App/サービス IT

ドコモのスマホ料金について解説する

更新日:

docomoのスマートフォン携帯料金について

docomoのスマートフォンの料金体系について説明します。

携帯業界の料金体系は本当に分かりづらい、初心者殺しです。

お年寄りとかにオプションもりもりで契約させるあくどい話も聞きますね!

でもふたを開けてみれば意外と簡単な仕組みになっていたりするので、docomoの利用料について説明します。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]キャリアの携帯ってだいたい1人7,000円~10,000円ぐらいかかるよね[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]だから高いって言われてるよね。[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]安くできる?[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]んー、条件次第だけど。あと不要な契約を無くすと安くなるかもしれないね[/voice]

 

携帯料金体系の考え方

考え方は簡単で、

  • 基本プラン料金
  • プロバイダ料金
  • パケット料金
  • オプション料金
  • 端末の分割支払い金

が、普通に使用した際の料金体系となります。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]なんかゴチャゴチャしていると思ったけど、項目的には5個だけなんだね。請求書あんなに長いのに。[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]これを難しく見せているようにしか思えないんだよね、回線業者は。[/voice]

 

基本プラン

スマホ対象の基本料金プランは

音声通話付きの「カケホーダイ」か、「カケホーダイライト」

もしくはデータ通信のみが利用できる「データプラン」になります。

さらに2年縛りである「定期契約あり」か、「定期契約なし」の組み合わせ的には3×2の4種類です。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]定期契約なしのプランの人なんて殆どいないと思うけども…w

価格を抑えたい場合は最安の「カケホーダイライトプラン」でよいと思う。[/voice]

 

 

MNPを駆使してキャリアを渡り歩く、的なことをしない限りは特にデータプランである必要は特にないです。

今は「LINEで電話」とかも出来るから、実は音声通話ってかなり減らせる。

仕事で使う、とかじゃなきゃライトプランで十分な人が多い気もします。

 

プロバイダ料金

みなさんご存知「SPモード」ほぼ一択です。

あとはmopera Uというサービスもありますが、こちらを選択する理由がある人は「殆ど」いません。高いし。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]「殆ど」?[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]基本的にはSPモードでいいと思うんだけど、少し工夫するといくらかお得になる人がいるんだ[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]どんな人?[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]家のネット回線あるじゃない?[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]光回線ね?[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]光回線にもプロバイダがあるだけど、フレッツ光の場合moperaをフレッツ光のプロバイダとして使うことが出来るオプションがあるんだ。

ただし、オプション料金でmopera Uスタンダードにプラス500円かかる。

合わせて1000円なんだけど、プロバイダ料金としてはかなり安い部類、さらに契約年数にしばりがないプロバイダとして使うには結構優秀なんだ[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]へー・・・んー・・・本当にかなり限定された特定の人、って感じ…[/voice]

 

パケット料金

パケットパックはおひとり様用、家族用で少しだけ異なります。

ひとり向けのパケットパックは自分の必要なパケット容量に応じて選択します。

最少は2GB(3,500円~)から。

 

家族向け(同一名義の複数回線でも可能)のパケットパックはこちら。

シェアパックXXは対象の容量を家族全員でシェアするプランとなります。

代表回線がシェアパックXXを契約し、シェアする子回線は下記のシェアオプションに加入することでパケットシェアが可能になります。

これは人数が増えるほど料金的にはかなり抑えられるようになるのでちゃんと考えて入ることをおすすめします。

 

1人5GB使いたい!という場合のシミュレーション

2人の場合

ひとり向けパック:データMパック(5,000円)×2=10,000円

シェアパック:シェアパック10(9,500円)+シェアオプション×1=10,000円

ひとり向けのパックでもシェアオプションでも同額。

 

3人の場合

ひとり向けパック:データMパック(5,000円)×3=15,000円

シェアパック:シェアパック15(12,500円)+シェアオプション×2=13,500円

シェアオプションのほうがお得

 

4人の場合

ひとり向けパック:データMパック(5,000円)×4=20,000円

シェアパック:シェアパック50(16,000円)+シェアオプション×3=17,500円

シェアパックの場合、一人12.5GB使えるようになり、値段も下がる

シェアオプションのほうがお得

 

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]50GB!?お得すぎませんか!!![/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]なぜ敬語wそうだね、格安SIMへの対抗か、最近はパケットいっぱいを大安売りしている傾向があるよね[/voice]

オプション料金

オプションは不要であれば無し(0円)でもよいんですが、

機種変更や、契約時に不要なオプションに入れられていることが多いです。

 

端末を値引きするために必要~っていう謳い文句で、「すぐにやめても構わない」と言われオプションをつけるものの、そのまま忘れてオプションつけっぱなしになっている人多数です。

dTVとか、マガジンとか、健康アプリとか…不要なものは切っちゃってオーケー。

よくわからなかったらドコモに電話すれば電話で解約することも可能です。

 

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]ケータイ保証は入っておきたいなぁ[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]そうだね、保証は1度解約すると次に機種変更するまで再加入することが出来ないから慎重にね[/voice]

 

端末の分割払い

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]今使っているiPhoneは分割払い中なんだけど[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]大概の人はそうだよね。分割だと実質10,000円でぐらいだし、一括だとすごく高い[/voice]

分割払い、一括にはそれぞれメリットがあります。

一括払いでは初期費用が大きくかさむ代わりに月額利用料金はかなり抑えられるようになるのです。

逆に分割払いでは最新機種だろうが月々サポートがあるので実質価格はかなり抑えめで購入することが可能です。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]当たり前の話なんですけど[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]せやな[/voice]

 

iPhone7 32GBで説明すると、分割払い金は3,429円/月、

それに月々サポートが -2,322円/月ついて、実質1,000円程度

一括で払うと分割払い金の3,429円は払い込み済みになるので、

月々サポートの-2,322円だけが残ります。

つまり、分割払いと一括払いの月額料金の差は6,000円近くになります。

 

まとめ

分割払いが終わっている人で最安を考えると

  • カケホーダイライトプラン(1,700円)
  • spモード(300円)
  • データSパック(3,500円)

が、パケットを節約した1回線契約の価格だと思います。合計で5,500円。

これに端末分割台の実質価格の1,000円や、オプション価格を乗っけるとどうしても7,000円~になってしまうのが現状です。

 

家族回線を持っている場合はパケットシェアしたりするとかなりお得になることがあります。(そしてパケット容量も増えてストレスも減るかもしれません)

また、端末代金を一括で払うという男らしさを見せると、上記のiPhoneの場合で-2,322円/月になります。

そうすると、5,500円から-2,322円引かれて3000円ちょっと。オプションを入れても4,000円程度の支払で済むことになります。

さらに安さを求めるのであれば、MVNOなど、格安SIM回線に乗り換えることでさらに半額に抑えることなどは可能です。

今一度、自分の使用頻度や内容と契約形態を見直してみるとかなり節約できるかもしれないですね。

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]LINEとTwitterとインスタが見れればいいかもしれない![/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]SNS通信は通信料としてノーカウントしてくれる格安SIM業者もあるから調べてみるといいかもね[/voice]

関連広告

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-App/サービス, IT
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.