IT PC関連 お金・節約 ライフスタイル

新生活に、ビジネスに。お買い得ノートPCについて調べてみた【参考:マウスコンピューター】

投稿日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。
最近、父の会社のノートPCの買い替えをすべく、いろいろ調べたので備忘録的に残しておきます。

参考に、マウスコンピューターの現在販売中のモデルを引き合いに出して考察していきます。

マウスコンピューターの現在販売中のノートPC

「スタンダードクラス」という性能、携帯性のバランスがよいモデルを考えます。
現在、スタンダードクラスでは以下の5種類のモデルが存在します。

  • Eシリーズ「14型HDノングレア液晶搭載のスタンダードノートパソコン」(39,800~)
  • Bシリーズ「15.6型フルHD液晶 & 4コア(クアッドコア)CPU搭載のスタンダードノートパソコン」(39,800~)
  • B504「15.6型クアッドコアCPU&高速SSD搭載のスタンダードノートパソコン」(49,800~)
  • Fシリーズ「15.6型フルHDノングレア液晶搭載のスタンダードノートパソコン」(72,800~)
  • Fシリーズ「15.6型フルHDノングレア液晶搭載のスタンダードノートパソコン」(新世代CPU)(89,800~)
  • Hシリーズ「15.6型フルHDノングレア液晶搭載のノートパソコン」(84,800~)

 

PCの価格差についての調査

上記シリーズの価格差における一番の要因は、単純に積載されているパーツの差によるものです。
なので「何がいくらぐらいなのか」を調査してみました。

以下は「Hシリーズ」の各モデルの値段とパーツ内容です。

商品名:m-Book H550BN1(標準:84,800[税抜])

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル(R) Core(TM) i5-7200U プロセッサー ( 2コア / 4スレッド / 2.50GHz [ 最大3.10GHz ] / 3MBキャッシュ )
  • メモリ:8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) ] ※PC4-17000で動作します
  • 光学ドライブ:光学ドライブ非搭載
  • SSDまたはHDD:500GB HDD ( 5400rpm )
  • グラフィックス:インテル HD グラフィックス 620(CPUに紐づく性能)

→Windows 10 Pro 64ビットに変更 ¥ 5,800
→16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ] に変更 ¥ 10,800(2倍)
→32GB メモリ [ 16GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ] に変更 ¥ 30,800(4倍)
→HDDからSSDへの換装オプションは無し。追加でSSDを搭載は可能。

 

商品名:m-Book H550BN1-SH(標準:89,800[税抜])

m-Book H550BN1との差はHDDが500GB→1TB、SSD128GBが標準追加。
安いモデルを選択して、オプションで付けるよりもお得。

 

商品名:m-Book H570BN(標準:84,800[税抜])

m-Book H550BN1との差はCPUがi5→i7に単純アップグレードされている点。
そして値段は変わらない。これはもはやm-Book H550BN1を買う理由がない。買うならこちらか。

 

商品名:m-Book H570BN1-S2(標準:89,800[税抜])

m-Book H570BNとの差はHDDが削除され、SSD240GBが搭載されている。容量は一番小さいモデル。

 

商品名:m-Book H570SN1-M2S5(標準:99,800[税抜])

m-Book H570BNとの差はHDDが削除され、SSD容量を512GBに拡張したモデル。

 

商品名:m-Book H570S2N-M2S5(標準:109,800[税抜])

m-Book H570BNとの差はHDDが削除され、SSD容量を512GBに拡張し、
さらにメモリを8GB→16GBに増設したモデル。

 

比較用:Bシリーズ  m-Book B503BN-SH(標準:59,800[税抜])

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル(R) Celeron(R) プロセッサー N3450 ( 4コア / 4スレッド / 1.10GHz / IBT時最大2.20GHz / 2MBキャッシュ )
  • メモリ:8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC3L-12800 / DDR3L-1600 ) ]
  • SSD:128GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
  • SSDまたはHDD:1TB HDD ( 5400rpm )
  • グラフィックス インテル HD グラフィックス 500

m-Book H550BN1-SHのCPU下位互換という感じので比較してみました。

 

