\ Amazonベーシックって知ってます? /

【祝P30シリーズ解禁】Huawei P20 pro 1年レビュー docomoの月々サポート最強だったのに…

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

米中対立でやり玉に挙がっていた「Huawei」ですが、発売保留となっていたP30シリーズが続々と発売開始されたようです。(docomoの社長は批判してますが…w)

念願のP30を待ちわびている方もたくさんいるかと思いますが、僕はというと1年前の機種である「P20 pro」を使っています。

今更P20 proを買う人は少数だと思いますが、P30シリーズの前身であるP20を知ることでP30への期待をさらに高めてもらおう!というエントリーでございます。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥27,800 (2019/11/13 07:49:03時点 Amazon調べ-詳細)

Huawei P20 proってどんなスマホ?P30シリーズとの違い

ざっくり説明となりますが、Huawei P20 proはSIMフリーで出ているほかのP20、P20 liteとは違い、docomo専売で発売されたスマートフォンです。

当時は月々サポート等あったと思いますが、2019/08現在、docomoで買おうとすると3,807円の24回払い、つまり91,368円というハイエンドモデルなスマートフォンとなります。

特徴としては「カメラ推し」。カメラを知っている人なら有名なLeicaのレンズを搭載し、発売当時としては先端な3眼レンズ。

P20、P20 liteでは対応していなかった防水防塵仕様とおサイフケータイも搭載しています。

ケンタロウ

つまり、普通に使う分には十分すぎる性能なわけです。

P30 pro、P30、P30liteとの違い

P20 pro P30pro P30 P30 lite
ディスプレイ 約6.1 インチ / OLED / 1080 x 2240 ドット フルHD+ 約6.5インチ/有機EL/1080 × 2340ピクセル/Full HD+/HDR10 約6.1インチ* OLED、2,340×1,080ピクセル、Full HD+
約6.15インチ FHD+(2312 x 1080ピクセル) TFT
アウトカメラ 3カメラ:有効画素数 約4000万 + 約2000万 + 約800 万画素 CMOS 裏面照射型 4カメラ:広角 約4000万画素(F1.6) / 超広角 約2000万画素(F2.2) / 望遠 約800万画素(F3.4)/ToFカメラ 3カメラ:広角 約4000万画素 / 超広角 約1600万画素 / 望遠 約800万画素
約2400万画素+約800+約200万画素/AF
インカメラ 有効画素数 約2400万画素 CMOS 裏面照射型 約3200万画素(F2.0) 約3200万画素
約2400万画素/FF
CPU Kirin970 Kirin 980 Kirin 980 Kirin 710
バッテリー 3900 mAh (内蔵電池) 一体型、容量 約4100 mAh 一体型、容量 約3,650 mAh
約3340 mAh (一体型)
メモリ 6 GB RAM / 128 GB ROM 6 GB RAM / 128 GB ROM 6 GB RAM / 128 GB ROM
6 GB RAM / 128 GB ROM
NFC X X
防水防塵 IPX7/IP6X IPX8/IP6X X X

 

こうやって並べてみるとP20 pro→P30 proは順当進化が伺えます。

P20 proとP30が同程度、P30liteと比べるとP30 liteが少し見劣りするかな?という感じ。

 

P20 proを1年使ってみて

◎ 写真はやはりキレイ

Leica、3眼、AI機能…。

最近のスマホの先駆けともいえそうなスペックで写真は申し分ないです。

ポートレート撮影の奇麗さはもちろん、暗所でもかなりの性能で撮影が可能です。

AIでコントラストとかをバキバキに弄れば、普段とはまた一味違った写真が取れたりするので面白いです。

※ただし色がだいぶ脚色されるので、普通に撮影してあとから修正とかすればいいのかなぁとか思ったり。

 

