納車から半年!ハリアー60系後期(ターボ・プログレス)レビュー

子供が二人に増えていい加減コンパクトカーじゃ身動きが取れなくなってきて。

車を新しくすることを検討し始め、子供がいるんだから流行りのミニバンタイプが良いのではないか…。そう考えもしたけれど、やはり夫婦ともにコレがいい!とずっと言い続けていたハリアー。

そんなハリアーが納車されて半年が経ちました。ということで半年レビューいってみます。

※このレビューはずっとハリアーに乗りたかった人が書いているレビューなので 主観的かつ 細かいところに勝手に目がつぶられている可能性が大いにあるのでフラットな意見ではないような気がしますのでご参考程度にお願いします。

 

ハリアー60系後期に乗ってよかったこと

カッコイイ

僕と妻が気に入った何よりの点がカッコイイ。だからコレにした。

私のことか顔しかみてないの?!って言われようとも顔がよかったから君にした。そんな感じ。

半年経っても相変わらずカッコイイので、僕も妻も満足度はかなり高い。

ケンタロウ
ミニバンと迷いましたが、ハリアーにして後悔はない!点検の時に展示されているエスクァイア(当時迷っていた)とか見ると広さに多少惹かれもしまs…

 

高級感

内装は革が基調になっていてとても高級感があり気に入っています。また、ちゃんとした(?)革なので車内がいい匂いです。革のにおいフェチとしてはGood。

密閉がちゃんとしているのか、車内は静かだし、空調の効きも良いです。

ケンタロウ
ウチはタバコは吸わないので完全に禁煙車なんですが、父はタバコを吸います。父の車も同様に革のクラウンなんですが、タバコを吸ってる割には臭くないと感じます。そういった意味で、革だと匂いが抑えられたりするんでしょうか?

 

運転しやすい

車のサイズが大きくなったので、単純に運転しずらくなるのでは…という懸念があったのですが、乗ってみて運転しみるとかなり運転しやすい車でした。

座席も高く、セダンのように前面の感覚がつかみづらいということも少ないです。

あとはやはり新しい車(と言っても機能としてはすでに数年落ちですが)なので、センサー類が多く搭載されていたり、駐車のときの上から視点のカメラで駐車場の真ん中ぴしゃりで止められたりと補助機能満載。

機能面で言えば高速道路のオートクルーズとミリ波レーダーによる自動ブレーキはかなり優秀でした。本当にアクセル・ブレーキ操作を殆どしないで高速道路を走り切ったこともあります。

ただし、首都高などは割込みとかも多く完全自動とまではいかないので東名高速とか広い道路のほうが使いやすいかなと思いました。

ケンタロウ
障害物に対して自動でブレーキが効く機能があるじゃないですか。あれって試しようがないのでちゃんと動くか怖いですよね…笑

 

後部座席はリクライニング出来て余裕がある

YouTubeでハリアーのレビューをしたときに「いや、ミニバンのほうが広いだろw」とか「ベゼルのほうが広いです」とかコメントを頂きました。

そりゃミニバンと比べたら狭くはなりますが、後部座席はリクライニング出来ますし、一般体形の人が普通に乗る分には全然余裕があると思います。

逆に広すぎると子供がじっとしていなさそう(特にウチの子は…)なのでちゃんと座ってられるぐらいの広さで丁度良いかなと思っています。

 

ラゲッジスペース大きい

コストコとかでめっちゃモノ買ってもかなり余裕で入ります。

水72Lと子供のおむつとその他もろもろ…とか。

前の車だと半分以下でした。

 

道を譲ってくれることが多い&煽られにくい?

自宅が住宅地なので道が結構狭いんですが、対向車のほうから譲ってくれることが多くなったような気がします。(別にこちらが譲らなくなったというわけではないです)

あとは高速道路などでもビタ付けされることはかなり少なくなったような印象です。

これは昨今のあおり運転とか、ドラレコとかの影響もあるかもですが…。

 

ハリアー60系後期に乗って気になったこと

悪かった点、なんて書きません笑。気になった点です。ちょっとね。コレもう少しこうだったらよかったなぁとか、ここだけちょっと引っかかるなとかそんな程度でけっして悪かった点だなんて言うつもりは毛頭もありまs・・・

