ライフスタイル ライフスタイル-子供・子育て

妊活準備!虫歯の治療や保険の検討は事前にしておこう!

更新日:

妊婦になる前に準備しておいたほうが良いこと

f:id:Udonya:20160903082114j:plain

 

自分の嫁が妊娠中だからなのかわからないけど、最近妊婦さん多い気がする。

目につくだけかな?

 

少子化、晩婚化なんぞ言われておりますが一周回って子供欲しい家庭が増えたんでしょうか?

うちはそろそろ子供作ろうか~なんて言ってたら割りとすぐ授かったもんでなんかこう色々準備する前にドタバタ進んじゃいました。

 

いざ妊娠して、色々調べてみると「妊娠する前に」やっておいた方がよいこともチラホラあったのでご紹介しておきます。

 

歯の治療

f:id:Udonya:20160903082217j:plain

 

麻酔の影響や、「歯医者」という独特の緊張感で妊娠初期には歯の治療が出来ない(推奨しない?)ようです。

色々不安になるぐらいなら、妊娠前に治療を終えておくことをオススメします。

 

保険

f:id:Udonya:20160903082534j:plain

 

「出来ちゃった…てへっ」みたいな事故ではなく、「さぁ、作ったるで(キリッ)」という方は先に保険に入っておくとよいと思います。

 

妊婦になってからだと入れない保険や一部(出産にかかわる事故など)が保険適用外となつてしまうことがあるようで。

「出産用」の長期入院や帝王切開の保険も「妊娠前」に加入する必要があるようです。

 

検査費用

f:id:Udonya:20160903082715j:plain

 

調べてみると出産にはそこそこお金がかかります。

もちろん、「出産一時金」のようにある程度まとまったお金をいただける制度もあるのですが、これだけじゃ足りません。

ウチは東京都大田区に住んでいるのですが妊婦健康診査受診票というのが支給されました。

検診費用の5000円~8000円程度を免除してもらえるものですが、最初の1~3回(妊娠が確定するまで)ぐらいの検診では使うことが出来ませんでした。

エコー代なども含めて、3~5万円程度かかったと思います。

その後は1回の検診で3000円程度の負担で済むようになりました。

 

追記:入院費など含めて15万ぐらいは自己負担あった気がします!生まれてからも結構お金かかる!大変!

 

予防接種

f:id:Udonya:20160903082722j:plain

ちょうどいま流行ってるらしいです、麻疹(はしか)

風疹や麻疹は妊娠初期にかかってしまうと胎児に影響大きいらしく、予防接種をあらかじめ受けておくことをオススメします。

パートナーの男性も同じく。(まぁ男は何時でも受けられるけども。

 

一緒にやらないと多分やらんでしょう?)

 

検査で4000円、予防接種で6000円程度と言われましたが

上記同様、大田区のサービスで検査無料でした。

 

まとめ

以上、現在妊娠6カ月目。

大分安定してきたので、あとは生まれる前にまたザワツクかな、という思いです。

 

最近急にお腹も大きくなってきたもんで、妊娠線ケアクリームとかも使い始めました。

www.nukolog.com

 

心穏やかに過ごせることが一番だと思うので悩み事があるときは先に潰してからレッツ妊活してください\(^o^)/

 

よくわかる妊娠・出産―妊娠初期から出産まで、産後すぐの育児も、すべてがわかる! (主婦の友生活シリーズ)

よくわかる妊娠・出産―妊娠初期から出産まで、産後すぐの育児も、すべてがわかる! (主婦の友生活シリーズ)

 

 

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-ライフスタイル, ライフスタイル-子供・子育て
-,

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。