\ Amazonベーシックって知ってます? /

どんなときもWiFiは「中継器」を使って5台以上できる!実際に使える中継器はどれ?

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

YouTubeで華麗に嘘つき野郎になったわけですがどんなときもWiFiの大きな欠点として一つ上げられるとすれば「Wi-Fiに同時接続できる端末が5台まで」というのがあると思います。

一人で使うには十分かもしれませんが、ウチの実家のように「自宅の主回線として使う」と考えると気になる点だと思います。

父、母の二人暮らしである実家でさえ、秒で5端末が埋まってしまいます。

  • 父スマホ
  • 母スマホ
  • Chrome Cast
  • Google Home Mini(スマートスピーカー)
  • リビングのPC

これに子供やお客さん、タブレット端末なんかがあるともう一つも繋げられない状況になってしまいます。

そこで、どんなときもWiFiを使いつつ、5端末以上使うための方法について調べてみました。
Mugen WiFi

どんなときもWiFiで5端末以上使うには中継器を使えばOK

結論から書くと、中継器を使うことで5台以上使うことができそうです。

ただし、中継器でも使えたもの、使えなかったものが分かれているようで実際の口コミなどを参考に買う方が良さそうです。

中継器とは親機のWiFiの電波(=どんなときもWiFiのWiFi電波)を中継器が受信し、中継器から別の電波(=中継器のWiFi電波)を発信して、中継器を経由して親機と通信をしてネットに接続する方法です。

 

どんなときもWiFi+「中継器」で5台以上使えた(らしい)中継器

ネットの口コミを参照して3つの製品を挙げておきました。

いずれの中継器も5000円以下で買えるのでお試し感覚でもギリギリ買えそうな価格ではありますね。

使い方もコンセントに直差しして使うので配線とかも不要で使い勝手もよさそうです。

上記は「使えた」という報告があったものなのでおそらく使えます。※購入する際は自己責任で・・・

 

どんなときもWiFi+「中継器」で5台制限を突破できる理由

理由?知るか!ウルセェ!使えればいいし!安ければいいし!

っていう方は上の3個で選べば多分大丈夫ですが、ネットワークに詳しいおじさんとしてはちょっと腑に落ちない接続方法なんです。

理由は、あくまで「中継器」なのでネットワーク接続のキモは「どんなときもWiFiの端末」なんですよ。

要は、ネットワーク通信に不可欠なIPアドレス(聞いたことはありますよね…?w)の管理をしているのが「どんなときもWiFiの端末」

すると、いくら中継器を挟んだところでIPアドレスを各端末に払い出すため、5台以上接続すれば5つ以上のIPアドレスを払い出すことになり、5台制限に引っかかるのでは?と思ってしまうわけです。

中継器で5台制限を突破できるとすれば、IPアドレスの払い出し個数の管理はしておらず、単純に「WiFiの接続個数」で管理している場合であれば中継器でちょろまかすことは出来そうな気がします。

その場合、中継器で5台制限を突破出来る製品、、突破できない製品の区別がよくわからないことにはなります…。

「相性」といえばそれまでなんですがね…w

 

僕が考える「絶対に問題のない5台制限を突破方法」

ということで、ネットワーク通信に詳しいおじさんが考える、これなら絶対に5台制限を突破できる方法について記載しておきます。

しかしこの方法を理解できる人は、こんな説明を読まずとも自力で解決できそうな気がします…笑

方法としては、「どんなときもWiFiの電波をルータ機能付きの無線ルーターで受信してルータ機能で配下の端末には新たに別のセグメントのアドレスを付与する」という方法です。

この場合、二重ルーターという状態になり、正しく設定をしないと想定通りの通信ができなくなってしまいます。

ただし、この方法であればどんなときもWiFiからは代表で無線ルーターしか見えないので無線ルーターの配下に何十台の端末があろうが通信が出来ると考えられます。

興味のある方は調べてみてください。

実家のインターネット回線を「どんなときもWi-Fi」にしたら不満はないしお得だった話 Mugen WiFi

追記:実際にやってみました(動画付き)

実際にやってみました。

機種はこちら

結論から言うと、普通に5台以上繋げることが出来ました。

 

まず、普通に5台繋げるとこんな感じになります。

U2sでは接続機器数に接続されたMACアドレスの数を数えていることが分かりました。

この状態で、中継器を噛ますと、中継器のMACアドレスが登録されます。

その後、再度中継器に対して接続することでU2sには感知されずに複数台の接続を行うことが出来ました。

 

できない!といった声があったのはこの「中継器に対して」がうまくいってなかったのではないかと思っています。

今回購入した中継器ではこんな感じになっています↓

  • [親機] ))<親機のSSID{ssid1}を発信>)) [中継器] )) <SSID{ssid1}を中継> )) 端末
  •                      )) <SSID{ssid2}を発信> )) 端末

ケンタロウ

伝われw

要は、中継器が発するWiFiは親機と同じ名前のSSID中継器専用のSSID2種類です。

中継器用のSSIDに接続すると確実に中継器配下の管理となりますが、親機のSSIDに接続してしまった場合、親機に接続するか、中継器に接続するかはその時の状態(多分電波の強かった方)に寄ります。

なので、せっかく中継器を購入しても中継器に接続されていなかったのでは?という推測になるわけです。

確実に中継器配下に接続するために、中継器用SSID{ssid2}が可能であればそちらに接続することで高確率で限界突破をできる。と思います。

 

動画を作ったので気になった方は見てみてください。

 

 

2 COMMENTS

hidaka

中継器を買う前に、もらい物で余っていた無線親機(WXR-1750DHP2)で記事の最後にあるようなことをやってみたことがありますがダメでした。
デバイスに割り振られたIPアドレスはどんなときもWiFiではなくWXR-1750DHP2が割り当てた物で別のセグメントなっていましたが、どんなときもWiFiにカウントされてしまい無線親機の分だけ接続数が余分に取られるという結果でした。
DHCPサーバ機能はONに出来ても、WBモードでないと上位と無線で接続出来ないのが壁でしょうか。
他のルータでは試していませんが、カウント方法が気になります。

返信する
ケンタロウ

コメントありがとうございます。
別セグメントにしたうえで、NATする必要があるかと思いますが、普通にルーティング切って使っただけでしょうか?
どんなときもWI-FIから見て、アドレスが一つであれば大丈夫かなぁ。。とは思っているのですが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です