ガジェット ガジェット-iPhone/スマホ関連 ライフスタイル ライフスタイル-お金・節約

【神プラン】話題のロケットモバイルから格安SIMを考える【遅い?】

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

最近、ロケットモバイルを契約しまして、なんか、格安SIMについて思うこと、みたいなエントリーを書いてみたりしちゃった記録です。

 

MVNOは速度が遅い?

ロケットモバイルという格安SIMがYahoo!ニュースにもなって、少し話題になっていたので気になりました。

自称携帯契約アドバイザー(身内向け)ことうどにゃ~が最近の格安SIMや携帯契約周りについて触れてみたいと思います。

実際にどういう契約がdocomoとMVMO業者の間でされているかは当事者ではないのでわかりません。。

私はよくパケット(データ)を水、その通り道(回線だったり、ネットワーク機器)を水道管に例えて説明をします。

docomoは太い太い水道管を持っています。高い設備投資をして立派な水道管になりました。
基地局増やします!=水道管をさらに太くします!と置き換えてください。

f:id:Udonya:20160607004109p:plain

何かアクシデント(大災害とか)や、人が一ヶ所に極端に集まっている場所では皆のパケットが一気に流れ込み、水道管が一杯になってしまうこともありますが、それ以外は十分余裕を残している状態です。

f:id:Udonya:20160607004150p:plain

その余裕分を、大手キャリア(docomoとします)は他のMVNO業者に貸しているワケです。
docomo『月額○○円で、○リットルまで同時に流すことが出来る太さの水道管を区切って貸してあげるよ』という状態です。

f:id:Udonya:20160607004210p:plain

docomoにしたら余裕分の枠をお金に変えられるわけですからMVMO業者はウェルカムなんですね。

じゃあよく遅いとか言われてる理由はというと、単純にMVNO業者が借りた水道管が一杯になってしまった、というだけの話。

f:id:Udonya:20160607004251p:plain

水道管の太さが『契約者数×公称の帯域速度』であれば遅くなることはありません。水の量と水道管の太さが同じなので。

まぁ普通に考えて、『すべての契約者が同じ時間に通信をする』なんて状況は考えないと思うので『水の体積』で水道管の太さを契約するんじゃないかなぁと勝手に思っています。

『秒間○リットル流せる水道管なので、ずっとながし続けると△△リットルの水(体積)を流すことが出来る』
(秒間1リットルだったら、30日間で2,592,000(60秒*60分*24時間*30日間)リットル水を流すことが出来る)
これを契約者数と公称帯域で割ればベストエフォートとして公言しても問題ないと思っています。

話は戻って。
実際にお昼や夜のゴールデンタイムに通信する人と、夜中の3時に通信する人は同じ数ではないので通信が集中する時間だと水道管が溢れるわけです。

全体の体積が埋まるまでは契約者を増やしつつ、水道管の追加発注はしないと思うので契約者が増えるほどゴールデンタイムに集中する可能性が増えてきます。
『混んでる時間に通信するのが悪いんでしょ?夜中なら空いてるのに知ったこっちゃない』となるのです。

docomoの純キャリアの人と、MVNO(docomo回線借用)の人で差が出ているとしたら『大きな水道管のdocomoにはまだ余裕があったけど、小さな水道管のMVMOには余裕がなかった時』だと思います。

 

いくつか事例

www.hitode-festival.com

楽天モバイルを契約して、速度は問題なかったらしいです。
楽天モバイルは割りと後発のMVNO業者です。そのためまだ人が少ないから早い可能性があります。
また、『遅い』イメージのあるMVNOが快適に使える!というのを売りにすべく、水道管を太めに契約している可能性もあります。
今後人が増えてきたときにどうなるか、と言ったところです。

 

blog.double-h.com

DMM mobileの使用レビュー。

最混雑時間帯(12:15~12:45)に安定かつ快適に見られるのはテキストのみ

という結果。

こちらも、MVNOを検討してる人にとっては参考に出来る通信速度と言えるのではないでしょうか。

軽く見た印象としては、YouTube見まくるぜ!!見たいなユーザーでなければそこまでの不便はなさそう、だけどやっぱりお昼時とかは遅くなっていそうですね。

 

