お金・節約 ライフスタイル

NEMが盗まれた日(記者会見簡易まとめ)

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

 

なんかすごいニュース来ましたね。

 

というわけで、1/26の23:30よりCoincheck社による記者会見が行われたので気になったポイントをピックアップ。

記者の質問が行ったり来たりし過ぎなのでめっちゃ分かりづらかったw

 

Contents

580億円は顧客の資産なのか?

580億円は顧客の資産

 

対象の被害者人数は?

調査中

 

補償する考えはあるのか?

検討中、お客様の保護を最優先で考えている。

 

補償に充てる財力はあるのか?

財務状況にどれだけのインパクトがあるかは確認中。なるべくお客様に迷惑が掛からないようにしたい

 

セキュリティがあまかったのでは?

セキュリティ対策は最優先で取り組んでいた。

 

怪しいメールとか、ハッキングの可能性はあるのか?

今のところ、怪しいメール等は確認されていないが、事実を調査中

 

NEM以外の被害は?

NEM以外の被害は確認されていない

 

資産の管理方法は?

ホットウォレット(ネット上の仮想通貨ウォレット)で管理していた。

コールドウォレットでの管理はシステム的に難易度が高く、取り組んでいる最中であった。

 

今回はハッキングであった?

外部からの不正アクセス

 

不正アクセス先は国内?

追跡中

 

救済措置としてNEMのハードフォークがあると思うが、検討しているか?

NEM財団にオファーはしたが、ハードフォークは出来かねると返信

 

一部機能を停止しているが、いつまで停止している?

安全に取引が再開できる目途が立つまで未定

 

投資の優先順位について反省はあるか?(コールドウォレットへの移行などが終わっていないのでテレビCMへの投資に注力した?)

その点については反省している

 

顧客の資産は全額戻るのか?

NEMも含めて検討している

 

他の通貨も合わせた取引額や、残高は?

確認中

 

 

NEMがなくなったが、それをもっていた顧客のデータなども消えてしまった?

取引データは残っている

 

bitcoin決済などを導入している他のサービスへの影響は?

基本的にはないはず

 

顧客の暗号鍵を盗まれてしまったからNEMが盗まれてしまった?

はい

 

それは取り戻せるのか?

取り戻せない

 

コールドウォレットへの移行はお金の問題?技術?人の問題でできなかったのか?

技術とそれを実施する人材の不足の為

 

投資の優先度が間違っていたのでは?

開発には取り組んでいたが、間に合わなかった

 

不正アクセスされたアカウント数は?

調査中

 

復旧の見通しは?

未定

 

一気に500億円近く抜かれたのか?

数回に分けて抜かれた

 

すぐに気づけなかった?

気づいたタイミングで対処した

 

補償の方法は?タイミングは?

検討中。

 

他の通貨が補償に充てられる、日本円が補償に充てられる可能性は?

検討中。

 

日本円を預けている人はキャッシュロックアップされている状態になっているが?

今後の対応は検討中

 

金融庁の取引所登録がまだ済んでいないが、どういう状況なのか?

金融庁の判断なので、登録のめど等は不明。登録できるよう準備は進めて、登録できると思って事業を進めている。

 

コインチェックが狙われたのは他の取引所よりセキュリティが弱かったからでは?

それはない、セキュリティは高い

 

NEMはマルチシグで管理していた?

マルチシグではない

 

それはセキュリティが甘いということでは?

準備中ではあった

 

それで顧客が納得するのか?お客さんの資産を預かる立場として認識があまいのでは?

資産を預かる立場としてやれることはすべてやる、我々としてはやれることはすべてやっていた。

マルチシグも実装予定ではあった。具体的時期は未定であった。

結果的に迷惑をかけてしまった状況について、申し訳ないと思っている。

 

他の通貨にマルチシグはかかっている?

一部の通貨にはマルチシグがかかっている。かかっていない通貨もある。

 

NEMが狙われた理由は?

不明

 

580億円分のNEMを取り返して補償する以外の手段は持ち合わせているのか?

検討中

 

日本円をも引き出しをロックしている理由は?

どのような対応をすればお客様に安心してもらえるかを検討中

 

今後事業は継続するのか?

継続する方向で検討している

 

580億円を日本円で返すことになった場合、その資金はある?

どのような対応にするかは検討中

 

原因:セキュリティが甘い 対応:検討中

まぁすでにいろんなところで言われていますが、ほぼすべての回答が確認中、検討中でした。

まぁそりゃね。会社の金庫から500億円以上なくなって調べてたら1日なんてあっという間に過ぎるしね。

他の回答の答えを準備する時間は皆無だと思いました。まあしょうがない。

 

みんなが一番気にしているのは「俺の金、仮想通貨はどうなるの?」ってこと。

以前のMt.GOX以上の被害額によぎる「倒産」の文字。会見前までは界隈のチャットが阿鼻叫喚でした。

 

会見を見てみると被害はNEMだけで500億以上。確かにデカいが他の通貨は守られた模様。

となると、最悪NEMは死ぬけど他の通貨生きてる可能性が高いか?

 

そしてCoinCheck自体も500億は無理でも多少補てんする気はありそうな回答。

みんなで痛み分けか、NEMを持ってる人に死んでもらうかの2択になりそうな気はします。

NEM持ってない人からすればみんなで痛み分けは絶対に避けたいところですが。

 

私?

ほぼBainanceに移してるけど、CoinCheckに残っている金額(今朝の評価額で10万円)のうち9万円がNEMです(。-`ω-)b

てへぺろ。

 

関連広告

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-お金・節約, ライフスタイル
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.