漫画/アニメ 趣味

(美少女)アンドロイドが強い!BEATLESS感想

投稿日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 ドン氏(@nukolog2016)です。

最近NeiR Automataの記事をきれいにしているのですが、執筆のお供がこれでした。

ドン氏
美少女×アンドロイド=イイ

BEATESSの世界

近未来の自動化世界

beatless_無人タクシー

はい、大好きな近未来話きました。

この世界では社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界になっています。
様々な仕事をhIEがこなすだけでなく、自動運転の無人タクシーや、発達したシステム(hIEを動かすためには必須のバックグラウンドなんだと思う)など

ドン氏
ああこれこれ、はよこいこの世界

という感じの世界が描かれています。

 

レイシア級

beatless_レイシア

主人公の美少女hIEは「レイシア」といい、姉妹機が「レイシア級」として数体存在します。

レイシア級のhIEは、レッドボックス。つまり「人類未到産物」といい、「人間以上の知性を持つ超高度AIがつくる、現時点の人類では理解できない超高度技術の産物」です。
レイシア級のhIEたちは超高度AIに導かれて、一歩ずつ開発された超すごいhIEなのです。

この技術って、現代のAIでもかなり近い感じになってきてるんですよね。
最近はやりのAIって深層学習といい、機械にものすごい量の情報を与えて自動的に学習してくシステム(たぶん、ザックリそんな感じだと理解しています)です。

例えば、「赤いくて丸いモノ」が写っている写真を膨大に用意して、「この画像はリンゴの画像」「この画像はサクランボの画像」などをひたすらインプットしていきます。

そしてその特徴を学習したAIは膨大な資料以外の「赤くて丸いモノ」を「これはリンゴである」と分類出来るようになるのです。
他には囲碁や将棋なんかのAIとかも有名ですよね。

話がかなりそれた気がしますが(笑
これらAIが導き出した答えが「どういう理論でその答えが出てきたか。なぜそうなったか。」が最近わからなくなってきているそうです。

つまり、AIによってAIが作られる日もいずれ訪れるような気がしています。

スポンサーリンク

アナログハック

beatless_アナログハック

面白いワードとして、「アナログハック」というワードが出てきます。
アナログハックとは『「人の形をしたもの」に対して様々な感情をもってしまう人間に対するハッキング』です。

警察官の恰好をしたhIEに「この人は警察官だからいうことを聞く」というハッキングをされた人間が、「こいつはhIEで警察官ではない」ことをに気づき怒り出したりするシーンがあります。

泣いているhIEがいたら一瞬でも「かわいそう」と思ってしまう人間。
笑いかけてくれるhIEがいたら「よかったな」と思ってしまう人間。

感情に対して訴えかけられると弱い人間は「ちょろい」人間なのかもしれません。(理論派は手ごわい)

 

まとめ 君に魂がなかったとしても

いま、様々なものが自動化され、これからの時代は確実にBAETLESSの世界に近づいていくと思います。
今この記事を書いている横で、ニュースとしてクロネコヤマトの無人配達車のニュースが流れていました。

もちろん、人型ロボットのペッパー君などhIEの走りともいえるロボットもどんどん進化していくでしょう。
そんな中、流暢にしゃべる女性型ロボットが家にいたらどうでしょうか。

それはほとんど人間と変わらない。家事や身の回りの世話をしてくれる。対話ができる。

モノに対して様々な感情を持つようになるのは自明の理な気がします。

全く触れてませんが、hIE同士だったり、それを利用しようとする人間だったりが割とドンパチやるバトルアニメだったりするので、そこらへんが好きな方もぜひ見てみては如何でしょうか?

ドン氏
レイシアのオーナー(少年)が美少女hIEのレイシアとどんどんラブラブになっていってうらやまけしからん

タグ:APV(Amazon Prime Video)

公式サイト ☟こちらから見れます。無料体験アリ、月額での契約も可能になりました。

関連広告

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-漫画/アニメ, 趣味
-,

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.