一部の人には天国だったMNPのお話

格安SIMの料金は各社HPなどで広告しているようにかなり安い、最近さらに安くなったという印象です。
特にデータ専用プランはゼロ円SIMのように、一定パケット以内ならそもそもお金がかからないプランも出てきています。

ところが、docomoでデータ専用プランを使おうとすると基本料だけで1,700円、さらにパケット料金(安くて3,500円程度)が発生します。
この差額が、現在の格安SIMフィーバーを巻き起こしてるのは自明の理でしょう。

現在、総務省がごりごり規制しまくってる『一括ゼロ円』。
各キャリアも指針の穴をついて安売りしてましたがすぐ目をつけられて指導が入っていたので、今後はかなり厳しくなっていくのではないでしょうか。
現在の日本では携帯の回線契約数は1人1台を越えています。
そこで各社新規顧客である中学生辺りをターゲットとした『学割』と既存客を奪い合う『MNP』に注力してきました。
その結果、過度なキャッシュバックと割引により『2年毎にMNPした方が安い』とい状態が続きました。

端末には本来、数万円の価格がついておりそれを分割で割引く『月々サポート』がついています。
しかし、MNPで移ってきた人には数万円の端末価格を割引き、月々サポートは残る不思議な状態になりました。

その結果、基本料 + パケット代 - 月々サポートとなり、安いときではゼロ円維持すら可能でした。(もちろんキャッシュバックも数万円単位で貰って。差し引きプラス収支です)

この原資はもちろん、新規契約者ではなく既存契約者の利用料金から捻出されています。

そこで携帯の利用料金を安くしたい国は、この割引、キャッシュバックの人集め戦争を終わらせ、その浮いたお金を既存客に還元してもらおうと考えたワケです。

 

結果としては上記の通り。

データプランだけ契約してもまだまだ高く、町の携帯ショップの多くが店をたたみました。

国に対しては『何してくれてるの?』ていうのが素直な感想です。

 

冒頭のロケットモバイル

まず、料金は以下の通りでかなりお安いです。

神プラン 298円
最大200kbps、月間総量規制なし

1GBプラン 590円
3GBプラン 840円
5GBプラン 1,200円
7GBプラン 1,850円
下り225Mbps、上り50Mbps

次に、特徴的なのがロケモバポイント。

ロケモバポイントについて

ロケモバポイントは1ポイント=1円として、毎月の通信料金から割り引くことが出来ます。(1ポイントから利用可能です。)また、余ったロケモバポイントは繰り越しが可能です。また利用期限もありません。

しかし、これってぶっちゃけ、
『僕のアフィリエイトみんなでやって!』てことですよね?

成約件数にもよると思いますが、自分でポイントサイトから契約した方が利益高そう…(^q^)

hapitas.jp

例えば、ハピタスなんかは楽天経由の買い物とかもポイントにしてくれます。
楽天アプリをダウンロードするだけで250ポイント(円分)もらえたりもします。
アプリ一個で、『神プラン』はほぼ賄えますね。

しかし、通信速度の件で述べたように最新のMVNO業者なので人が少ないです。
最初はある程度速度が保証されていると言ってよいかもしれません。

なんて。
憶測ばかり書いてもしょうがないのでロケットモバイル、申し込んでみました。

とりあえず、さくっと。
実際に使ってみた感想はsimが届いてからじっくりやって見たいと思います。
プランは1GBです。

ポイント一例

f:id:Udonya:20160607004833j:plain

まぁこんなものかな?
2、3日でSIM届くみたいです。
5月中に申し込みすれば半年間500円引きということなので、やってみたい!て方は今月のお申し込みがお勧めです。

 

まとめ

MVNO、実際に使ったことない人があーだこーだ言ってもしょうがないのでこれを機にお試し申し込みしてみました。
2台目や、昔の携帯を利用するなどサブ機として使う文にはいいかなぁと思っています。

MVNOをメイン回線に考えている人はその業者の口コミ情報などしっかり確認してから乗り換えると、多少はましになるかもしれません。
少し料金は高いけど他のMVNOより快適…なんてのも探せばあるかも?

利用方法と、妥協する点、しない点、実際の利用料金からしっかりと自分にあう業者を選定したいですね!

長くなりました、あでゅ~~!

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ガジェット, ガジェット-iPhone/スマホ関連, ライフスタイル, ライフスタイル-お金・節約
-,

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。