お金・節約 ライフスタイル

電力自由化!僕は東京ガスに乗り換えました

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

先日、家のガス点検に東京ガスの人が来ました。

その時、電力自由化に伴う電気会社乗換のご案内を妻が受けたのですが

「よくわからないから旦那が聞きます^^(スルー)」を決め込んだみたいで土曜日の休みの日に再度ご案内に来てくれました。

話を聞くと、意外とデメリットはなくまぁ乗り換えてもいいかなぁと思ってしまったわけで。

真面目に検討して、安くなりそうだったので乗り換えることにしました。

 

どれぐらい安くなるのか

今月の電気代使用料です。

最新です。

今日検針きたので取れたてほやほやです。

東京ガスの電気料金シミュレーションでざっくり確認をしてみます。

電気料金の比較(円)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
東京電力 従量電灯B 10412 10185 8624 8226 8084 6651 8170 10214 8794 7382 7285 8397 102424
ずっとも電気1 9650 9456 8155 7849 7740 6518 7806 9481 8285 7172 7085 7980 97177
差額 -762 -729 -469 -377 -344 -133 -364 -733 -509 -210 -200 -417 -5247

ざっくりこんなかんじになりました。

6月の料金が6696で入れてシミュレーションした結果、

東京電力だと年間通すと10万2424円、東京ガスだと9万7177円で5247円お得みたいです、平均。

しかし、電気代下がった。

以前は10000円すぐ越えていたのですが、PCのつけっ放しを見直す(寝る時~会社の間をちゃんとスリープするようにした)だけで25%ほど電気代が落ちました。

2カ月連続落ちているのでかなり効果があったようです。

乗り換えるよりさきに無駄遣いを減らす方が大事という^q^q^q^

 

料金設定のワナ?誰でも値下がる訳ではない

東京電力と東京ガスの価格設定の差はどこにあるのでしょうか。

東京電力 東京ガス
 基本料金 30A 842.40   842.40 
40A 1123.20 円 1123.20 円
50A 1404.00 円 1404.00 円
60A 1684.80 円 1684.80 円
電気量料金 第一段階
料金
東京電力:-120kWh
東京ガス:-140kWh
19.52円 23.24円
第二段階
料金
東京電力:120kWh-300kWh
東京ガス:140kWh-350kWh
26.00円 23.45円
第三段階
料金
東京電力:300kWh-
東京ガス:350kWh-
30.02円 25.93円

東京電力と東京ガスの電力の基本料金は変わらないので、

二つの差は、「電気量料金」と言われる場所で差がつきます。

みて分かる通り、第1段階料金は東京電力の方が安いです。

つまり、ある程度まで使わないと東京ガスの料金メリットは引き出せないことが分かります。

  • 100kWh使用時

東京電力: 100 x 19.52 = 1,952円

東京ガス: 100 x 23.24 = 2,324円

100kWh使用時は東京電力の方が372円お得です。

 

  • 200kWh使用時

東京電力: 120 x 19.52 + 80 x 26.00 = 2342.4 + 2080 = 4422.4円

東京ガス: 140 x 23.24 + 60 x 23.45 = 3253.6 + 1407 = 4660.6円

200kWh使用時は東京電力の方が238.2円お得です。

 

  • 250kWh使用時

東京電力: 120 x 19.52 + 130 x 26.00 = 2342.4 + 3,380 = 5722.4円

東京ガス: 140 x 23.24 + 110 x 23.45 = 3253.6 + 2579.5 =5833.1円

200kWh使用時は東京電力の方が110.7円お得です。

 

  • 300kWh使用時

東京電力: 120 x 19.52 + 180 x 26.00 = 2342.4 + 4680 = 7022.4円

東京ガス: 140 x 23.24 + 160 x 23.45 = 3253.6 + 3752 = 7005.6円

300kWh使用時は東京ガスの方が16.8円お得です。

と言うわけで、だいたい300kWh以上使う家庭であれば東京ガスのメリットは享受出来そうです。

ちなみに第3料金になるとまた単価が変わってくるので、使えば使うほど東京ガスの方がお得になります。

 

  • 400kWh使用時

東京電力: 120 x 19.52 + 180 x 26.00 + 100 x 30.02= 2342.4 + 4680 +3002 = 10024.4円

東京ガス: 140 x 23.24 + 210 x 23.45 + 50 x 25.93 = 3253.6 + 4924.5 + 1296.5 =  9474.6円

400kWh使用時は、東京ガスの方が549.8円お得です。

 

インターネット提携

直接お話は聞かなかったのですが、もらったパンフレットに記載がありました。

所謂、ドコモ光やOCN光のようにフレッツ回線を借りて東京ガスで「東京ガス光」をしているわけではなく、

既存の「◎◎光」と提携して安く提供しているということみたいです。

ちら見してみると結構安い。

現在がフレッツ光(3250円)+プロバイダ―料金(1296円)の合計4500円程度、

提携のDTI 光がプロバイダー料込みで3600円のところ、3500円で使えるとのこと。

http://home.tokyo-gas.co.jp/service/hikari/img/index/provider.pdf

光コラボの料金はフレッツに比べて結構安いみたいなのでこれを機にこっちも乗り換えることに。

※注意※
私に使っているプロバイダー(インターリンク)は「いつでもやめていいよ!」というスタイルの2年縛りがないプロバイダーです。
通常のプロバイダーだと解約月以外に契約を打ち切った場合違約金が発生する可能性があります。

 

まとめ

電気を東京がガスに乗り換えるぜ!へへへ!って記事の予定が

東京ガスに切り替えることのメリット(数十円~数百円?)より、付帯して切り替えることになったインターネット(1000円ぐらい)のほうが節約効果が高いという。

まぁなんにせよ、生活費を安く抑えられたら嬉しい限りです。

ちなみに、東京ガスで電気をまとめるとなぜか

クックパッドの有料会員ページが見れるみたいです。

地味に300円程度するコンテンツなのでこれが一番うれしかったりします。

みなさんも、少し見直してみると、年間で考えて数千円程度ならお安く出来る・・!

かもしれませんよ!

 

関連広告

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-お金・節約, ライフスタイル

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.