ライフスタイル ライフスタイル-お金・節約 ライフスタイル-子供・子育て

なるべく安く!引っ越し屋の見積もり取ってみた。

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

最近、急に引っ越しが決まりました。徒歩10分のところに。

徒歩10分だとなんか自分で引っ越せる気がしますよね?

ということであまり引っ越し予算を取ってなかったのですがよくよく考えると冷蔵庫とかでっかいソファとか自分で運ぶのはかなりの重労働。

私と嫁チャンwith8か月の少年じゃとても無理。

というわけで大物だけでも…と思って引っ越し屋さんの見積もりを取ってみました。

 

 

なんで急に引っ越すことになったのか

タイミング

きっかけは転職を考えているとと。

今の物件は社宅扱いで住まわせてもらっていて、家の更新が来年の1月(約半年後)にあります。そして今のところ私の想定では来年の3月には退職予定です。

 

管理会社に確認したところ、退職後も済む場合は退職扱いになり、敷金、礼金等は再度払ってもらうことになるという話でした。

→いろいろ決まった今考えるともしや「名義変更」であればそこまで支払う必要がなかったのでは…と思っています。うーむ。まぁ新居はいいところだしまぁいいか。お金ェ…。

 

1月に更新料、3月に再度契約で敷金、礼金、手数料…を考えると更新はしないで引っ越してしまってもよいかな、と思うように。

 

不満な点や気がかりな点がチラチラ

 

子供ちょっとずつ成長しており、立ち上がりドタドタドタドタ・・・・というのをかなり気にしていました。

おもちゃでジャンプしてるだけど足音がかなり強力に。

 

 

また、最近近隣の人が変わってベランダがタバコ臭い。ベランダを開けるのが苦痛なほどタバコ臭。

子供いる家庭らしく、ベランダでタバコを吸うんだけどその被害が近所のウチに。別に禁煙の賃貸ではないのでしょうがないといえばしょうがないのだけど結構苦痛でした。これが決めてとなり新しい物件を探すことに。

そんな小さいことがちょっとずつ積み重なっていて、こちらも引っ越しを考える一因になりました。

 

良物件との出会い

でね、まぁ更新1月だから12月ぐらいまでに部屋見つければいいかなぁーなんて嫁チャンと会話をしてたんだけど、2日で超絶気に入った物件があるというね。

  • 嫁実家近く
  • 今のところから徒歩10分(生活圏は変わらない)
  • 家賃微増
  • メゾネットタイプ(1階、2階占有)
  • 眺め良し
  • 日当たり良し
  • 風通し良し

引っ越すしかないよなァ?!ヲイィ?!

 

なるべく安く引っ越したい。比較サイトで見積もりを取る

徒歩10分なので引っ越し業者いらなくない…?と思いきや

というわけで急遽引越しがきまったのでもろもろ手配を進めました。

引っ越しは自分たちでやろうと思って見繕ってみたのですが、どう考えても素人では運べないものがいくつか。(ソファや冷蔵庫など)

さらに、引っ越し先が2階もあるのでこれはもう業者にお願いしよう(最悪、大きなものだけでも)という話に。

とりあえず複数に相見積したかったので複数業者に一括依頼ができるサイトで申し込みを登録しました。

見積もりに使ったサイト【引越し侍】引越し予約サービス

 

我が家の物資

  • ソファー×1
  • 衣装チェスト×1
  • ダイニングの机×1
  • テレビ×1
  • テレビ台×1
  • スタンドミラー×2
  • 冷蔵庫(ファミリータイプ)×1
  • ドラム式洗濯機×1
  • ベビーベッド×1
  • ベビーチェア×1
  • ラック×2
  • 照明×3
  • マットレス×3
  • パソコン×1
  • ディスプレイ×1
  • プリンター×1

あとはもろもろバラせるもの、段ボールに詰めるもの

以上、業者見積参照

もし、大物だけ頼むとするなら冷蔵庫、洗濯機、ソファの3点かな?と思ってました

 

