お金・節約 ガジェット ガジェット-iPhone/スマホ関連 ライフスタイル ライフスタイル-お金・節約

失敗しない格安SIMと端末の選び方

更新日:

SIMの話

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]格安SIMを選ぶときに「SIMの種類」を選択する画面になったんだけど、正直何を選べばいいかよくわからんかった![/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]基本的にnano simを選べばほぼ失敗はないと思うよ。まぁいくつか種類があるけど見てみようか?nano sim選べば失敗しないけど[/voice]

 

SIMカードってなに

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]そもそも、SIMカードって何?[/voice]

SIMカードとは、Subscriber Identity Moduleの頭文字をとったもので、スマホの通信時に使われている契約者情報が記録されたICカードになります。

Facebookにログインするときに使うログインIDがあるように、回線業者のネットワークを使うためのログインIDの代わりを、SIMカードが行っている、というイメージです。

 

サイズ

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“l fb”]
現在、使用されているSIMの大きさは3つ。
ガラケー~スマホで始めた第一世代(2010年ごろ)は通常Sim、 それから徐々にMicroSimに移っていき、2012年頃からはNanoSimが一般的になった。
[/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“r fb”]私のiPhoneはNanoSimだね[/voice]
スマホが小型、薄くなるにつれてパーツはどんどん精細になっていきました。
その中でもSimカードは小さくする余地が大きかったため最終的にはほぼチップ部分のみを残すだけになりました。

 

端末ごとのSIM種類

iPhoneのSIMカード

機種 SIMのサイズ
iPhone5(2012年9月) NanoSim カード
iPhone5s(2013年9月) NanoSim カード
iPhone6/iPhone6 Plus(2014年9月) NanoSim カード
iPhone6s/iPhone6s Plus(2015年9月) NanoSim カード
iPhone7/iPhone7 Plus(2016年9月) NanoSim カード

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]使っている人が多そうな2012年発売のiPhone5以降は全部NanoSimカードなんだね[/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]しかし、こうしてみると綺麗に1年更新だね。今年の9月も楽しみだ[/voice]

iPhoneはiPhone5以降はすべてNanoSim統一になっています。

 

android(Xperia)のSIMカード

機種 SIMのサイズ
Xperia SO-01B(2010年4月) 標準Simカード
Xperia arc SO-01C(2011年3月) 標準Simカード
Xperia acro HD SO-03D(2012年3月) 標準Simカード
Xperia SX SO-05D(2012年8月) 標準Simカード
Xperia AX SO-01E(2012年11月) MicroSim カード
Xperia Z SO-02E(2013年2月) MicroSim カード
Xperia A SO-02E(2013年5月) MicroSim カード
・・・ ・・・
Xperia A2 SO-04F(2014年6月) NanoSim カード
XperiaZ3 SO-01G(2014年9月) NanoSim カード

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“l fb”]androidは機種が多すぎるのでXperiaを適当にピックアップして調べてみたよ![/voice]

2014年以降はNanoSimが標準となっています。iPhoneと比べるとMicroSimの寿命が長かったようです。

という意味では、さすがiPhoneという感じ。

 

SIMロックって何

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]ふふふ、わかった。SIMロックっていうのは、SIMカードで鍵を閉める感じで端末を暗号化するといった感じなんでしょ?[/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]なんかあってる雰囲気で話してるけどちょっと観点が違うね[/voice]

 

SIMロックとは「端末側」に設定されている、使用できるSIMカードを限定する機能です。

例えば、docomoで販売しているiPhoneの販売時には「docomoのSIMのみが使用できる設定」になっています。

これをSIMロックと呼びます。

現在、販売されているiPhoneは販売半年後には「docomoのSIMのみが使用できる設定」を無くすことが出来ます。

これをSIMロック解除と呼びます。

SIMロック解除された端末は、「docomoのSIMのみが使用できる設定」がなくなっているので、auやsoftbankのSIMも使用することが出来るようになります。

 

SIMフリー端末

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]SIMを自由に使える端末![/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]正解![/voice]

SIMフリー端末は、そもそもSIMロックが掛かっていない端末のことです。

SIMロック解除された端末は、SIMフリー端末になります。

 

結局NanoSim選んでおけばOKな理由

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“l fb”]ところでぼくが最初に言ったことを覚えているかな?[/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“r fb”]

NanoSim選べば失敗しないってやつ?

確かに最近の端末であればほぼNanoSim対応だったので大丈夫そうだね!

[/voice]

 

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“l fb”]そうなんだけど実はね…[/voice]

上記の金属部分、見てわかる通り殆どサイズが変わりません。

詳しい話は専門家に聞けばいいですが、金色の回路のところと端末の読み取り部分がきっちり会えば読み取れるんです。

なので、NanoSimを購入しても通常SIMの端末の読み取り部分に合わせて挿入することが出来れば読み取ることが出来ます。

 

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“l fb”]ここに取り出しますわ…

「SIMアダプター」(ドラ〇もん風)[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“r fb”]!?[/voice]

これはNanoSimをMicroSimのサイズに、NanoSim、MicroSimを通常Simに調整してくれるただの台座です。

乗っけるだけで大きさを変更できます。

これがあるのでNanoSimを購入しておけば最悪数百円の出費でSimのサイズは調整可能なんです。

 

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]小さいのから大きいのであれば変更可能なのね![/voice]
[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]あまい…

っ 「Simカッター!」(ドラ〇もん風)[/voice]

 

これは「穴あけパンチ」の要領でSimを切り落とすカッターです。

失敗するとSimが死ぬので結構リスキーですが、使ったことはあります。普通に使えました。

通常SimをMicroSimにしかしたことはないですが、NanoSimにも対応はしている・・・らしいです(こわい)

 

まとめ

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]格安SIMを選ぶときにどうすればいいのか、私が理解した内容をもう一度まとめます![/voice]

選択する順番は前後するかもしれないですが、自分がどうしたいかをまず決めます。

 

使いたい端末がある

使いたい端末がある場合は、その端末がキャリアの端末なのか、SIMフリー端末なのかを確認します。

SIMフリー端末の場合は、どこの格安SIM業者も使えるはずなので特に気にしなくてもよいですが、

キャリアの端末の場合は、SIMロック解除が出来るかを確認。

SIMロック解除が出来る場合は、実質SIMフリー端末となるので、お好きな格安SIM業者を選択すればOK

解除できない場合は、docomoスマホならdocomo系列のMVNO業者を選択、

auスマホならau系列のMVNO業者を選択する必要があります。

業者が制限されるだけで格安SIMを使うことは可能です。

あとは前述したとおり、Simのサイズを確認して対応したサイズのSimを契約すればOKです。

 

使いたい格安SIM業者がある

使いたいMVNO業者がある場合は、そのMVNO業者の回線の種類を確認します。

基本的にはdocomo系列のMVNO業者が多いのですが、docomo系列ならdocomoの端末、もしくはSIMフリー端末。

au系列ならauの端末、もしくはSIMフリー端末を入手します。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l fb”]以上です![/voice]

 

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-お金・節約, ガジェット, ガジェット-iPhone/スマホ関連, ライフスタイル, ライフスタイル-お金・節約
-,

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。