ブログ ブログ-ブログ論

記事の顔!アイキャッチ画像を全力で作ってクリック率アップ!

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

ブログの顔、アイキャッチ画像、サムネイル画像について重要性を考えてみました。

まずはアイキャッチ画像って何を表しているかわかりますか?↑の画像です。正確には、トップページや関連ページに表示される記事のタイトル横にある画像です。ちなみにこのブログではアイキャッチ画像と同じ画像を記事の上部に表示するように設定しています。

いい感じの画像を適当にははればオッケー!というわけではなく、真面目に作ってそれっぽいブログの形にしていこう!という考えです。

強烈な印象を与えてクリック率を上げる

検索エンジンからブログに訪れる場合、アイキャッチ画像よりもタイトル、記事の内容が重視されます。これは検索ユーザが「ワード(文字)」検索するので、記事の内容が評価されてブログに訪れるためです。

しかし、Twitter、facebookなどでのシェア、まとめサイト掲載時には少し話が変わってきます。ユーザは特定のワードを検索することはしないで、流れてくる情報から気になるものをピックアップして閲覧をします。この時重要になるのがアイキャッチ画像、サムネイルの「画像情報」です。記事内容を適切に表した画像はタイトルを読むよりわかりやすく、情報のワゴンセールの中で「俺を見ろ!」という主張をすることが出来ます。百文は一見にしかず、という感じでしょうか。

百聞は一見にしかず、をもじってみましたが意味は同じです。タイトルと導入分をちらっと見るよりも、サムネイル、アイキャッチ画像がしっかりしていればそれだけで記事の中身がなんとなく推測出来て、興味があればクリックしてみようかな?という気になるのです。たくさんのニュースが乱立している中、自分のサイトを見てもらうにはやはり、パッと見の第一印象でクリックする/しないが分かれると思います。

 

どうせ作るならマジメに作れ!

アイキャッチ画像を作る重要性はなんとなく理解してもらえたかと思います。ブログの作業って結構終わりが見えない作業で妥協してしまいがち。しかしだからこそ、真面目に作れ!と思っています。

先日公開した「カエレバ・ヨメレバを導入して機会の取りこぼしを無くそう!」というエントリーを例に挙げてみます。

最初に作ったアイキャッチ画像はこちらです☟

パッと見良さそうなんですが、少し長方形です。ブログのテーマや表示方法によっては何の問題もないと思うのですが、当サイトのテーマだとアイキャッチ画像は長方形ですが、正方形に表示されるサイトもあります。そうすると画像のサイドが切り落とされてしまいます。せっかく作っても「細かいところに気を配ってないな」というのが一発で見て取れます。なんかもったいないです。

正方形にすると、このように切れてしまいます。肝心の「カエレバ・ヨメレバ」というワードがよめず「ん?」となってしまいます。

正方形のアイキャッチ画像にするならこんな感じでしょうか?

これは画像をちゃんと正方形に加工した状態で作成し、そのうえで文字が切れないように配置しました。また見てわかる通り、「カエレバ・ヨメレバ」というワードを目立つように置いてあります。これもアイキャッチ画像で小さくなってもしっかり読めるように大きく、目立つように置かれています。

 

まとめ

画像から得られる情報は色々あります。上記の画像であれば、「カエレバ・ヨメレバというサービスの紹介なんだな」、「Amazonを使っているとさらに活かせるんだな」、という具合です。特に、カエレバ・ヨメレバの部分を少し大きくしてみて色付けをすることで画像が小さくなっても見やすくしてみました。

アイキャッチ画像はまさに画竜点睛。記事を書き終えて、投稿する前、最後の〆としてカッコいいブログの顔を作ってみては如何でしょうか。

 

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ブログ, ブログ-ブログ論
-

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。