燃費がちょっと気になる

ウチのモデルは「ターボ」モデルです。ターボモデルは、走りは力強く非常に良いと思うのですがいかんせん、燃料がハイオクなのです。

ターボ以外のモデルの燃料はガソリンなんですが、ターボだけハイオク。燃料費はちょっと気になってきます。

基本的にウチは高速によく乗るのですが、前回ほぼほぼ都内一般道のみで乗った時の燃費がこちらです。

実際には、6.8km/Lぐらいでしたがその後高速に乗り7.1km/Lまで伸びました。カタログ値ではガソリン車が16.0km/L、ターボ車が13.0km/L、ハイブリッド車が21.4km/Lです。

街乗りだけだとカタログ値の半分ぐらいになってしまいます。

ちなみに、その後給油して高速に乗って帰ってきたときはこんな感じ。

ケンタロウ
16.9km/L!カタログ値より出ている笑

 

走行距離の表示がちょっと気になる

燃費と似たような話ですが、こちらは航続距離の話です。

ガソリンを入れた直後に出る走行可能距離として表示されるのがだいたい460kmぐらいの表示だったと思います。

タンク容量が60Lなのでざっくり7.6km/Lの計算をしているようです。

それ自体は問題ないのですが、運転をしていくと当然ガソリンは減っていきますが給油間近になってくると明らかにチキン表示をしてきます。

「走行可能距離30kmです…給油を…」

ガソリンスタンドに行き、実際にガソリンを入れると大体45Lぐらいしか入りません。つまり残り15Lぐらい、7.6km/Lで計算すれば100km走行可能です。

ちょっとチキり過ぎかな?と思ってしまうのです。

元々460kmしか走らないのに360kmの時点で給油を求めてくるので。

乗り方によっては7.6km/Lは余裕で超えますが、余裕で下回ることもあるので平均500kmぐらいは乗りたいなと思うわけです。

ケンタロウ
ここが地味に一番気になるかもしれません。CX-8とかめっちゃ燃費良さそうだし…

 

ナビゲーション

操作パネルの話。

物理ボタンのほうが押しやすいと思う、指紋、埃がすごく目立つ。

逆に全部ザっと拭けると思えばよいか

首都高でのクルーズコントロール

運転しやすい、で挙げたクルーズコントロールシステムですが首都高とかだとちょっと怖い。

設定速度のまま結構なカーブに突っ込んでいくこともあるのでしっかり運転しつつ、補佐的な意味合いで使うほうがよさそうです。

付けておけばよかったオプション

後から付けておけばよかったと思ったオプションは今のところ二つです。

一つ目が運転席の座席メモリー機能。ウチは夫婦ともに運転をするので主に平日は奥様、休日は僕が運転しています。

そんな時にメモリー機能があればボタン一つで自分のドライビングポジションに早変わり!だったんですが、この機能を見逃していました。

 

「プログレス」と最上位モデルなのでワンチャン付いていればよかったんですが、さらに上の「メタルアンドレザーパッケージ」には標準装備ですが、通常の「プログレス」ではオプション扱いでした。

二つ目はAC電源コンセント。「別にUSBあるからコンセントとかいらなくね?」とケチった部分だったんですが、USBはコンソールボックスのところにあるんですよね。それに対して、AC電源コンセントだとラゲッジスペースにつくことになります。

後ろに座る人(主に妻)がいうには「後ろに充電あればよかった…」と少し後悔していました。

デカくて洗車が大変

ウチは駐車場が屋根なしなので雨が降るとそれはもうダイレクトに汚れます。さらに駐車場の隣近所では最近常に建築をしていて埃がスゴイ。軽い雨だと一瞬で汚れます。(逆に強雨だと割ときれいになるよね)

前車はTOYOTA istというコンパクトカーだったのであまり気にならなかったのですが、ハリアーになり洗車が非常に大変になりました。

車体が大きいのはもちろん、背が高いので車の上部をきれいに洗うのはかなり厳しい。

まだ解決策はできてないですが、洗車場でばーっと洗っちゃうのがやはり楽かなと思っています。

まとめ ハリアー60系後期に半年間乗ったレビュー

並べて書いてみると、よかった点がなんか地味に見えますが満足度で言えばかなり高いです。

気になった点も、別に致命的なものは何もなくちょっと気になるなぁという程度。

毎週どこかにお出かけするのがすごく楽しみになりました。

そろそろ次モデルの話も出てくるころだと思いますが、買いたい時が買い時ですからね…!しばらくこいつを相棒に乗っていきたいと思いますw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。