◎ 電池めっちゃもつ

僕の使い方として、日中ほぼradiko、spotify、YouTubeをバックグラウンドで流しながら仕事をしています。

画面をオンにしていると流石にキツイですが、画面を消して、音だけ流れる状態にしていると普通に9-17時とかで聞き続けても2~30%は電池が残っています。

iPhoneだと途中で充電のターンが必要だったので、かなり電池は持つ方かなと思います。

 

◎ 動画の視聴がしやすい

画面サイズが6.1インチと大きいので動画の視聴はめっちゃ捗ります。

画面いっぱいに拡大しても、ノッチの部分はきれいに落としてくれるので違和感なく映像が楽しめます。

 

◎ 操作性に不満もない

スマホが快適に動作することを「ヌルヌル動く」という表現をよくしますが、このスマホはヌルヌルです。

使っていてアプリが詰まるようなシーンは殆どありません。

先日、父親使っているdocomo withのgalaxyを触る機会があったのですが、「よくこんな遅いスマホで過ごしてるな…」と思うぐらいヌルヌルではありませんでした。

アプリの起動や挙動など、「特に気になる点がない」という印象です。

 

◎ 指紋認証・顔認証の精度もよい

このスマホはフルの全画面タイプのスマホではなく、画面の下にはタッチタイプのホームボタンがついています。

はい、そこで指紋認証が可能です。

iPhoneなどは「顔認証だけ」なので、マスクを着けていると認証できないわけですが、P20 proであればタッチで指紋認証が可能。

顔認証の精度・スピードも悪くなく、普段は指紋認証を意識せずにロック解除をしています。

 

△ ガラスフィルムが割れやすい…?

これは僕の使い方が悪いせい?、ケースのせい?もあるのですが、よく画面を下に伏せる形でスマホをテーブルの上に置きます。

iPhoneでも似たような扱いをしていますが、iPhoneでは殆ど割れなかったガラスフィルムがよく割れます。

P20 proは結構画面が大きい=ガラスフィルム大きいなので、衝撃には弱そうなのでサイズのせいというのもあるかもしれませんが、よく割れます。

最近では1枚数百円でガラスフィルムが買えるので特に問題はないですがね。

 

△ iPhoneと比べてアプリの動きが悪い…?

これはHuawei P20 proというより、androidの動作な気がしますが…。

iPhone(IOS)とは作りが全然違い、androidではウィジェットを配置することが出来ます。

ウィジェットは色々な機能や、表示スタイルが選べてかなり個性がだせるので楽しいのですが、よく動作が停止したり、不良だったりすることがあるので「ちゃんと動いていない」という印象になってしまいます。

iPhoneではホーム画面からアプリを立ち上げるだけなのでウィジェットがなく、動作が安定しているような印象になりますね。

 

△ Desktopモード

デスクトップモードの使い勝手が思ったより悪かった。

というのも、androidでは外付けキーボードは英語配列のキーボード扱いになってしまうようで、普段日本語配列キーボードを使っている僕としては全く使い物にならなかった。

どれぐら使い物にならなかったかというと、【@】の位置すらわからなかった。

キーボードさえクリアしていれば、もうちょっと使えたように思う。

 

× ワイヤレス給電(Qi)非対応

これが唯一あったらよかったのにポイントです。

最近は車のスマホホルダーにもQiが乗っていたりするので、Qi対応していたらよかったなと思うわけです。

P30シリーズではP30 proにQiが乗ったようなので、P40ぐらいで下位モデルにも対応している良いですね!

探してみるとこんなものもあるので検討してみるとよいかも?

 

まとめ

iPhoneをずっと使っていたのでandroid…Huawei…うーん…とあまり気乗りせず使っていた割にはなんだかんだiPhoneXSがサブ機になる程度には使い込んでいます。

現在、docomoなどのキャリアでは端末値引きは終了してしまいましたが、値段も”実質1万円”で買うことが出来たのでめちゃくちゃお得に買えたと思っています。

ぶっちゃけ、iPhone、androidとほとんど機能に差がなくなってきているので色々出来るandroid端末をお安く使ってみるのもアリなんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です