\ Amazonベーシックって知ってます? /

【ネット回線】楽天モバイルを3ヶ月使用レビュー

rakuten-mini-本体

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

2020年の2月に楽天モバイル無料サポータープログラムに当選して以降、ちょいちょい使い続けている楽天モバイルですが、この度Rakuten miniを売り払うことにしたので改めてここまでの使用感をレビューしておきたいと思う。

楽天モバイルは5月から正式にサービスインしたわけだけど、現在絶賛バラマキ期間。

PayPayとかのスマホ決済とかにも言えるけど、サービスを普及させたい企業が取るバラマキ戦略は乗らない手はないと思っているので無料サポータープログラムの終了とともに終わりでいいかなと思っていた楽天モバイルをとりあえずは継続している。

理由は1年間を継続してくれたから

というわけで、そのまま継続利用している楽天回線が無料サポータープログラム期間含めて3カ月程度経過したのでレビューしていく。

都内済み、都内勤務、そして自粛期間の楽天モバイル

楽天モバイルが1年間無料の最大の理由と思われるのが提供エリアの狭さ。

一見割とピンク色になってるじゃーん、って思いきや「楽天回線エリア」は東京・名古屋・大阪。

あと神戸、京都当たりが少しあるかな?感。

実質au回線。

楽天回線エリアでは「通信量無制限」を謳っているわけだけども、パートナーエリアでは月に5GBまでの高速通信。

5GBを超えると最大1Mbpsで使い放題になる。

 

これじゃあ「データ使い放題」(ドヤァ)で金はとれないよねという感じ。

 

僕の使用量

提供エリアが極狭。だから無料。

いや、「だから無料」かは知らないけども…。

 

僕は都内に住んでいて、都内で働いていて、自粛で都外に遊びにも行かないという3点を考慮してこの3カ月を振り返ると

楽天モバイルくそ快適です^^

どれぐらい使ったかというと、

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 4月は99.9GB(100GBプランだったからそれ以上使わんかった。)
  • 5月は月の半分の時点で140GB。別に速度制限食らってるわけではないのでまだまだいけそう。
[/st-mybox]

という状況。

パートナー回線月5GBには一切手を出さない。いや出せない。都内の電波はRakutenだから

 

楽天圏内ならサブ回線に申し込んで損はない

rakuten-mini

ということで、楽天電波県内で生活を主にしている人にとってはサブ回線ぐらいで申し込んで損は「絶対にない」

・・・と思う。

理由はもうちょっと下に書く。

メイン回線に昇格するかどうかは1年間様子見した後で十分とおもんます。

 

e-SIMに注意

さてさて、今回Rakuten miniを売り飛ばすうえで1点大事な処理があるのです。

それはSIMカードの初期化。

rakuten-mini-サイズ

このRakuten Miniとかいうくそ小さい端末にはSIMカードスロットは存在しません。

中にデジタルなSIMカードが入っていてそれで通信を行っています。

e-SIMといいます。

デジタルなので物理的にカードを抜きだすことができません。

なので登録したデータをきちんと削除してから売り飛ばす必要があります。

消したSIMデータを、ほかの端末、例えばiPhoneもe-SIMに対応しているのだけども、iPhoneに楽天SIMをインストールしようと思ったら3,000円かかります。

わお。

iPhoneからまた別のe-SIM対応端末に差し替えるとまた3,000円かかります。

端末いっぱい持ってる人は物理SIMの方がいいと思いました。まる。

【Rakuten miniレビュー】実際に使ってみたメリットデメリットの話

申し込みにかかる費用

  • 契約事務手数料 税込3,300円

 

以上。

これで「楽天MNO回線」はゲット可能。

 

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NR0VM+EGYEYI+399O+626XU” title=”楽天モバイル” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

申し込みからのポイントバック

契約事務手数料で3,300円は実費で取られるわけだけども、さすが楽天様ポイントバックがデカイ。

3300円実費で取っておいて、3300ポイントバックしてくれる。やっさC。

しかもオンライン申し込みで+3000ポイント

+15,000のところは端末購入に応じてなので必要な人は端末も買うと負担が軽減します。

 

ということで、普通に端末自分で用意して使うなら6000ポイントはほぼ貰える。

なので実質負担金無しどころか3000ポイント分貰える。

さらに、紹介制度を使うことで+2000ポイント貰うことも可能

 

家族知人に既に楽天モバイルユーザーがいればその人の楽天回線IDを教えてもらうことで紹介扱いしてもらえる。

オンライン申し込み手順4にきたら思い出して。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

 

家族知人に楽天モバイルユーザーがいない場合は、僕のIDを使ってほしい。

僕が幸せになれる。※人数制限ができました。

[st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]*******[/st-point] [/st-mybox]

 

まとめ 楽天ユーザーなら使わなくても申し込めばお得じゃね…?

ということで、実際かかる費用として、事務手数料の3,300円があるわけだけど、ポイントで8000ポイント還元される。

超お得。

そして、なんと今ならポイント還元のついでに楽天回線1年間フリープランもついてくるので楽天会員は申し込むとお小遣いがもらえる事案だった。

?!

ちなみにRakuten Miniはこのエントリーを書き始めた瞬間に売れた。

ということは誰かが楽天モバイルを契約したということだ。よかったよかった。

 

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NR0VM+EGYEYI+399O+626XU” title=”楽天モバイル” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です