\ Amazonベーシックって知ってます? /

持ち家と賃貸どっちがいいの?自宅論争の定番だけど自分なりに考えてみた

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

台風19号の爪痕が各所で見られますが、皆様ご無事でしょうか?

日本では毎年必ずといっていいほど、何かしらの災害が起きています。地震で倒壊したり、浸水で泥水が押し寄せてきたり。

今回の台風でも水の中に落ちていく家を見てやっぱり賃貸のほうがいいのでわ…という思いがふつふつと湧いてきたので、不動産投資をしているわけでもないし、税金関係の仕事をしているわけでもない普通の人が持ち家と賃貸について考えてみたいと思います。

持ち家のメリット

僕が考えられた持ち家のメリットは以下の通り

  • 夢のマイホーム
  • 間取りや内装の自由
  • 税金が安くなる
  • ローン完済後は維持費が安い(老後が安心)
  • 今めっちゃ金利安い
  • 俺が死ねばローン終了

ケンタロウ

マイホームには夢がある。自分の思う通りに何でもできる。壁に画びょう挿しても怒られない。自分の城。

やはり、『自分の家』というのが一番のメリットだと思う。

ローンを返し終われば固定資産税とか、マンションだったら共益費みたいなの(実際には戸建てでも修繕積立はした方がよさげらしい)だけ払えばいいので家賃フリーな生活になれる。

よって、老後も安心!

あとは税金が安くなるはず。確か。持ち家の先輩とか確定申告時にめっちゃ返ってくるイメージ。その分固定資産税とか別の税金がかかってきたりもします。

最近で言えば「二度とこの水準はない」といわれるほど金利が史上最低レベルで安いのでお得に借金生活がおくれる。

家族がいる場合は、ローン支払い者である自分(夫)が死ねば保険でチャラにしてくれるので「家族に家が残せる」というメリットは大きいと思う。

 

持ち家のデメリット

僕が考えられた持ち家のデメリットは以下の通り

  • イニシャルコスト(ローン)
  • 持ち家の価値とローン残高問題
  • ライフステージによる身動きのとりづらさ
  • ご近所トラブル
  • 有事の際に見捨てられない

挙げてみて改めて思うことは、やはり多額のローンによる身動きのとりづらさ。

まず購入にあたって頭金がある程度必要。もちろんフルローンも可能みたいですがその分利息などの点から返済がキツくなる。

 

また、日本では新築物件には色々なコスト(広告費や消費税やなんやかんや)が乗っていて、購入した瞬間に購入額より価値が低くなる。

※本来の物件価値(2500万)+広告費やなんやかんや(200万)が乗った価格(計2700万)で購入→実際は本来の物件価値(2500万)しかない為

そのため、あまり考えられないですが『購入後すぐに売却する』と考えるとローン残高よりも売却額が低くなってしまった場合、売るに売れない状況というのが発生する可能性がある。

 

あとは子供のことを考えて広めの家を買ったとして、その後20年ぐらいで子供は独立。というのを考えると広さのバランスも難しい気がする。

賃貸だと子供が生まれたら引っ越して、子供が独立したら引っ越して…というようにフレキシブルな対応が出来ると思う。

ちなみにウチの実家はそんなに広くはなかったので子供二人が独立した今夫婦二人で非常に優雅な空間で暮らせているので丁度よかったかとは思う。笑

 

そしてご近所トラブル。クソ面倒くさい人に絡まれたり、ウザい人が引っ越してきたりすると非常に厄介だと思う。

賃貸だと最悪自分が引っ越して逃げればなんとでもなるが、持ち家になると動きづらいと考えられる。

 

最後は今回、このエントリーを考えるきっかけになった災害に対するリスク。

ツイッターでも「友人が家を買ったばかりなのに半壊した」みたいなツイートを見ました。

もちろん、火災保険の中に水害保険を付けることはできるのですが、如何せん保険料が高くなるし、今回の台風のように「ここ数十年水害なんてなかった」地域に住んでいる人だとしたら水害保険を付けていないいない人もかなり多くなると思います。

賃貸であれば潔く別の場所に引っ越してしまえば解決できる問題だと思っています。

 

賃貸のメリット・デメリット

この場合、持ち家のデメリット=賃貸のメリット、持ち家のメリット=賃貸のデメリットだと考えてみます。

  • 夢のマイホーム = 「自分の家」と呼べる場所がない
  • 間取りや内装の自由 = 賃貸だと勝手にリフォームとかは出来ない
  • 税金が安くなる = 税制面の優遇はない
  • ローン完済後は維持費が安い(老後が安心) = 賃貸料を払い続けなければならない
  • 今めっちゃ金利安い = 今後は維持もしくは金利が上がる
  • 俺が死ねばローン終了 = 賃貸料は払い続けなければならない
  • イニシャルコスト(ローン) = 払っても敷金礼金のみ
  • 持ち家の価値とローン残高問題 = なし
  • ライフステージによる身動きのとりづらさ = 引っ越しすれば解決
  • ご近所トラブル = 引っ越しすれば解決
  • 有事の際に見捨てられない = 引っ越しすれば解決

さて、僕はというと賃貸を借りています。理由は社宅補助手当が出ていたから。

なので、コスト面の比較が持ち家とは比較にならないレベルで安くなっていたの理由です。

ただし、社宅補助がなく、すべて自己資金で支払わなければならない場合、同じ物件だと賃貸のほうが高くなる傾向があるようです。

そのため、結婚したり、子供ができたりして大きい家が必要な場合、賃貸だと住めないけど買ってローン返済なら何とか住めることがあるようです。

 

持ち家と賃貸どっちが得か、ではなくどういうライフプランで生きたいか

メリットデメリットを挙げてみましたが、結局あちらを立てればこちらが立たず。

コスト的な損得で考えれば、いい物件を安く買って、それが値下がりしない(値上がりしなくてもOK)のであれば圧倒的に得だと思います。(ローン完済後に資産価値が落ちていないのであれば、家賃分貯金しているのと同義となるため)

家は損得で考えるよりも、「自分がどうしたいか」をまず考えるのが一番かなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です