IT・ガジェット お金・節約

au pay毎週10億円キャンペーンに参加した話

初週2日で瞬殺されたau pay 20%還元祭り。久々の祭り感に胸躍り財布踊る方も多いのではないだろうか。

欲しいものが安く買えると喜ぶ者。

転売で儲けようと企む者。

どうせ転売されるならと値段を吊り上げる販売店。

様々な思いが交差する祭りの一端を担ぐべく、僕もビックカメラへと足を向けた。

ケンタロウ
ケンタロウです。YouTubeチャンネルもあるので見て!そしてチャンネル登録をして!

引っ越しに伴いエアコンを購入

現在、絶賛引っ越し準備を進めている最中なのだが、引っ越し先の物件にはエアコンがない。

その為、自分でエアコンを準備しなければならないわけだがこのタイミングでau payのキャンペーンが発表された。

渡りに船。棚から牡丹餅。ケンタロウにau pay。

エアコンのない部屋は6畳程度なので最低限のエアコンでよいらしいのでビックカメラに行って本当に最廉価のエアコンを購入した。

それでも約4万円+1万円の取付工事費。

そこからau payを用いて1万円分のポイント還元。

三井住友カードのキャッシュバックキャンペーンを用いて8000円の還元。

ちなみに今なら12,000円キャンペーンをやっているので三井住友カードを作ったことがない人には強くお勧めする。

合わせて18,000円の還元で約32,000円で購入することが出来た。

余談ではあるが、エアコンは中古で購入も検討したのだがヤフオク!で競り落とすと価格そのものは安く抑えられるものの、送料がそれなりに高い。

エアコンというのは室内機だけでなく室外機もセットだから大きな箱が2箱になってしまう。盲点だった。

 

au payのキャンペーンに合わせてお店側は値上げ

https://twitter.com/keifaiz/status/1226080461870391296

この手のツイートは非常に多く見られた。

ビックカメラが特に顕著だったが、値上げ後でも通常時よりは多少まし(ポイント含め)なのでWin-Winなのだろう(気のせい)

こういうキャンペーン時には焦って他との検討を疎かにしがちだが、いつも通りAmazonや楽天と比較してみて本当にお得なのかを吟味したい。

価格.comにも値段の推移が載ってるので参考にしょう。

ちなみにビックカメラで購入したエアコンは1週間前に下見済みなので問題ない。

 

今回のau payキャンペーンは縛りが緩い

20%で上限3万円。つまり15万円使ってようやく3万円に到達する。

1シーズン3週間あるとはいえ、7週間で35万円(3週間15万x2、1週間5万x1)使ってようやく上限の7万円の還元を受けることが出来る。

庶民的な感覚ではあるが、一般人がau payが使えるお店だけで7週間で35万円も使うのだろうか。

余程の高給取りなら使うかもしれないが、そんな人は20%還元に殺到するような人種とも思えない。

その結果、以下のような事態になる。

iPhoneは普段割引販売はほとんどない。

その為、20%還元でSIMフリーiPhoneを購入し、そのまま新品未開封として売却することで差益で1.5万円ぐらい儲けられる。

儲けられる転売ヤーには大きく稼ぐチャンスではあるが、その結果、1週間の予算である10億円にそうそうに到達し、月曜日から始まった還元キャンペーンは2日で終了となってしまった。

これはau pay側、普通に使おうとしている側にとっては大迷惑だ。

この原因は、「上限3万円と20%還元」の縛りだけしかないのが理由だと思う。

長期でキャンペーンを持続させて、たくさんの人に使ってもらうには「1回の買い物辺り○○円まで」という条件を加えるべきだと僕は考える。

 

paypayモールは100億円だけどロングランしてる

100億円あげちゃうキャンペーンで華々しくキャッシュレス決済を牽引しているpaypayはというと、実は現在も100億円相当あげちゃうキャンペーンを行っている。

これは、paypayモールでの還元ではあるが、約10%~20%還元されるそれなりに美味しいキャンペーン。

このキャンペーンは2019年11月1日 0:00~2020年1月31日 23:59までを予定していたが、予算が余っているのか2020年3月31日 23:59まで期限延長された。

100億円相当あげちゃうキャンペーン(9%)で付与されるPayPayボーナスライトの上限は、お1人様あたりご注文月ごとに10,000円相当までです。

最大20%に含まれる各キャンペーンは、それぞれ付与上限があります。

長く続いている理由はpaypayモールでしか使えない点も勿論だが、一人当たりの上限がかなり低く設定されているのが理由だと考えている。

1万円が上限であれば、差益で儲けることが難しくなってくるので健全な使い方がされて皆が幸せになれる気はする。

 

d払いはコンビニで使えるキャンペーンが多い

僕はd払いは割とよく使う方ではあるが、d払いではコンビニで使うと20%、10%還元というのを最近ではよく見かける。

d払いでも、期間内の上限は少な目だが、そもそもコンビニで10万円を超える買い物をする人もほぼいないだろう。

スーパーで買い物をするよりも、コンビニで割引で買った方がお得な場合も出てくるので使う楽しさと実益が伴い、こちらも幸せになる人は増える気はする。

 

キャンペーンは続くので乗りたい人は「月曜日」「火曜日」狙いで

お店は値上げ、転売ヤーによる喰い散らかし。

今回のau payのキャンペーンは普通に使いたかった人たちにとっては使うタイミグもなく第一週が終わってしまったのではないか。

実はこのキャンペーン、au IDを何個も取得すれば実質無制限で参加できるキャンペーンなので今後も喰い散らかしは続くと考えられる。

僕のように狙ってほしいものがある人は次の月曜日、火曜日をターゲットに動く必要があるので計画的に動くことをおススメする。

理由は、「翌日に上限10億円に達すると判断した翌日の23:59分まで」がその週のキャンペーン期間であるため。

今回のように、月曜日に大きく買い物をされると翌日の火曜日には10億円に達する判断を下されて、火曜日にキャンペーン終了となるからだ。

ケンタロウ
自分のことを棚に上げればこういう使い方が一番望まれるんだろうね。

https://twitter.com/maimomo777/status/1227164977548521473

動画

  • この記事を書いた人

ケンタロウ

一児の父、31歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 →2018.6末で無事転職しました!心機一転頑張りマウス。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-IT・ガジェット, お金・節約

Copyright© NUKOLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.