業者に見積りに来てもらう前に前に確認しておいた方が良いこと

うちはこれで結構めんどくさかったので。引っ越し先はメゾネットタイプでリビングが2階にあります。

その為、「大物だけ」にしても2階には階段で上げられるのか、吊り上げて入れないといけないのかで見積もり内容が変わるのです。

 

前者の場合、うちの荷物量だと小さなトラック、作業員2名でよいということになったのですが、後者の場合だと吊り上げのための作業員は3名、3人乗りのトラックだと大きなサイズにしなければならない為値段がビックリするほど跳ね上がることがわかりました。

また、値上がりを嫌って低めに見積もりして貰ったところで当日吊り上げるしか入れられないとなれば当日に追加作業員を派遣してもらう為、さらに割増料金が必要なことも。(そりゃそうなんだけど)

 

なので引越し業者の見積もり前には可能な限り引越し先の内見をして家財道具がちゃんと入るかどうか、エレベーターに入るか、コーナーは曲がれるかなどなど、確認できる点はしておくことをお勧めします。

 

引っ越しのサカイ

最初に来たのは引っ越しのサカイさん。お米持参で来てくれました。地味に嬉しい。

家財の見積もりは15分ほどで終わり、引っ越し先の情報を話しながら見積もり作成を進めました。

その中で、「全部運んでもらう」パターンと「大物だけ運んでもらう」パターンの2パターン欲しい旨を伝えましたが「ざっくり言えばトラック数と作業員数で決まるので変わらない」と言われて1つの見積もりしか貰えませんでした。

結果は16万円程度。想定が5、6万(素人目線)だったのでびっくらこいた。

 

アリさんマークの引越し社

次に来たのは蟻さん。お土産はクリーナー。

こちらも見積もり時間は同じくらい。こちらはサカイよりもトラックのサイズを小さく見積もっていたので料金は半分の8万円ぐらいでした。

16万からの8万だったのでかなりニッコリ。しかも大物だけの場合は6万円弱になるとのこと。

但し、蟻さんのあとにアート引っ越しセンターの見積もりが来ることも伝えていたので「今決めていただければ」の価格。

しかし先述の通り、吊り上げしかダメだった場合は当日作業員追加費用が3万円近く上乗せされるらしい。

そんな状況で確定は出来ない為、その場はお引き取り頂いた。

 

アート引越センター

最後に来たのはアート引っ越しセンター。お土産はなし。営業さんは1年目の女の子。

しかし兎に角トーク力が良く、私も妻もよく話した。

その結果、蟻さんの価格を潜る7万円ジャスト(プラス税)という価格を提供し、かつ「内見したあと連絡くれれば良い」という対応をみせてくれた。

これは大物だけプランではなく、全部運んでもらうプランでの話。

色々な業者と話しているうちに「なるべく安いプラン」から「多少お金払うぐらいならまるっとお任せ」という気持ちに変わっていた。

最終的に、その日中に再度新居の内見をして寸法を測り、吊り上げなくてもOKだと判断できた為アート引っ越しセンターにお願いすることになった。

 

まとめ 本命は最後に

今回、三社に見積もりをお願いしただけでも10万円近く見積もり差があることがわかりました。最初の1社だけだったらと思うと…。

引っ越し見積もり比較サイトは是非利用すべきだと思いました。他社の値下げ材料にも使えるし。

あと見積もり会社を選べるならサカイを入れておけば多分お米もらえるのでよいよ!

※今回は見積もり精度が悪かった?(営業さんがびみょうだったのか…?)のか大きな差になっていたけど、会社の先輩はいつもサカイを利用するらしいです、安いので。

 

ぶっちゃけ、「他社コレでやってくれるっていったけど」といえればそこはくぐってくる、もしくは他のサービス面で押してくると思うので

そこで納得できれば、契約すればよいと思います。

なんとなーく、サービスを調べておいて、事前情報でここが本命かな?と思う業者を一番最後に見積もりに来てもらうといろいろ幸せになれるかも…しれません(笑)

見積もりに使ったサイト【引越し侍】引越し予約サービス
  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ライフスタイル, ライフスタイル-お金・節約, ライフスタイル-子供・子育て

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。