スマホ・周辺機器

【Rakuten miniレビュー】実際に使ってみたメリットデメリットの話

楽天モバイルの無料サポータープログラムに参加して3週間が経とうとしている。

楽天無料サポータープログラムではデータ通信が使いたい放題なので、思ったよりもがっつりテストプレイヤーとして活動してあげている僕エライ

ということで、無料サポータープログラムに参加している人が実質ほぼ無料で手に入れることが出来るRakuten miniについて3週間がっつり使ったことになるのでレビューしてく。

ケンタロウ
ケンタロウです。YouTubeチャンネルもあるので見て!そしてチャンネル登録をして!

Rakuten miniの外観レビュー

Rakuten miniのサイズ

rakuten-mini-本体

Rakuten miniの最大の特徴は小ささ。

高さ106.2mm×幅53.4mm、重量79gと世界最小最軽量を謳っている。(※モバイルFeliCa搭載のスマートフォンにおいて。2019年7月楽天モバイル調べ。「最小」は体積による比較。)

FeliCa搭載の、と予防線を張っているあたり全てのスマホで見たら最小最軽量ではなくなるんだろうが、実際に持ってみると最近のスマホでは感じられない圧倒的な小ささと軽さがある。

ケンタロウ
昔、尻で粉砕したXperia SXを思い出す

また、ストラップホールもついている。

どっかのお店の店員が連絡用、業務アプリ用に持つとめっちゃ軽いので使いやすいかもしれない。

Rakuten miniの付属品

rakuten-mini-付属品

付属品はの3点。

  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • USB-type C toイヤホンジャック変換アダプタ

僕は売りと飛ばす気満々なので付属品は開封しないで封印している。

あとは購入者特典として貰えたのがストラップ、モバイルバッテリー。

一応、先着○○名様みたいな表記になっていたので全員が貰えるわけではないらしい。

Rakuten miniのスペック

サイズ/種類 約3.6インチ / TFT
解像度 HD / 1,280 × 720
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 439 / オクタコア 2GHz + 1.45GHz
OS Android™ 9 Pie
内蔵メモリ (RAM / ROM)3GB (RAM) / 32GB (ROM)
メインカメラ 約1,600万画素
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー容量 約1,250mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC対応/ 対応
防滴 / 防塵対応 IPX2 / IP5X
生体認証 指紋:非対応 顔:対応

 

Rakuten miniの性能は?ゲームは快適にできる?

PUBGをプレイしてみた

rakuten-mini-pubg

ゲームがプレイできるのか、という検証のために初めてPUBGをプレイしてみた。

流石に高画質はご遠慮させていただいて、一番下のグラフィックモードでのプレイを実施。

今までプレイしたことがないので確定的なことは言えないが、特にラグや操作不能に陥ることはなかったのでスペック的には問題なくプレイは可能だと思う。

しかし、さすがに画面が小さいので操作性は悪い。

ケンタロウ
慣れてないだけかもしれんけど

AnTuTu benchmarkでベンチマークスコアを測定

rakuten-mini-antutu

Rakuten miniでAntutuベンチマークをしてみた。

実はこれも自分では初めて使ってみたが負荷試験感が合って結構よかった。見てて面白いものではないが。

結果は「93858」

最新のiPhone11が50万点程度と聞いたので大体1/5程度の性能だということがわかった。

そう考えると、Rakuten miniの約2万円に対してiPhone11が8万程度なのでiPhone11のほうがコスパは良さそう。

 

Rakuten miniの写真・動画撮影

photo-by-rakuten-mini

特にインカメラについて書いておきたいんだけど、インカメラの広角が意外と広い(日本語あってる?)し、手振れ補正も結構効いている感がある。

画質は良くはないが、ちょっとしたアクションカメラ感があって面白い画が取れそうな気はする。

しかし、ストレージは小さいのでカメラとして使えるかといえば使えないので何とも微妙。

アウトカメラは特筆すべき点は特になし。可もなく不可もなく普通に使えた。

 

Rakuten miniを使ってわかったデメリット

rakuten-mini-サイズ

小さい

使ってみてやはり思うところは小さい点。いや、個性だろって思うかもしれないがどう足掻いてもこのスマホは小さい。

小さいのであらゆる情報量が少ない

ツイッターを見ても、ニュースサイトやブログを見ても表示領域、解像度共に少ないために表示できる範囲が少なくなってしまう。

動画に関しては表示できる範囲が少ないなんてことはないので安心して見れるが、やはり迫力には欠ける。

電池持ちが悪い

Rakuten miniの電池容量は1250mAh

比較対象として挙げるなら、iPhone11 で約3,110mAhで約2.5倍。

僕のメインスマホであるP20 proは3900mAhもある。

これだけ少ないと、電池の消耗は体感できるほど短い。あっという間になくなっていく。

というのは、多分僕がヘビーな使い方をしているせい。というのもあると思う。

ストレージが小さい

ストレージは32GB。こんなに容量の小さいスマホを持つのはiPhone4sぶりだと思う。

OSとちょっとしたアプリを入れるとストレージ半分ぐらい占有してたから画像や動画データは殆ど入らないと思う。

実際、ストレージ容量節約のため、Google Photoにアップロードを促す動線が各所に配置されていたのでデータ系はクラウド管理する想定で作られているのだと思う。

 

Rakuten miniを使ってわかったメリット

rakuten-mini

何よりのコンパクトさ、軽さ

使ってみてやはり思うところは小さい点。いや、個性だろって思うかもしれないがどう足掻いてもこのスマホは小さい。

おや、デジャヴ。

小さいは正義。軽い、持ち運びしやすい。なんなら落としても軽すぎて壊れなさそう。いや、打ちどころ次第だとは思うが。

ポケットに入れていても気づかないほど軽いのでランニングのお供にオススメしたい。

おサイフケータイ対応

僕がスマホを使う上でかつて最重要視していたのがおサイフケータイの対応有無。

おサイフケータイに対応していないせいでiPhoneがメイン機にならなかったほど重要視していた。

今は自転車通勤だし、キャッシュレスアプリの普及でSuicaを使う機会はほぼないのだが電車通勤の人にはぜひともモバイルSuicaはオススメしたい。(生活の変化によるデバイスの変化ってすごい)

Suicaだけでなく、Google PayによるQuickPayや、iD、楽天なのでEdyまで幅広く使えるのでおサイフケータイに対応しているは高評価。

eSIMでドコモ回線(IIJ)が使える

rakuten miniはe-simで動いている。

試したわけではないのだが、どうやらドコモ回線の格安SIM、IIJが提供しているeSIMが使えるらしい。

ただし、DSDS対応ではないのでソフトウェアからSIMの切り替えが必要な模様。

 

サブスマホというよりオモチャ

小さいし、必要十分な機能はあると思うがメインスマホとして1台で持つには不便だし心もとないと思う。

ちょっとした写真、動画や音楽聞いたり、おサイフケータイ入っているので買い物につかったり。

持ってたらたまに使う場面はありそう、という感じ。

  • とにかく小さい端末を使いたい人
  • スマホは連絡用であまりヘビーに利用しない人

とかにはおすすめできるかもしれない。あとは趣味とか好みで気になる方は買ってみればいいんじゃないという感じ。

僕はある程度使ったので折を見てiosysあたりに売り飛ばそうと思ってます。

ケンタロウ
今なら15,000円ぐらいで売れそうなんだ

動画レビュー

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-スマホ・周辺機器

Copyright© NUKOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.