お金・節約

【知らないと損?】情報を集めてお得に生きる。情強というなの乞食なのかもしれないけど。

お疲れ様です、ケンタロウです。

このご時世、情報を知っているのと知らないのじゃお得に生きられ具合が全く違うと感じている。

これから挙げる内容は「すでに終わってしまった」お得たち。

収入が物凄いある上流階級の人からすれば「乞食かよw」とバカにされるかもしれないが、一般庶民にとってはバカにできないお得は意外と転がっている。

 

MNPでキャッシュバック、一括0円

携帯電話回線のキャリア間移動を示すのが、MNP。

例えばドコモからauへ、auからsoftbankへ、という具合に携帯電話番号はそのままキャリアを変更するときに用いられる。

iPhoneで言えばiPhone7ぐらいまでの時期で大幅な値引きとキャッシュバックが併用されていた。

日本国民の数よりも携帯電話のほうが多くなってしまった今、各社が新規顧客を得るには他から奪うのが手っ取り早い。

なので、「乗り換え」を超優遇していた。

最もよかった時期だと、

  • iPhoneが一括0円で買えて
  • キャッシュバックを5万円とか貰えて
  • 月額の維持費が3円

という既存客の怒り狂う顔が目に見えるような優遇があった。

現在は総務省によりキャッシュバックや値引きの制限が設けられ、実質ほぼ潰されているが、twitterとかで探せば多少のお得は探せそう。

 

雨金祭り

雨金祭りについては以前記事を書いたから、詳しくはこっちを見て欲しい。

「雨金祭り」と呼ばれたポイント大放出キャンペーンの顛末

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ケンタロウ(@chagokent)です。 既に陸マイラー、MNPから ...

続きを見る

アメックスカードというカードをご存じだろうか。

このカードは年会費こそ高いモノの、キャンペーンが豊富で、貰ったポイントをマイルに交換できたりするのでコスパはそこそこ良い。

で、一時期気が狂ったようにマイルを吐き出したキャンペーンがあり、雨金(アメックスゴールド)祭りと呼ばれた。

キャンペーン内容は

  • 公共料金のお支払い1件につき、2000ポイント(=2000円換算、さらには2000マイル換算)が貰える

というもの。

電気、ガス、水道、スマホ等、支払える数はたかが知れていそうだが革命が起きたのは動画販売。

U-NEXTという動画サービスはNetflixのように月額課金のものと、TSUTAYAのように1本ずつ決済する2種類があるんだけど、後者の支払い1件につき2000ポイント貰えたことが知れ渡り人が群がった。

最安の動画は1本50円、貰えるポイントは2000ポイント。

僕が雨金祭りに参加したときには既に「上限6万ポイントまで」とされてしまっていたんだけど、最初は無制限だったため、数百万ポイントを荒稼ぎした猛者もいたらしい。

ちなみに僕は6万ポイントをもらいきる前にキャンペーンは突如打ち切りとなり、4万ポイントを得て終了した。

この4万ポイントはANAマイルに変換されて沖縄旅行に変わった。

 

第1回 PayPay100億円あげちゃうキャンペーン

キャッシュレス決済を一気にけん引したのがPayPayの100億円あげちゃうキャンペーンだと思う。

最近だとauの20%還元キャンペーンがこれにかなり近くてかなり熱くなっていた人も多いと思うんだけど、一番最初のPayPay100億円あげちゃうキャンペーンはエグかった。

通常利用で20%還元だけであれば、auと変わらないもののYahooプレミアム会員は20回に1回の確率(ソフトバンク、ワイモバイルユーザは10回に1回)で最大10万円まで100%還元というキャンペーンを併設

普通に購入しても2割、更に100%が出れば丸儲け、ということで転売ヤーにも大人気だった。

100%還元が出たときの「ガチャ感」みたな高揚感も相まってキャンペーンは10日で終了した。

 

 

ふるさと納税

現在、ふるさと納税の返礼品は「納税額の3割程度」ということに割と厳しめになっている。

ところが、少し前まではこのチェックがあまあま、というか各自治体任せだったのか実質の還元が7割、8割ぐらいまで元が取れる物が多かった。

更には返礼品がAmazonカードだったり、商品券だったり、納税をしたうえで実質的なお金が戻ってくる自治体も多くやればやるほどお得な制度だった。

大阪の泉佐野市とかが有名。

総務省と真っ向から喧嘩して、最後までAmazon券や3割以上の返礼品を掲げ続けた結果、最終的には令和元年の6月からふるさと納税から対象外とされて終焉を迎えた。

 

楽天モバイル無料サポーター

楽天モバイルで募集していた無料サポータープログラムに参加した。

楽天モバイル無料サポータープログラムに参加してみた話

昨今はMVNO、いわゆる格安SIMが怒涛の勢いで広まりを見せているが、格安SIM勢から飛び出し、総務省から電波帯域の割り ...

続きを見る

電話代無料、通信費無料、スマホ実施無料、あとついでにモバイルバッテリー貰える。

期間限定ではあるが通信が使い放題だったのでありがたく使わせてもらった。

これもヤフーニュースで見た瞬間申し込んだわけだけど、数時間で予定人数に達して締め切られた。

どうしようかなーって迷ってたら多分申し込みできなかった。

 

まとめ

とりあえず紹介した5つの案件については今はもう利用することはできない。

いずれの案件も、制度の隙間をついているというか、誰かが被害を被っているような気はするのであまり褒められた内容ではないのかもしれない。

※一部は正当な広告費だと思うけど。

正義感をもって言えば「こんなの利用するやつはクソ」なのかもしれない。

僕は国や大企業のスネをかじってお得を得るのは全く恥じないのでこれからもこれからもこのような案件があれば喜び勇んで全力でかじりに行く。

 

近で言えば、VISAカード、JCBカードの20%還元は美味しいと思う。

auPayの20%還元と合わせて40%還元が取れた。

あとはなんだ?d払いがキャンペーンやりそうだな?

そんな感じ。お得に生きよう情強乞食。

JCB ORIGINAL SERIES(JCBカード W)

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-お金・節約

Copyright© NUKOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.