ライフスタイル 家電

ネスレ ドルチェグストを使い始めて2年経つのでレビューする

投稿日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

私はコーヒー大好きで以前は妻とよく二人で深夜のスタバデートとかしてたんですが(←ヲイ)、最近は子供も生まれてなかなか夜にスタバも行けなくなりました。
そこで、2年前(なお、子供が生まれる前からである。前段の話はなんだったのか)からNestleドルチェグストを使い始めました。

現在で2代目(2台目)グスト君になります。

 

初代との出会いはドン・キホーテで

初代との出会いはドン・キホーテでした。
常々、「コーヒーマシンが欲しいなぁ欲しいなぁ(稲川淳二風)」と思っていたんですが、

ある日ドン・キホーテで1,980円で本体が売っていたのです。

これを見た瞬間

「あー・・・・・・・・・・・・・買うわ」

って、横浜に遊びに行ってたのに。荷物になるのは承知の上なのに。何なら家の近くにドンキあるのに。買ってました。
そして、ぼくとドルチェグストとの生活は始まりました。

 

2代目との出会いはビックカメラで

今からちょうど1年前。「春の新生活応援キャンペーン」的な何かで僕は2代目ドルチェグストさんに出会いました。
それまで1代目とは仲良く、週に数回普通に使って、特に不平不満がなく使っていました。

しかし、2代目のある機能を目にした途端、1代目の「隠れていた不満点」が浮き彫りになったのです。
それは、「コーヒーを淹れる量が目分量」という点です。

ドルチェグストは、コーヒーを1杯ずつ、カプセルを使って淹れます。

なので、基本的には「いつも美味しい同じ味」を楽しむことが出来るのですが
氷を入れる量とか、カップの大きさとかで「いつ淹れるのを止めたらよいか」が適当だったのです。

ぼくは2代目を見た瞬間に気づきました。

こいつ、メモリをもってやがる。

しかも説明をよく読んでさらに驚愕しました。

こいつ、自動で止まりやがる‥‥‥‥!!

そうです、2代目には適量メモリでの自動ストップ機能が備わっていたのです。

次の瞬間、ぼくはくたびれた社会人8年目を迎える、新生活のかけらもない生活をしているのに、新生活応援キャンペーンでドルチェグスト2代目と空気清浄機をお持ち帰りしていたのです。

 

ドルチェグストのここが良い

手軽過ぎてヤバみある

あー、コーヒー飲もうかなぁって思ったら1分後にはホットコーヒーでもアイスコーヒーでも出来ているところです。
お湯沸かせたりする時間も皆無。ボタンを押して30秒程で準備完了。

あとはメモリを合わせてレバーを倒すだけ。
そう、2代目ならメモリを合わせてひょいってやればコーヒー出来ます。ちなみに今売ってるやつは普通に同じモデルなのでそんなに気にしないで買ってもメモリついてると思うのでご安心。

色んな味を楽しめる

ドルチェグストはカップで売っているのですが、地味にいろんな味が売っています。

カップ1つでコーヒーを淹れるもののほか、ミルクのカップ、紅茶のカップの2つ使いますが(お値段倍かかるけど!!!)嫁ちゃんお気に入りのティーラテとかも出来ます。
僕はカフェラテが好きなんですが、2つカップを使うカフェラテではなく、牛乳を別途買ってきて、そこにエスプレッソを注ぎ込むスタイルで楽しんでいます。

 

シンプルに美味い

っていうか味ですよね。普通に美味しいです。
普通にハマっているのは美味しいからだと思いますw

 

スタバより安い

上のエスプレッソのやつ、約900円で16個入りです。1個約56円。
嫁ちゃんが飲んでるティーラテですら、2個使ったとして112円です。

スタバのショートサイズアイスコーヒーですら280円+税です。

お家で飲めば4杯ぐらイケちゃう。

 

まとめ

コーヒー好きなら買って損なし!な一品だと思います。何より安いし。

なんか、「あ、自分、趣味コーヒーなんで…」とかいっていきなりデロンギのエスプレッソマシンは敷居が高すぎるけど7,000円で買えるドルチェグスト先生はすごく手が出しやすいかと思います。

あ、あとAmazonのリンクとか張ってありますが、カップを買うならドン・キホーテが750円とかで売ってるから安いよ…
リンクから買ってもらえると喜びますけど!ますけど!!!!!!!!!!!!!!!

 



  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ライフスタイル, 家電

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.