IT・ガジェット

【nuroひかり】引っ越し後に再入会すれば新規入会キャンペーンの対象だった話

nuroの話は何度もしてきたが、1つだけ、しかし最大限気になることがあったのでnuroに問い合わせをしてみた。

気になることは、「現在既にnuro会員だけど、引っ越し先で【新規】にnuroを引いたら新規入会CP適用してくれるのか」という点。

既存会員が新規回線申し込みは新規扱いなのか。

今回もnuroについて書いていく。最近完全にnuroオジサンだ。

ケンタロウ
ケンタロウです。YouTubeチャンネルもあるので見て!そしてチャンネル登録をして!

キャンペーンページの気になる一文

僕はポイ活でポイントサイトをよく利用するのだが、同じ案件でも貰えるポイントが全く異なるサイトが存在する。

勿論たくさん貰える方がいい。

しかし、ポイントだけ比較して飛びつくと痛い目を見る可能性がある。

それはポイントをもらえる「条件」が異なっていることが多い。

そうしたことから、僕はこういった特典の「適用条件」をよく見るようになった。

今回、再度nuroに加入しようと考えていたわけだが、色々調べていると気になる一文があった。

<NURO 光> 特典

  • 過去に「NURO 光」コース特典を受けられた方は本特典の対象外となります。
  • 個人名義での契約のみとなります。法人名義のお客さまは対象外となります。
  • お申し込みから12ヶ月後月末までにNURO 光のご利用を開始されたお客さまが対象となります。

過去に「NURO 光」コース特典を受けられた方は本特典の対象外。

 

過去に「NURO 光」コース特典を受けられた方

気になったのはこの一文。

僕は現在nuroユーザなわけだが、既にnuro 光コース特典を受けている。

普通に考えれば、過去に「NURO 光」コース特典を受けられた方に該当する。

なので、次は妻の名義、妻の口座、妻の電話番号で申し込めばワンチャンあるのでは、と思いnuroに問い合わせをした。

 

住所が違えば新規入会扱い

タイトルからして問題ないことは分かると思うんだが、問い合わせをした結果は住所が違えば新規入会扱いしてくれるということだった。

拍子抜けなぐらい呆気なく、住所違えば問題ない旨の回答がもらえた。

決済クレジットカード変えてみるとか、登録する電話番号変えてみるとか、僕の名前で新規扱いしてくれないのであれば、妻の名前で登録すればいいですよね?という姑息な質問まで準備しての問い合わせだったが、全て徒労に終わった。

いや結果的には良かったのだが。nuro万歳。

 

45,000円CB、43,000円CBキャンペーンの違い

電話の最中にキャンペーンの話になったのだが、公式サイトから飛べる43,000円のキャンペーンと、僕のアフィリリンクの45,000円のキャンペーンの違いについてしれっと教えてもらった。

公式サイトから貰える43,000円のキャンペーンはキャッシュバック時期が翌月。

アフィリンクの45,000円のキャンペーンはキャッシュバック時期が翌々月。

以上。

少し時期が遅れていいのなら45,000円のほうがお得、ということだった。


ケンタロウ
引っ越しにお金かかるから早く貰いたい気もしますね

引っ越しし引継ぎと解約新規のメリットデメリット

今回、僕のケースでは引っ越し引継ぎのほうがめりっとが大きいと判断した。

人によっては引っ越し引継ぎのほうが総額が安くなる場合があるので自身の状況を確認して判断して欲しい。

確認すべきは、So-net マイページ→料金・キャンペーン・ポイント→解約時の費用(違約金等)

解約時の発生費用という見出しがあるので、「確認」ボタンを押下することで現在の違約金状況や、工事費残債の確認ができる。

僕の場合は、解約違約金9500円+工事費残債4000円で13,500円かかるという表示になっていた。

引っ越し引継ぎの場合はこの「退会にともなう費用合計」の請求が入らない。

引越し引継ぎの際の費用

  • 事務手数料:0円
  • 違約金:0円
  • 工事費残債:0円
  • 引っ越し後工事費:40,000円(30か月分割の割引があり実質0円)
  • 月額:4743円
  • Sonetのメールアドレスを使っていれば引継ぎ可能

こちらを適用したほうがお得になるのは工事費残債が多く残っている場合だろう。

例えば、契約後1年で引っ越すことになってしまった場合、1,333円x12カ月で15,996円分しか返済が終わっておらず、約24,000円の残債がある。

この状態で解約した場合、さらに解約違約金が入ってくるので解約だけで33,000円以上かかることになる。

この場合、引越し引継ぎでnuroを引っ越し先でも利用することで工事費の免除が受けらる。

まとめると、イニシャルコスト0、月額4,743円(定額)、キャッシュバック等の特典無し。

 

解約後、新規入会の際の費用

  • 解約違約金:13,5000円(僕の場合)
  • 事務手数料:3,000円
  • 工事費:40,000円(30か月分割の割引があり実質0円)
  • 月額:4743円
  • 新規入会キャンペーン適用(45,000円)

ざっくり言えば、事務手数料3000円のほかは毎月4700円程度かかる。

まとめると、イニシャルコスト16,500円、月額4,743円(定額)、キャッシュバック等の特典45000円。

 

時期によって引っ越し手続き、解約新規、別回線への乗り換え等柔軟な対応すべき

僕の場合は、2年以上nuroを使っていたことで工事費の残債を殆どなくしていたので「引っ越し特典」のメリットが少なかった。

解約新規のほうが数万円お得になるとわかったので今回は解約新規行うことにする。

また、自信のスマートフォンのキャリアなどを鑑みて、ドコモ光やauひかりなども検討するとよりお得な道が見つかるかもしれない。

固定費の削減はコスト削減の最も有効な手段の一つだと思うので賢く節約したいと思う。

動画

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-IT・ガジェット
-,

Copyright© NUKOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.