App/サービス IT

【2年縛りを解約!】絶対に損しない2年縛りの解約タイミングとは

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 朝越ケンタ(@asagokenta)です。

携帯の2年縛りって、機種変更してから?契約時に基づく?
ということで、今日は2年縛りの解約タイミングについて書いていきます!

2年縛りは「基本料金プラン」に紐づく契約です

Nukoさん
2年縛りウザい
朝越ケンタ
お、おう?そうだね

2年縛りとは、「定期契約」のことで、基本料金を大幅に安くする代わりに2年間は解約できませんよ、という契約です。あくまでも、「基本プラン」における契約となります。

端末の分割支払いには結びつきません。

契約するほとんどの人がこの「定期契約」プランを選択すると思いますが、「3カ月だけ使いたい」など短期解約が前提の場合は「定期契約なし」を選択して割高の基本料金を払うことで、いわゆる「解約手数料・違約金」を払わない契約を結ぶことも可能です。

端末の分割支払い(24回払い)が終わっているからと言って、いつでも解約できるわけではありません。

タイミングよく機種変更をしない場合は契約満了期間と分割支払いの払い込み期間はどんどんずれていくことになります。
※赤い帯が「回線の2年契約の期間」、青い帯が「機種変更の端末分割支払いの期間」

Nukoさん
解約したい時に分割支払が残ってたらどうなるの?
朝越ケンタ
docomo、au、softbankいずれも、引き続き端末台だけ分割で払うか、残りを一括で払うか決めることが出来るよ。その場合、注意なのは「月々サポート」などに代表される割引制度だね

よくあるパターンとして、請求上、分割代金は月々サポートで相殺されていることが多い。

いわゆる、「実質〇円」というやつ。しかし、月々サポートなどは、端末の分割代金を割り引いている訳ではない。

割引は、「基本プラン料金+プロバイダ料金+パケット料金」から割引かれ、最後に端末分割代金がプラスされた値が請求されている。

つまり、「月々サポート」などの割引が残っている状態で解約してしまうと、端末分割代金の請求をもろに受けることになる。

月々サポートの値が大きければ大きい程、変なタイミングで解約してしまった際の端末分割代金の残高請求が高額になってしまう。

上記の図の場合は、

  1. 契約満了かつ、分割払いも完了したタイミングなので、気持ちよく解約出来る
  2. 契約は満了だが、分割支払いが少しだけ残っている。一括、もしくは分割で少額を払う必要がある
  3. 契約は満了だが、分割支払いが半分以上残っている。一括、もしくは分割で多額を払う必要がある。
  4. 契約が満了しており、分割払いもすでに終わっているので、気持ちよく解約できる
朝越ケンタ
ちなみに分かっていると思うけど、決められた契約満了月以外に解約をすると違約金が1万円以上発生することになる。分割支払い金と重複するとかなりの高額になるから解約月には注意が必要だよ

スポンサーリンク

購入サポートの罠

Nukoさん
まだ罠が…?!
朝越ケンタ
無料より高いものはないのだよ

最近は2年縛りのほかにも「購入サポート」と呼ばれる縛りがある契約をしている可能性があります。大幅な端末割引を受けるため、「その端末を使い続ける」契約期間に縛りがあるのです。

この契約をしている場合は、「機種変更」や「契約変更」ですら違約金を払う義務が発生する可能性があります。

ドコモの場合:

規定利用期間(購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12か月)を超えるまで、ご購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、機種のご購入代金の一部をドコモが負担する制度です。
規定利用期間
12か月間
【指定パケットパック/シェアオプションの注意点】
規定利用期間を過ぎるまでご契約が必要です。廃止予約のお申込みにより規定期間満了と同時にパケットパック/シェアオプションを廃止した場合、割引額返還(解除料)が発生します。

auの場合:

「MNPau購入サポート」契約解除料
「MNPau購入サポート」の適用を受けて携帯電話をご購入いただいた月を初月として、12ヶ月以内に対象外の料金プランへの変更※・解約・一時休止・端末購入を伴う機種変更を行った場合、本サポートの経過月数(購入月を1ヶ月目とする)、機種に応じて下表に記載の「au購入サポート解除料」がかかります。

ソフトバンクの場合:

新スーパーボーナスをご契約の場合、対象料金プラン以外の料金プランへ変更いただくことはできません。

ようは、

端末の価格をめっちゃ下げてくれる かわりに

パケット無しなどのプランに変更して低価格維持などは実施できないようにして月々の支払額をそこそこ高額に保つ 施策です。

もともと10万円近い端末が、2~3万円程度になるなど大幅な値引きをしてくれますが、月々の支払は7000円前後以上になるという買い方になります。

この契約をしていた場合は、途中解約をするとすごい請求額になると思うので、おとなしく契約満了を待つようにしましょう。

まとめ

まずは、請求書をみて「基本プランの契約月数」と「分割支払いの月数」を確認しましょう。

ちなみに、ドコモの場合はこんな感じになってると思います。

違約金を払ってでも、月々サポートを捨ててでも、解約したいのか、1円も無駄にせず解約したいのか、自分のお財布と状況を考えたうえで決断することをおすすめします(*‘∀‘)b

関連広告

-App/サービス, IT

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.