ノートPCの価格を割と左右する要素

オプションやモデルの違いから、以下の要素でノートPCの価格に差が出てくることがわかった。

  • CPU
  • メモリ
  • 保存ドライブ
  • office、OS、その他

CPUの性能と価格

Hシリーズのモデル比較だと、謎の価格同じ設定になっていましたが、
本来であれば結構違うはずです。
Intelの希望小売価格ではこんな感じなっています。

  • core i7-8550U(第8世代CPU):$409.00 【m:543 s:166】(Fシリーズ新世代CPU)
  • core i7-7500U(第7世代CPU):$393.00 【m:338 s:143】(Hシリーズ他)
  • core i5-8250U(第8世代CPU):$297.00 【m:534 s:143】(Fシリーズ新世代CPU)
  • core i5-7200U(第7世代CPU):$281.00 【m:324 s:127】(Hシリーズ他)
  • Cerelon N3450:$107.00 【m:132 s:46】(Eシリーズ)

※CINEBENCH R15 64bit【multi core score / single core score】

ちなみに、オンラインゲームとかばりばり動かしているぼくのデスクトップPCは、かなり昔の世代(第5世代?)のCPUで
Core i5-4690というものです。ベンチスコア【m:559 s:153】でした。
ついにノートPCのCPUに並ばれてますね。
逆に言えば、それだけ高性能なCPUが手に入るようになってるみたいです。

メモリの性能と価格

マウスコンピュータでは、多くのPCに標準的に8GBのメモリが搭載されていた。(下位モデルは4GBもアリ)
8GBで10,000円変わる感じ。ボリュームディスカウントは少なそう。(32GB[+24GB]でも単純に30,000円変わる)

自分で増設、も考えたましたが、現在メモリが高騰しているのもあり、
アマゾンで仕入れても8GB 10,000円ぐらいは変わらない。あんまり利益は取ってなさそうな価格。

保存ドライブの性能と価格

HDD500GBのオプションからSSD525GBに変更するには、11,800円で可能。
これはメーカも表示されていて、商品は「Crucial MX300」であった。
こちらはこちらはAmazonでも18,000円ほどなので、妥当な価格(むしろ安い?)感じ。

一般的な価格でいえば、下ぐらいを目安に思っておけばよさそう。
こうやって書くと、HDDを選ぶと割高になってしまう気がする。

  • HDD 500GB:5000円
  • HDD 1TB:5000円
  • SSD 120GB:10,000円
  • SSD 500GB:18000円

 

その他オプションの価格

OS(Win10 Home)が10,000円ぐらいの見積もり、あとはOfficeがつくと20,000円近くあがりそうです。

 

価格のまとめ

m-Book H550BN1の内訳は以下でだいたい85,000円程度でしょうか。

  • OS:10,000円
  • CPU:30,000円
  • メモリ:10,000円
  • ストレージ:5,000円
  • 利益とその他筐体費等:30,000円ぐらい

m-Book H570BNであれば、CPU:40,000円になり、利益その他筐体費が20000円ぐらい。(たぶんこっちが標準、H550BN1はちょっと割高)

 

B503BN-SHで同様に見てみると、

  • OS:10,000円
  • CPU:10,000円
  • メモリ:10,000円
  • ストレージ:15,000円
  • 利益とその他筐体費等:15,000円ぐらい

ストレージ増設セットなのでややお得感といったところでしょうか。

 

どこのメーカーPCがお得なのか?!

後はもう好みですが、いくつかピックアップしてみます。
完全な機能(性能)互換ではないので悪しからず。

性能の基準値として、「m-Book H570BN(84,800円)」ぐらいを探してみました。

  • Dell Inspire 3567 (約10万円)

製品紹介:15インチノートのプレミアムモデル。SSD搭載
OS/Officeソフト:Windows10 Home 64bit/なし
画面サイズ/重量:15.6インチ フルHD 非光沢/最小2.1kg
CPU:インテル Core i7-7500U (4Mキャッシュ、最大3.5GHz)
メモリー/保存装置:8GB DDR4 2400MHz(1、空き1)/256GB SSD

ASUSだと第8世代のCPU搭載のPCがよさそう。スコアとか見てもコスパ良し。

Intel® Core™ i5-8250U プロセッサー
15.6型ワイド/メモリ 8GB/SSD/256GB
DVDスーパーマルチドライブ(2層ディスク対応)

 

まとめ

高性能で5万円とか6万円のPCは無理。

CPUとSSDだけで5万ぐらいかかるため!

core i5の第8世代CPUだとかなりコスパはよいかなぁという思いです!

何かの参考になれば幸いです!



  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-IT, PC関連, お金・節約, ライフスタイル

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.