漫画/アニメ 趣味

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケールの感想(ネタバレあり)

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 朝越ケンタ(@asagokenta)です。

SAOオーディナルスケール!やっと見れたので感想をバババって書いておくんだぜ!

 

あらすじ

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

オーグマーがナーヴギアの後継機種、オーディナル・スケールが今回舞台のゲームです。
オーグマーの開発者は大熊さんだと思ったのに重村さんした^q^(どうでもよい)

この耳についてるのがオーグマー。ちょっとうっとおしそうと思いつつ、付けてみたいと思いつつ。

これがオーグマーでオーディナル・スケールを起動したら出てくるモンスター。
AR(拡張現実)でプレイヤーの姿もいい感じに姿を上書きしてくれるシステムでした。

トリガー・オン!(違う)

 

感想

VRからARへ。「オーディナル・スケール」の登場

フルダイブ(脳から体への信号を遮断して仮想世界へと接続)の危険性がとりだたされる中、新たなデバイスとして登場したオーグマーというバーチャルを現実世界に拡張するデバイスが世にで始めた世界。着実に『アクセルワールド』の世界へ進んでいました。

オーディナル・スケールではランキング制が導入されていて、ポイントを稼ぐとケーキが無料になったり、牛丼の割引クーポンがもらえたり、日本のあらゆる企業を巻き込んで展開している「政府押し」なゲームでした(たしか、菊岡誠二郎がなんちゃら省も噛んでるとかから…的な発言をしていた気がします)
そんなわけで、オーグマーでARゲームをしてポイントをゲットして、自販機もオーグマー経由で決済。

もうこれはココロオドルよね。実現しないかなぁー生きている間に。

 

アスナとの関係

キリトの覚悟の変化というか。

アスナの記憶がなくなる前、アスナのお母さんから「会ってみたい」と言われたと聞かされたキリトは「まぁそのうち…」的な返事をします。

わかる!わかるでー!キリト君!
親御さんにご挨拶だといよいよ結婚前提のお付き合いになっちゃうよね
いくらSAOの中でいっしょに暮らしてきたからってリアルで結婚となると身構えちゃうよね
でも、アスナのSAOでの記憶が奪われ、今ある記憶もどうなるか危ういなか、命がけで生きていたSAOの中での気持ちを、大切な人を守りたい気持ちを再度思い出しちゃったんだよね
SAOでは2人で生きて、指輪を渡して、「現実に戻ったら指輪渡す」とか言っておいて親に会うのすら尻込みしてた自分が情けなくなったんだよね

※妄想終わり

 

覚悟が決まってからのキリトはARの世界でも最強モードでした。
アスナを救い、約束を果たし、エンドロールではちゃんとアスナのお母さんに会っている描写がありました。偉いぞキリト!
腹を決めたキリトはこれからより強くアスナを支えて行くでしょう…\(^o^)/楽しみ\(^o^)/

 

仮想の歌姫・Yuna

《オーディナル・スケール》内で
初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す《歌姫》。
ゲーム内で彼女のステージに遭遇すると、
特殊な効果を得ることができる。

今回の物語に大きく関わるキャラクターで「初音ミク」のような仮想アイドルのような、キャラクター。

めっちゃ歌上手いなぁーって見てたらCV.神田沙也加さんでした!アナ雪のアナです\(^o^)/
そりゃ上手いよね。

戦闘シーンに登場し応援という形でLIVEが始まるんですが普通にBGMを流すより自然でそこもまたGOODでした。

 

Yunaちゃんかわいいよ。Yunaちゃん(キモイ)
まぁ今回のお話のメインキャラクタ―なので許して!

 

既存コンテンツのファンサービス

ソードアートオンライン、ソードアートオンライン2でキリトに関わったキャラクターがインタビューで登場したり、いっしょに戦ったり、ついに100層のボスが登場したりとアニメ版で楽しんでいた人達が盛り上がる演出が多数あり、非常によろしゅうございました。

っていうか、これを見る人はみんなアニメ版を見ていけば5倍は楽しめるね!

 

ただそもそもストーリーが「SAOサバイバーを集めて云々」ってやつだったので「2」に登場したシノンとかの絡みは少し薄かったかなとは思います。
「私はSAOサバイバーじゃないから平気」ってそうなんだけど、ちょっと「命がけ感」が足りなかった気はする。

 

特に最後の戦闘シーンは大盛り上がり。最高。
ラスボスはSAO100層のボス。ついに見れた。

最初は数人で挑むことになったキリト達だけど、こんなん勝てるわけありませんやん…^q^ってなったところで援軍。

ALOのメンバー、GGOのメンバー総出演。

さらに「SAO時代の記憶を無くしたアスナ」が出来るコト。

ALOで絶剣・ユウキから託された「マザーズロザリオ」で切り込むところはファンなら

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

ってなると思う。なった。よかった。最後の戦闘超よかった。

 

SAO will RETURN

映画の最後の文字。

いやー、こんなに嬉しいことはないね!
また新たなキリトとアスナの冒険が見れそうです。

どうやら「アリシゼーション編」という、シリーズが始まるっぽい。
そしてこのエピソードは長いので2クールぐらいありそうとかなんとか!

原作は読んだことないので、ついに原作にトライしてみますかねぇ(。-`ω-)

 

まとめ

アニメ最近全部みた僕としては超よかった^q^

またアニメ3期も決定なので盛り上がっていくのが楽しみです
本当に、こういうアニメ見ると早く現実で実現しないかなぁって思っちゃうよね

なんとか…!ソニーさんあたり…!なんとか‥‥!!!!!!

ソンナカンジ。

ちなみに劇場プレゼントはこれでした^q^

キリト×アスナも捨てがたいけど大好きなしのんがもらえたのでまあよし^q^

関連広告

-漫画/アニメ, 趣味
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.