\ Amazonベーシックって知ってます? /

TP-Link RE605Xのレビュー。中継器/メッシュ/有線のWiFi化

家のこの部屋だけ電波が弱いんだよなぁ… とか(中継器)

1Fと2FでWi-Fiの電波が違って面倒なんだよなぁ… とか(メッシュWi-Fi)

この部屋だけちょろっとWiFi飛んでたら便利なんだよなぁ… とか(有線のWi-Fi化)

はい、これ全部できます。(同時にはできないけど)

ということで、本日はTP-Link様から新しく発売された中継器、「RE605X」のレビューです。

前機種「RE505X」からパワーアップして帰ってきました。

【TP-Link RE505Xレビュー】有線→無線化・無線→有線化の両対応で色々使いたい人におすすめ

公式

RE505Xから通信速度がアップ

見た目はほぼ一緒。

しかし、2.4GHzの通信速度が300Mbpsから約倍の速度にあがって574Mbpsになっている。

そして、WI-Fi6対応になっている!

前回のRE505Xでは5GHzのみWi-Fi6に対応していたのだが、今回はデュアルバンド対応。

なので順当パワーアップした製品になっています。

 

【中継機能】家のこの部屋だけ電波が弱いんだよなぁ問題

まずはこちらをご覧ください。

  • 互換性あり
  • あらゆるWi-Fiルーターに対応

何が対応しているかというと、既存のWi-Fiルーターが発信している電波を受信したとき、その場からさらに電波を飛ばすことでWi-Fiの電波領域の拡張ができます。

つまりは、Wi-Fi中継器機能になります。

 

【メッシュWi-Fi】1Fと2FでWi-Fiの電波が違って面倒なんだよなぁ問題

RE605XではTP-LinkのメッシュWi-Fiシステム「OneMesh」に対応している。

OneMeshとは、TP-Link製品の「OneMesh」に対応した製品同士で使える「メッシュWi-Fi」機能のことで、メッシュWi-Fiとは簡単に言えば「複数の無線機器で同一のSSIDを共有」できるのがウリ。

本体WiFi+拡張Wi-Fiだと、例えばスマホの移動時とかにWi-Fiを繋ぎなおさないと適切な電波をつかめない、という地味に面倒くさい問題があるのだけど、メッシュWi-Fiにすることで「同一のSSIDで」「勝手に電波の強いほうに繋ぎなおしてくれる」ことができるようになるので、

  • 広い部屋に住んでいて
  • スマホなど移動端末を使う場合

にお勧めしたい技術です。

最新の端末だと、AX20というルーター(親機)がOneMeshに対応している。

実際に使ってみたのでOneMeshについてはこちらを参照してもらいたい。

TP-Link Archer AX20のレビュー。メッシュWi-Fi対応でWi-Fi6にも対応

 

【アクセスポイントモード】この部屋だけちょろっとWiFi飛んでたら便利なんだよなぁ

無線Wi-Fiを飛ばすのは何も親機に限ったものではない。

RE605Xでは動作モード変更して、アクセスポイントモードにすることで、有線の無線化をすることができる。

最近のルーターにはあまりないが、例えばWi-Fi機能のないルーターが親機だった場合、アクセスポイントモードにすることで、RE605Xから新規にWi-Fiの電波を飛ばすことができる

それ以外にも、「拡張機能」が機能しない、例えばWi-Fiの電波が全く届かない場合にも有線LANさえ届いていればそこから電波を飛ばすことができる。

個人的には、この使い方が結構好きでただの中継器では収まらない、持ってると便利な1台になるポイントかなと思っている

 

メインルーターから有線LAN直刺しでアクセスポイントモードで通信した通信速度がこちら

良き。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です