、LANケーブルを接続。

特に設定もなく使うことができた。

UE305で有線接続した速度

実際に使ってみた速度。

普通に有線LAN接続と変わらない速度、というかデスクトップPCと比較してもそん色ない。

測定誤差だとは思うが、ダウンロードはむしろ上がったので、USBだから遅いみたいなことは一切ないのだと思う。

※ちなみにデスクトップでの測定は↓

 

Nintendo Switch対応

今回、この製品の一番の推しポイントだと思うのだけど、UE305は「Nintendo Switchに対応している」と公式でいっている。

これを押しポイントにする意味は何だ?Switchってドッグついてるでしょ?って思ったんだけど、なんとSwitchのドッグには、HDMIとUSBのコネクタしかついていないらしく、LANを指すところはないらしい。

公式で「有線LAN」を使うならUSB接続のLANアダプターを使え、ということになっている。

つまり、これに対応している。

昨今、フォートナイトとか割とネットワークにシビアな接続をしたほうがパフォーマンスが出せるゲームも増えてきているので「Wi-Fi接続じゃいやだ!!!」という人にはぜひ有線LAN化をオススメしたい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です