ライフスタイル 暮らし

オシャレの極。GINZA SIXの最上階!スタバ併設の蔦屋書店

更新日:

本日もNUKO@LOGをご覧いただきありがとうございます。NTARO(@nukolog2016)です。

普段銀座なんぞには行かないんですが、嫁チャンの付き添いでふらっと最近できた施設、銀座SIXで暇つぶししてました。とはいえ、ブランドショップばかり並ぶGINZA SIX。特に興味がない(ほんと、なんでGINZA SIXで暇つぶししていたのか)ぼくは一直線にスタバ、蔦屋に子供と潜入してきました。

場所は最上階なのでエスカレーターで話題?の草間彌生アートをしたから上まで嘗め回しながら鑑賞して登ってゆきます。新手のモンスターにしか見えませんでs…

 

空間がオシャレ

見てよこれ。開放的な空間と立体的な陳列。もはや上のほうの本なんて一生誰も触れない高さに飾ってあるよ。これは商品ではない。おしゃれ空間の演出の一部なのだと言わんばかりの高さだよ。

 

謎の金ぴかの像。オシャレ。GANTZだったらぬらりひょんレベル。奥に浅田真央ちゃんの本が飾ってあることで辛うじて「ここは蔦屋なんだ」と意識を保ってられるレベル。なぜここに黄金の像があるのかは意識高いオシャレ度MAXの人種のみが悟ることが出来るだろう。

 

「あー、刀欲しいな。刀。刀買お。ちょっと蔦屋行ってくるわ!」ってなるか?!なるよね!オシャレだから。

 

漫画すらオシャレ。AKIRAとか読んだことはないんだけど、コアなファン(オシャレ)が愛読してそうなイメージ。NARUTOでも、ONE PIECEでもなくAKIRAという選択。これがオシャレ。

 

茶化すのはこれぐらいで…海外の人向けって感じのする蔦屋でした

明日にはGINZA SIXの警備員(おしゃれ・錯乱)に消されそうだから茶化すのはこれぐらいにしておくよ…( ゚Д゚)

普段銀座なんていかないので負けないように(何に?)頑張って茶化しました。全体的に、日本の文化を「展示」してる場所だなぁって感じでした。像や刀もそうですが、日本文化的なコーナーがあったり、和なポストカードや盆栽展、女の「粋」というコーナーなどなど。「日本芸」的なものが結構多く合ったイメージです。

ビジネス書とか、週刊誌とか、漫画の類はほとんど見なかったです。美術書、あとは海外雑誌のコーナーがあったりどちらかというと山手線より神奈川方面が好きな僕としては「お、おう・・・^q^」って感じの空間でした。オシャレすぎてな。ついていけない。意識高い。

併設のスタバに本持ち込めるんだけど、正直何を持ちこんだらいいのか分からないレベル。僕は丁度ブログ用に伝わる文章の書き方の本を持って行ったんだけど、なんか恥ずかしいからこそこそ読んでました。チキンですまんな。

オシャレ度の高い方、ぜひトライしてみて下さい。ぼくは息子チャンと一緒にスターバックラテ飲んで待ってっからよ。

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ライフスタイル, 暮らし
-

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。