ブログ運営

1カ月間ブログとYouTubeを隔日更新した話

お疲れ様です、ケンタロウです。

さて、今日で2020/02も最終日となるわけだけど、この1か月間お試しで火曜木曜土曜の隔日更新というのを行っていました。

毎日更新は以前やったことがあったのだけど1日でも事故って寝ちゃったりすると終了してしまい、間が抜けた瞬間にやる気も抜けてしまったので隔日更新で手を打って実践してみましたがこれが思ったより続いてびっくりしている自分と結構無理して頑張った自分がいるので成果なども含めて振り返っていく。

ブログとYouTubeを同時並行で行った理由

この数年間、別のブログを運営していたわけだけど、このブログと以前のブログでは文章の作り方が全く違って、このブログはかなり口語調で書くことを心がけている。

もしこのブログを見て、さらにYouTubeまで見てくれた奇特な方がいるのであれば気づいてもらえると思うけど、このブログは完全にYouTubeの台本にしているのが分かると思う。

 

YouTubeに動画を上げ始めて1年近くたつのだが、「なんとなくこんなことを話そう」と話す内容だけ決めて話し始めて撮影をした場合、いざ編集してみると「あれ、言ってないことあった」とか「話の流れが不自然」とか改めて自分のトークスキルが低いことが良くわかった。

そこで、話したい内容の要点や話す順序等をGoogle Keepにメモり、それを見て撮影してみると思った以上に動画の話の内容が良くなったように思えた。

しかし、要点だけだと話してる途中にどんどん話が脱線していって「アレ結局何話したかったんだっけ」となることも多かったので、じゃあどうせだったら言いたいことは全部文字に起こして、それをブログにすることでコンテンツ化してしまおうと思ったのがこのブログ開設のきっかけ。

 

実際やってみると思わぬ利点があって、ブログの文字数で動画の尺の把握が出来るようになった。だいたい3000文字程度書けば10分間以上のいい感じの動画になることがわかった。

ので、各記事3000文字を目安にして作成することにしている。

 

YouTubeの隔日更新

更新作業の感想

色々書く前に一言だけ。

めっっっっっっっっっっちゃ大変。毎日更新しているYouTuberは正気の沙汰じゃない

週に3回ぐらいは動画編集中に力尽きてソファで寝落ちしてたから嫁からは寝室が広くて助かると言われて複雑な心境。

 

隔日更新だとブログでの原稿作りに1日、撮影&編集に1日、翌日アップロード&次の原稿作り・・・の繰り返しになる。

前述の通り、力尽きて寝落ちというパターンに陥るとせっかくの日曜日の余力が一瞬でぶっ飛ぶので絶望しそうになったがなんとか1か月続けることが出来た。

 

僕の最近のYouTube動画の作成方針として、質が高い動画として評価される基準である「視聴維持率」をとにかく上げられるようにしている。

なんだかんだいって100本以上動画を作った結果、なんとなく「長く見てもらえる動画の作り方」も見えてきた気がするのでそれを実践して検証の繰り返し。

隔日更新だと編集にそこまで長く時間をかけることも難しいので今はディスプレイに要点を表示してそれを補って話すプレゼンスタイルで動画を作成しようというのが今の方針。

字幕を逐一入れるのよりは圧倒的に楽に編集できるような動画構成になったと思っている。

隔日更新してみた成果

そこまで大きくチャンネル登録者、視聴回数を伸ばせたわけではないが確実にステップアップしている実感のある数字が出ている。

僕は「副業」で「お金」を目的にYouTube投稿を始めたわけだけども、最近少し動画を作ることに楽しさを見出してきた。

 

以前、見た動画がある。

多くの人が知っているであろう有名YouTuberにヒカルさんと昔よく出ていた遊楽舎というホビーショップの店長さんの2019年の忘年会的な動画。

ヒカルさんとの絡みで名前も顔も売れていた店長さんのチャンネルだったがだんだんと視聴数が落ちていた時期があったらしい。

そこでヒカルさんの助言に従い、動画の内容をアップデートしていったことで視聴数やチャンネル登録者数が改善していったと。

 

YouTubeでは、視聴回数、視聴時間、視聴維持率、チャンネル登録者数、高評価、低評価、収益…。色々な数字を見ることができ、自分の出す動画によってその数字はあからさまに変化する。

店長さんも言っていた(と思う)が、自分の行動によって数字が積み上がっていくのが単純に楽しくなってきた。

試行錯誤して数字を上げていくビジネス的な「楽しさ」をYouTubeの中に感じた。

まだ数字的な成果はついてきてはいないが、マインド的に良い効果があったというちょっぴり壮大な感想が、動画投稿を隔日でやってみて得たことである。

 

ブログの隔日更新

更新作業の感想

YouTubeとブログを同時に進めてみて、改めて僕はブログのほうが楽だなと思った。

YouTuberとブロガーを比べているわけではなくて、僕の性格やトークスキルや家庭環境(子持ち)などを考えるとブログの方が気が楽という意味で。

 

ブログっていうのは隙間時間に作業が出来る。それが5分でも10分でも、メモ書きやアイデア程度ならスマホからでも全く問題なく作業が出来る素晴らしい媒体。

動画を撮影するにはある程度の準備や、撮影、そこから編集作業などで余裕で3,4時間ぐらいは必要なわけだけども、この文章を書いているのは会社の昼休みにNetflixをみながらだらだらと書いている。

昼休みが終わったら次の休み時間に続きが書けるし、仕事が終わって帰る前に10分程度集中して書き上げてから帰宅すればあとはYouTubeのほうに集中することもできるので隙間時間での作業は本当に捗る。

正直、ブログだけであれば時間的猶予はかなりあるので毎日更新でもできそうなのだけどもそうすると今度はネタに困窮しそうなので隔日更新は丁度良いスパンだなと思った。

 

隔日更新してみた成果

成果としては特にない。いや、アドセンスの審査に受かって最近広告を付けられるようになったので運営開始初月にして既に30円ぐらい広告収入を得ることが出来た。

まだまだ弱小ブログなので検索流入はほぼゼロなんだけど、YouTubeにリンクを付けているおかげかYouTubeからの流入が1日に数件発生している。

ブログは100記事書いてからが本番、なんてよく言うけどこの記事で13記事目なので100記事到達するのは半年以上先になる。

ブログの方はかつて月に数万円程度稼げていた経験があるので、そこに再度向かって進んでいるイメージ。

果報は寝て待つ。いや、寝ながらブログ書いて待つ。そんな感じ。

 

気負わずに続けられるうちは続ける

とりあえずの目標だった2月の隔日更新はこのエントリーが無事に完了すればコンプリート出来ることになる。

実際やってみて、よい効果は見られそうなので気負わずに続けられるうちは続けていこうと思う。

2月は本当に綱渡りで終わってしまったが、ストックブログ、動画が1,2本出来ればだいぶ楽に回すことが出来るようになるはずなのでこのブログ、動画を作成したらとっとと次の話題も書いていきたいと思う。

 

 

 

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ブログ運営

Copyright© NUKOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.