お金・節約 ライフスタイル

マイホーム欲しくなってきたので信用情報を開示してみた

更新日:

本日もNUKO@LOGをご覧いただきありがとうございます。NTARO(@nukolog2016)です。

マイホームが買いたい男の話

今年の目標に挙げてたんですが、ぼくはそう遠からぬ未来に現在の会社を退職して、自分の父親が経営する会社に身を置こうかなと考えています。(まだ考えているだけで、一応今の会社の仕事は全力でやっているつもりです(。-`ω-)b)

嫁ちゃんから出された課題である資格取得(もしも父親の会社の経営が危なくなった時に再就職出来るのかとか)を何とかクリア出来そうなので次のステップとして「現在の生活水準の維持」を考え始めました。

今の会社は福利厚生がなかなか良くて、住宅手当として社宅扱いで6万円ぐらい住宅手当が出てます。家賃が12万円ぐらいなのでぼくの負担も6万円ぐらいです。で、「現在の生活水準の維持」を考えた時に「同じ物件に住み続けるとして」(実際には子供も産まれたので引っ越すのが妥当だと思うけど)、12万円の家賃を負担しなければならない。まぁ給与的なところは父親との労使交渉にかかってるとは思うけど(その分給料をあげてもらううとか)、少なくとも6万円を会社支給するなんて高福利厚生の会社ではありません。

んで、考えたのがさすがに月に12万円も家賃を収めるのであれば、家買えんじゃね?ってコト。ただ不安はカードローン的なものがフィーバーしていること。現在はだいぶ返済に回せるようになったけど、その昔はカードローン&キャッシングで自転車操業していた時期があります。よくこれで結婚できたものだと自分を褒めたいほどに。(全く褒められることではありませんが)

その時のやり繰りで遅延があったような…という節があり、ローンの相談の時にゲロった方が前向きな相談が出来るらしいので今のうちに確認しておきたいなぁと思ったのです。

前置きが長くなりましたが、要は「カードローン使っていた男が」「住宅ローンを組む前に」「自分の状況を整理しておきたかった」というお話です。

 

信用情報取り扱いを行っている機関

信用情報は色々なところに登録されているらしく、ざっと調べたところ、以下の3つが代表的なところみたいです。

  • CIC(Credit Information Center)
  • 日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター

CICというのは、信販系と言われており、車のローンや分割払いなどの事故履歴が掲載されているらしい。※これはスマホの分割払いなども対象らしく、携帯の料金遅延があると結構マズイことになってる人もいるらしいです。

次に、日本信用情報機構というのは、CICに乘らないような金融機関(わりとダーティーなところも?)の事故情報が掲載されているらしい。

最後に、全国銀行個人信用情報センター。これは銀行系のカード、ローンの事故情報が登録されているらしい。

今回はとりあえずオンラインで即座に開示できるCICを見てみることにしました。開示方法は公式HPに詳しく載っているので参照してみてください。PC、スマホで開示出来て、自動音声対応なのにサービス提供時間が決まっている(8:00~21:45)ので注意です。手数料は1,000円かかり、クレジットカード引き落としのみ対応しています。

 

開示された情報

開示された情報はこんな感じ。頭紙では「とりあえず登録情報はあったよ」って報告。詳細は別紙で。あとは入力情報がつらつら有ったので赤く塗りつぶしてみました。

画面中央上部には「登録元会社」。これは三菱住友VISAカードのデータなので登録元が三菱住友カードになってるようです。各シートで4か所ぐらい確認しました。大事な情報は1番したの「入金状況」らしく「$」or「-」or「空欄」であれば特に遅延などは発生していないらしい。あとは画面中央の「お支払いの状況」の「31.終了状況」。これが「完了」になっていれば解約済みのようです。このカードは現役で使いまくってるカードなので空欄です。もし「終了」になっている場合、右上の「保有期限」が設定され、保有期限を過ぎたデータは破棄されるらしいです。

 

事故ってる情報はこちら。「お支払いの状況」がすでに完了になっているので解約済みですが、H25年12月に「$」ではなく「A」の記載があります。これはお客様(ぼく)都合で支払いが遅れたという内容です。ダメ男です。この情報が消えてくれるのは保持期限である平成32年です。あと2年ぐらいは「事故情報」が残り続けるということらしいです。うーむ。ローンの審査どれだけ影響するかは不明ですが+印象ではないですね。

 

見ていて「オイオイ」となったのはこちら。まず「事故カード」であること。そしてそれが「完了」になっていないこと。オリコカードさんは一時期すごくお世話になったのですが、借り換え等でほぼ一本化出来たので解約したはずでした。最終貸付日も平成26年なので3年前になっています。こちらは解約扱いになっていないようなので保有期限がまだ未記載。そのためこの事故情報はあと5年ほど残ることになってしまいます。うーん、なぜ解約されていなかったのか。クレームしてみよう…。

 

ちなみに、携帯電話の情報はこちら。ソフトバンクのiPhoneを割賦で買ったときのですね。こちらは特に遅延もなかったらしいのですべて「$」で「完了」になっています。

 

まとめ

ぼくのダラシナイクレヒスを晒してみましたが如何だったでしょうか。まず、結果としては支払い事故があったのはH25年が最後、それ以降は特に遅延なく払えていることがわかりました。次に、使っていない不要カードをいくつか発見することが出来ました。改めて見て「ああ、そんなカードあったなぁ(カードがどこにあるかはわからない)」という危ない状況だったので本日解約手続きをしました。所有クレジットカードはすべて載っているかなぁという感じ。カードローンの「BANQUICK」「楽天銀行カードローン」にお世話になっていますが、「BANQUICK」は「アコム」として記載がありましたが、「楽天銀行」の記載はCICにはありませんでした。

今後の予定としては、来月のボーナスでBANQUICK(アコム)を完済して「完了」とする。現在クレジットカード支払いを1つのカードにまとめているので、統合がおわったら不要のカードを解約する。以上をすることで、現在の状況としては

  • 直近3年では支払い事故は起きていない
  • クレジットカードは3枚所有、キャッシング等は無し
  • 「アコム」が完済、未記載の楽天銀行のみ借り入れがある

という状態になります。ちなみに楽天銀行の住宅ローンのほうへ確認したところ、楽天銀行カードローンの支払いがあっても住宅ローンを組めることは確認できました(35年で3900万ぐらいならたぶんオッケーらしい)。一つづつ障害をクリアして借金完済、マイホーム調達を目指していきたいと思います。まる。

 

 

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-お金・節約, ライフスタイル
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。