お金・節約 ライフスタイル

[ #ポイ活 ] 者必見。クレジットカード発行案件時に気を付けること

投稿日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。ケンタロウ(@chagokent)です。

最近、「#ポイ活」をやっているのですが、見れば見るほどクレジットカード発行案件やりたくなっちゃう。

しかし、クレジットカード発行案件はやりすぎると「信用情報が傷つく」恐れがあるのでスマートに利用していきましょう!

 

クレジットカード発行案件のリスク

上記の通り、クレジットカード発行はむやみに発行しすぎると信用情報が傷つくかもしれない、というリスクがあります。

が、これはむやみに恐れることはありません。

クレジットカード発行には所定の審査があります。

落ちる理由はこんな感じ

  • 利用実績に疑いがある
  • クレジットカードを作ったことがなく、信用情報がない
  • 他社のクレジットカードでの借入額やローン残高が多い
  • クレジットカードを発行する基準を満たしていない

クレジットカードを発行する際は『ショッピング枠』と共に『キャッシング枠』というものを設定されることが多いです。

ショッピング枠は通常決済で利用できる決済上限、キャッシング枠は無担保で借り入れできるローン枠です。

特にキャッシング枠は勤務先や、年収などで申込者によって上限が大きく異なるので『キャッシング枠30万円』みたいなのを何枚も発行すると自身の信用(クレジット)では賄えきれなくなり、発行NGとなる可能性が出てきます。

 

クレジットカード発行NGとならないようにする対処法

月1枚の発行に留める

クレジットカードはその名の通りクレジット(信用)で成り立っています。

1度に大量のクレジットカード発行申し込みをしたら?

友達が、僕や友達何人にもお金を借りようとしていたら?

ケンタロウ
ああ、こいつお金ないんだなぁ

って思っちゃうよね?

友達なら貸すかもしれないけど、ビジネスで、しかも回収のリスクもある状態だと

Nukoさん
こいつにはやめとこ…

ってなりますよね。

多重申し込みは1か月に3枚程度と言われていますが、安パイで1枚までに留めておいたほうが良い、と陸マイラー、ポイ活者の間では言われています。

 

キャッシング枠を無くす、なるべく減らす

信用情報を消費するといわれているのは一般的には「キャッシング枠」です。

なので、申込時に「キャッシング枠」を減らす、無くす路線で発行したほうが良いと思います。

ポイント獲得条件に「キャッシング」が必要なものもあるので、発行、ポイント獲得後にクレジットカード会社に連絡をしてキャッシング枠を減らしてもらう処理をしてもらうとよいと言われています。

 

1年間、少額でも使う

信用情報のことを調べるとわかるのですが、主に利用されるCICという信用情報調査機関があります。

この信用情報信用機関では、支払い実績を記載しています。

ちゃんと支払われた、支払い無し、遅延があった、未入金…などなど。

基本的には「ちゃんと支払われた」であれば良い信用情報が積みあがっていきます。

つまり、「100円」だろうが「100万円」だろうが「ちゃんと支払われれば」良いわけです。

 

年会費有料のカードもたくさんあるので、更新はしないにせよ、一定期間は「少額でも」クレジットカードを使って信用情報を積み上げていくことが大切と言われています。

 

クレジットカード発行NGになってしまった時

クレジットカード発行NGということは何かしらの上限、審査に引っかかってしまったということになります。

この状態で申し込み続けても「NGの履歴」が積みあがっていくだけでデメリットしかありません。

なので、一度NGとなってしまった場合には「半年ぐらいおとなしく期間を空ける」ということがよいと言われています。

 

まとめ ご利用は計画的に

読んでみて気づいた方もいるかもしれませんが、ここに書いてある情報は「と言われています」という情報です。

何せ、個人情報の中でもお金に関する情報です。

審査基準についても「各社の基準」によるところも大きく、一般公開される情報ではありません。

が、これら皆の情報が集まって「なんとなく危ない基準」が出来上がっている状態です。

ケンタロウ
ご利用は計画的に、楽しくポイントを大量獲得していきたいですね!

関連広告

-お金・節約, ライフスタイル
-

Copyright© NUKOLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.