雑記

夜勤明けの始発待ちにひとりカラオケをしてわかったこと

更新日:


時は夜勤明けの始発待ちにひとりカラオケしてみた

朝越ケンタ
夜勤が終わった
朝越ケンタ
・・・
朝越ケンタ
早く終わりすぎた。始発までまだ2時間弱ある
朝越ケンタ
・・・
朝越ケンタ
カラオケ行こうぅぅふぅぅぅ

と言うわけで、ちょっと興味のあったひとりカラオケ潜入です

 

行った場所

みんな大好きカラオケ館です

青い看板、赤い文字。駅前のカラオケ屋といえばカラオケ館です。

駅前にあったので始発ギリギリまで滞在して始発に飛び乗る計画です。

 

受付

カラオケ=なんかよくわからないけど飲み会終わりに行くと「結構高い」というイメージでまぁとにかく安くしようと思いオンラン会員登録してしまったw

で、実際値段を見てみるとこんな感じ。

月~木曜日の19:00~朝まで会員300円、一般400円と微安でした。

とりあえず90分オーダーをして1ドリンク(強制)を頼んで部屋に行きました。

 

料金

カラ館の深夜料金はこんな感じ

19:00~5:00(日~木・祝) (1ドリンク制)
19:00~6:00(金・土・祝前日) (1ドリンク制)
月~木 会員:310円 一般:413円
金・土・日・祝・祝前日 会員:410円 一般:546円

なるほど、平日は週末よりも100円安い

 

部屋

木曜日の深夜、金曜日早朝ということで早は結構空いてたのか、1人なのにこの部屋のサイズよ。

普通に10人は入りそうなこの部屋に30おっさんが1人放り込まれました。

 

いざ歌う

ひとりなので「最初に誰が歌う?」的な牽制はない。

兎に角、曲を入れなきゃ始まらない。

何を歌うか?

普段歌わないような曲を歌ってみるか、ということでさっきまで聞いていたONE OK ROCKの「The Beginning」を入れた。

ちなみに次も入れないとすぐまた待ちのターンになってしまうため、同じくONE OK ROCKの「完全感覚ドリーマー」を続けて入れておいた。

 

Just give me a reason
To keep my heart beating
Don’t worry, it’s safe right here in my arms…

歌い出しは好調だ

 

1番が終わったあたりで飽きたので演奏を停止した。

続いて「完全感覚ドリーマー」が始まる。

あんまり覚えていなかったらしくあまり歌えなかったのですぐに演奏停止した。

 

このままでは苦痛だけが残ると思い、前よく歌っていたLArc-en-Cielの「READY STEADY GO」を入れた。

歌えるものの1人でこんな激しい曲を歌っても疲れるだけで、途中で演奏停止した。

 

何故か頭がロックになっていたので今度は履歴から適当に選ぶことにした。

 

選んだのはAIの「Story」

AIの高さで歌っても良いのだがYouTubeでみたEXILEのATSUSHIが歌ってる風に歌ってみた。

なかなか気持ちよかった。4曲目にしてやっと気持ちが乗った。

周りの部屋からは女子の歌声が聞こえてくる。

悔しくはない。僕は「ひとりで」カラオケがしたかったんだ。

 

ATSUSHI風に歌ったことでEXILE祭りになった。

何曲か入れてみたがあまり覚えていないらしくどうにも歌いきれなかった。

 

ここでようやく気づく。

「普段歌わない曲は1人でも結局歌えない」

 

大好きなポルノグラフィティの「ミュージックアワー」を入れた。

最高に気持ちよく歌いきった。

途中で演奏中断しなかった初めての曲になった。

 

ここである文字が目に付いた。

 

「採点」

 

採点となれば歌える曲、しかもそこそこ自信のある曲をしっかり歌い切るに違いないと思い採点モードにした。

 

これが大当たり。

星野源の「恋」、ポルノグラフィティの「サウダージ」、湘南乃風の「純恋歌」などを歌った。そして歌いきった。

全部84点台だった。高いのか低いのか不明である。

そうこうしているうちに、始発の時間となり僕は部屋を出た。

 

お会計

お会計は1ドリンク+410円×3(1.5h)で1700円ぐらいでした。

ん?なんか高い。

と思ったら、木曜の深夜=金曜の早朝= まさかの金曜日料金 でした。

 

気づいたこと

英語の歌詞とか、普段歌わないの歌ってもなんかよくわからないからグダる

採点モードにすると真面目に歌うので結構おすすめ

飲み物の追加発注は注意(みんなで歌っている時からより恥ずかしい

木曜の深夜は金曜日料金なので高い!!←

 

なんか気まずい点

最初のドリンクを運んでくるときに1人で歌っていたくない

店員さんからしたらどうでもよさそうなことなんだけど、1ドリンクを頼んでしまったがゆえに、1ドリンクは確実に提供しにやってきます。

ということは、部屋に入るなり歌っているようなら確実着実に自分が歌っている最中にコンニチワすること間違いなしです。

 

廊下を通るお客さんが中を見たらいやだ

カラオケって結構隣の部屋の声とか聞こえるじゃないですか。マイク使ってるわけだし。

さすがに数十分間同じ人の歌声しか聞こえてこなかったら

「おや????」

ってなりそうですよね。

トイレとか行くついでに隣の部屋チラ見して

「おーいwwとなり男一人だったんだけどwwww」とか言われてた日にゃ悲しくて始発にも乗れません(乗ります。)

なるべく部屋のドアからはなれば村から離れた場所に陣取って見えないように歌いました(チキン

 

まとめ

ひとりカラオケはかなりハードルの高い「ひとり○○」でした。

最後に採点モードになった時は割と気持ちよく歌えたので、ひとりカラオケは採点モードを楽しむことをおすすめします。

あと行くなら普通に日中行くのがいいですね。90分で2000円はちょっと高かった気がします。

 

以上!

関連広告

-雑記
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.