iPhone/スマホ関連 IT

iPhone7で使える!LightningコネクタとBluetoothイヤホン

更新日:

iPhone7で使えるイヤホンをまとめてみた

iPhone7では既存のイヤホンジャックがなくなりました。

というこで、現在までに発売されていた通常有線イヤホンが軒並み使えなくなってます。

ではどうやって音楽を聞いたらよいのか。

 

一応、救済策としてiPhone7にはライトニング端子→イヤホンジャックの変換出来るヤツが入ってます。

 

一応、公式じゃなくても売ってるんですね。無くしてもまあ1000円以下なのでギリギリセーフ(なにが)

 

あとはiPhone純正イヤホン「EarPods」がライトニング端子に対応しています。

そう、「ライトニングコネクタのイヤホン」というものがこれからバンバン増えていくことになると思います。

 

最後は、Bluetooth接続の無線で音楽を聴く方法です。

日本よりも海外でよく使われているイメージがあります。

海外の人のほうが手ぶらで独り言してること多いですよね?w

Bluetoothは、イヤホンそのものも充電しなくちゃいけないので僕はちょっとメンドクサイです。

 

 

というわけで、新しい選択肢ライトニングコネクタのイヤホンとこれからもう少し普及していくだろうBluetoothイヤホンをまとめてみました。

っていうか、純正イヤホンに「正式名称(EarPods)」ってあったんですね・・w

 

Lightningコネクタにて接続

リンクスインターナショナル IC-Earphone ホワイト ICEP-LT-04 WH

仕様
  • 正規MFi認証取得 Lightningコネクタ接続のイヤホン
  • iOSデバイスからダイレクトにハイレゾオーディオを楽しむ
  • 24bit/48kHzデジタル信号に対応するDAC&ポータブルアンプ機能内蔵
  • 密閉ダイナミック型、ドライバーユニットφ9mm
  • 6Nグレードの超高純度無酸素銅(OFC)ケーブル採用
  • 軽量で丈夫なアルミニウム合金シェル設計
  • 多機能リモートコントローラー搭載
  • 絡みにくいフラットケーブルデザインを採用
  • ホワイト、レッド、グリーン、ブルーの4カラーラインアップ
  • 形式 : 密閉ダイナミック型
  • 対応製品 : LightningコネクタのiPhone、iPad、iPod。※iPod 第7世代除く
  • 付属品 : イヤーキャップ×3

 

感想

次世代iPhoneからイヤフォンジャックがなくなる、という噂があるので試しに購入してみました。
映画のサントラ、ロック、ポップスを聞いてみましたが、突き刺さるような高音でもなくシャリシャリしたような音でもなく、重低音がキツイこともないとてもバランスが取れた音を出すなという印象です。満遍なく音が出ていてフラット、特徴がない、というわけではありません。各音域のバランスが取れているので、重低音につぶされている音域があるとか中高音がクリアで低温がスカスカということもなく、各音域の調和がとれていて聞き心地がとてもいいです。加えてハイレゾ以外の音源でも今まで使っていた同価格帯のイヤフォンよりもクリアな印象を受けました。これはDAC内蔵の恩恵だと思います。

 

ハイレゾオーディオ対応、DAC&ポータブルアンプ機能内蔵を有することから、音源をハイレゾ化することで良い音で聞くことができます。

 

DIGNITY ライトニング イヤホン iPhone iPod iPad ハイレゾ対応 Apple MFI 認証 マイク付きリモコン

仕様
  • ライトニング接続でダイレクトにハイレゾ音源を実感
  • 音質も使い勝手も抜群Apple 社が定める正規MFi 認証を獲得
  • iPhone、iPad、iPod などのライトニングコネクタに直接繋ぐことでiOSデバイスからダイレクトに24bit/48kHzデジタル信号を供給
  • 耳の奥で密着するイヤーピース。3サイズからご自身に合ったサイズをご選択いただけます。
  • マイク付きリモコンを装備し、曲の再生や早送りなどに加え通話にも対応

 

感想

ライトニング接続のイヤホンとHI-Res対応の為購入
セラミックスボディが高級感あり
Hi-Res対応とライトニング接続を思えば万超えしても納得する商品

ICEP-LT-04と似たような売り文句ですが、全体の評価はこちらのほうが高いです。

その分、値段も倍近くします。

私はイヤホンは割と使い切りだと思っているのであまり高くないほうが使い勝手がいいなぁと思っていたりはします。

 

PHILIPS Fidelio 密閉型ヘッドホン オンイヤー/Lightning接続対応 ブラック M2L

 

仕様
  • DACとアンプを内蔵、iPhoneやiPadから24bit/48kHzの音声をダイレクトに入力
  • クロストークや干渉を排除し、劣化の少ない信号送信が可能
  • 40mmネオジウムドライバーとアコースティックシール採用のハウジング構造で高い原音再生力を実現
  • アルミ製フレームとファインレザーを使用し高級感を演出
  • 内蔵DACデジタル・アナログ変換:24bit - 48kHz

 

感想

lightening接続のDAC搭載ヘッドホンということで、発売当初から欲しかった商品が半額ほどになっていたので思い切って購入。
接続するだけで特に設定や専用アプリは不要で、普通のヘッドホンと同じように使えます。
音がいいのかどうかはもう少し使ってみないとわかりませんが、線が擦れて音にノイズが混じったりすることがないのが、アナログ接続ではなく、デジタル接続のいいところではないでしょうか。
装着感に若干の圧迫は感じますが、しばらく使えば、しなってくると思います。
バンドのところが革製で高級感もあり見た目もとても良いです。

こちらもDAC、アンプを内蔵しているのでかなりの高音質が期待できます。Lightning接続だといろいろ好都合なんでしょうね。

イヤホン派か、ヘッドホン派かいろいろ選択肢があるのはよいことですね!

 

 Bluetoothで接続

QCY QY8

 

仕様
  •  [高音質 & ハンズフリー通話も音楽鑑賞も]:CSR 8645 チップセット搭載。 相手の声が聞き取りやすく、長時間の通話も快適です。音楽鑑賞用としても十分に使えます。工事設計認証番号: 204-520332
  • [軽量で運動中も外れにくい]:3サイズの種類イヤーピースとイヤーフックが付属し、あなたの耳に合うセッティングが見つかります
  • [いつでも、どこでも]:ジムでのトレーニング、ゲーム、ドライブ、ウォーキング、もちろん通勤時にも使用できます

 

感想

おすすめの音の良さ
軽くて耳に負担がない。
音質が良いので気に入ってます
ウォーキングや軽いランニング程度でしたら文句無しに使える良いイヤホンだと思います。コードが服に当たるガサガサ音が気になったので、バックルを使って束ねました。ケーブルに遊びがなくなれば、ガサガサ音は激減しました。

値段も手ごろなノイズキャンセリング機能有り、防水有りの一番実用的なイヤホンかと思います。

iPhone7には防水機能もつくらしいことから、ある程度水気の多い環境でも使えるセットにしておくと雨の日も安心ですね!

 

Sol Republic SHADOW ワイヤレス

 

仕様
  • SHADOWはカジュアル、ビジネス、スポーツなど様々なシーンにマッチする新しいタイプのカナル型Bluetoothイヤホンです。
  • 着け心地や装着感を追求するために、アメリカ航空宇宙局NASAにて人体を使用し、首の外形、重力の流れ、解剖学などを調査研究し開発を行いました。
  • 汗に強く耐久性に優れたしなやかなネックバンドはナチュナルな着け心地を常にキープ。まるで体の一部になったような感覚で、通勤中、仕事中一日中、着用していても疲れることはありません。
  • 高音質設計とマルチな操作性でコンパクトなデザインからリッチな低音と緻密な高域をバランスよく再生。様々なジャンルの音楽とマッチし、有線と変わらないハイクオリティなサウンドをワイヤレスで届けます。
  • 節電に特化されたBluetooth Ver4.0により再生時間は驚異的な8時間。ワイヤレス使用範囲は最大で約10Mで、重さはたったの30gです。

 

感想

音はそれほど良くはありません。
ケーブルありなら、3,000円も出せば同等の音の物は選び放題です。
高音が抜けない。低音もこもった感じ。
ただ、付属のイヤーピースが話にならないので、交換するとかなり改善されます。
ケツポケットにiPhoneを入れて歩くとそこそこ途切れる。
曲送りは出来るが戻せない。
と、ここまでなら星1ですが、
bluetooth、高級感のあるデザイン、装着感、長時間駆動、等を考えると選択肢としてはありかと。
特にバッテリーは優秀です。
音楽再生3時間、通話30分程度使用ならフル充電から2日保ちます。
万人におすすめは出来ませんが、気になったのなら買って失敗という事はないかと思われます。

音質はそんなによくないというレビューが多いです。

が、バッテリーの評価はいずれも高いので長時間使うのにはよいかもしれません。

重さも30gなので長時間使っても疲れなさそうです。

 

 EARIN 60001

 

仕様
  • 全てがワイヤレス。
  • 本体重量3.5g, サイズは14.5mm x 20.0mmの超軽量・超小型タイプ。
  • ドライバーはバランスド・アーマチュア型。
  • 解像度の高いサウンドを再生。
  • 連続再生時間は最大約3時間。

 

感想

音質は、5,000円のワイヤレスヘッドフォンと同水準と思います。
ですが、それ以下でないのも事実であり、外出時に音楽を聴く上では十分な音質です。
そもそも、音質に強い拘りがある人は、iPhoneで聴かないですよね!
ジョギング等で利用するとしても、左右がケーブルで繋がっている小型Bluetoothヘッドフォンで十分でしょう。
したがって、3万円以上という価格は、「完全ワイヤレス&世界最小」という部分に価値を見出すか否かにかかっています。
使用した感想は、「少し大き目の耳栓」にしか見えないです。
実際、デスクワーク中にこっそり着用して気分転換・・・という使い方をしております♪ (バレた事はありません)
私は耳穴が小さい為、海外製ヘッドフォンではいつも苦労しているのですが、当製品はフィット感が高く、附属のシリコン製スタビライザーを付けなくても落ちません。(これも、本体の軽量さによる賜物でしょう)
装着感は快適そのもので、「ケーブルがないってこんなに快適だったのか!」と驚かされます。
メガネやマスクとの相性も抜群です。

上記のあるレビューでは音質はそこそこであると表現しているものの、これは圧倒的デザインが心惹かれてやまないです。落としたら探すの大変そうではある。

重量も5gとのことなので、そんなに気にはならない・・はず?

 

まとめ

全体的な印象として、まだちょっと高いかな、というイメージです。

Bluetoothはともかく、Lightningコネクタイヤホンはまだまだ数も少ないのでiPhone7が発売したら、本格的に種類も出て価格も下がってくるのかなぁと思います。

Bluetoothのほうであれば、Android端末でも使用できますので、Android使用の方も検討してみてください(-ω-)/

以上!ソンナカンジ!

関連広告

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-iPhone/スマホ関連, IT
-,

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.