お金・節約 ガジェット ガジェット-iPhone/スマホ関連 ライフスタイル ライフスタイル-お金・節約

【MAX50GBプラン!】イオンモバイルの料金プランとおすすめポイント

更新日:

MAX50GBのイオンモバイルをお得に使い倒す

イオンモバイルはこんな人にオススメです!

  • データ通信量を気にせず使い倒したい
  • スマホ・タブレットなどを複数所持していて、SIMをいくつか使いたい

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]今日はイオンモバイルを見てみよう[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]イオンでサポートも受けられるって聞いたので、近くにイオンがある人にはいいかもしれない![/voice]

料金プラン

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]イオンモバイルの料金プランは…[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]プランは…[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]29種類ある…![/voice]

 

ということでイオンモバイルの料金プランです。

29種類といっても、データプラン、音声プラン、シェアプランなどが全通り組み合わさってるだけなので実質そんなに多くありません。

音声プランの有無、データを1~50GBで選ぶ、データシェアSIMをもらうかどうか、だけを決めればOKです。

 

音声プラン

音声通話、SMSの利用が出来るプラン。
音声プランはデータプランに+500円~800円を足したイメージ。
データプランのデータ容量が大きい程音声通話の基本料金は下げているようです。

 

データプラン

データプランは容量が10種類準備されています。

データプラン 料金
データ1GBプラン 480円/月
データ2GBプラン 780円/月
データ4GBプラン 980円/月
データ6GBプラン 1,480円/月
データ8GBプラン 1,980円/月
データ12GBプラン 2,680円/月
データ20GBプラン 3,980円/月
データ30GBプラン 5,380円/月
データ40GBプラン 7,480円/月
データ50GBプラン 10,300円/月

実は1GBあたりの値段で見ると50GBプランは206円。

40GBプランは187円。30GBプランは179円。20GBプランは199円となっている。

50GBで多ければ多い程お得というわけではなく、一番コスパがいいのは30GBプランとなっている。

 

シェア音声プラン

SIMカード最大3枚を同じデータパックで使うことが出来るプランです。(音声+データSIM1枚、データ専用SIM1~2枚)

複数の端末や、家族間で使う場合などに重宝しそう。

複数契約するのであれば、一つの契約を大きなパケットパックにして共通化して使った方が使い勝手もお値段もお得だと思います。

 

オプション

安心パック系のオプション

端末の保証と、電話サポート、セキュリティ系の保証がセットになったもの。バラでも契約可能。

サポート系は個人的にはゴm(ryなので不要、端末保障は不慮の事故(落下、水濡れ)に対応して交換保障してくれるので端末をイオンモバイルで購入する場合はつけておいてもいいかなぁって感じです。

 

電話の付加機能系のオプション

イオンでんわ、イオンでんわ5分かけ放題。

イオンでんわは登録して、イオンでんわ経由で通話をすれば通話量が10円(税抜)/30秒になるアプリ。まぁ電話をする人は入れておいて損はなし(月額無料です。)

 

5分かけ放題はある程度通話する人はいれておいてもよい。月額850円。目安としては月に42分以上話す人は入っておけばお得になる可能性が高い気がします。

850円(月額)÷通話料10円=85課金。

85課金×30秒=2,550秒以上の通話=42分30秒以上の通話、というざっとな計算です。

 

その他

留守電やらアプリ取り放題など、キャリアと似たようなオプション。

個人的にはイラン!

 

追加パケット

1GB/480円。

まぁ安いんちゃう…?ってレベル。普通かな?

 

 

おすすめポイント

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]50GBプランとシェアプラン、あとは国内通話が5分間かけ放題の「イオンでんわ」が特徴的であり、おすすめできるポイントかな[/voice]

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512354056554.png” name=“嫁ちゃん” type=“l”]50GBってかなり多いね![/voice]

スマホだけで50GB使い切ろうと思うと、苦行です。普通の使い方していると。

動画とか軽いブラウジングだけであれば家のPCも賄えるレベル。

例えば動画であれば、視聴する画質や内容にもよりますが、画質が360pの場合で2時間で1GBぐらいらしいです。

なので、単純計算で50GBで100時間、1日あたり3時間以上視聴可能です。

が、高画質になればその分通信量が必要になります。

出典:WikiPedia:<https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Resolutions_(360p,_720p_and_1080p).png>

YouTubeで割と高画質な部類の720pでさえ、画面が4倍の解像度になるので通信量も約4倍、視聴時間は1/4と考えるのが妥当でしょう。

ぼくも過去に盛大に動画を見まくった月がありましたが、外に暇つぶしでYouTube、家でもめんどくさいからWi-Fiにつながずに動画を見る、とかしててもとても50GBは消費できませんでした。意外と壁は高かったです。

 

また、複数端末持ちのガジェット大好きっ子、子供のお遊び用端末にデータ通信カードだけ入れたいお父さんなどにおすすめなのがシェア音声プランです。

ドコモのシェアパケットみたいなもので、3枚のSIMが一つのお財布(パケットが50GB入っている)からパケットを使うイメージです。

例えば、「車用にタブレット1台置いておきたいけどたまにしか使わないし、通信はテザリングでいいか…」というときなどに「とりあえずSIMを刺しておく」が出来るのが魅力です。

他には、お父さんはあまり使わないけど子供が使う、シェアすると丁度良い、という時などに真価を発揮すると思います。

 

まとめ

今でこそ、大手キャリアが「ウルトラパック」とか「ギガモンスター」とか超大パケットパックを出してきていますが、イオンモバイルの50GBプランはかなり先行して出してきたプランだった気がします。

ドコモの50GBプランだと「パケットパックだけで」16,000円かかりますが、イオンモバイルのデータプランであればコミコミで10,300円です。

シェアプラン等を考慮して、「イケル!」と思った方。行けるときに行ってみましょう。

ダメなら解約すればよいのです。

※イオンモバイルには最低利用期間、解約金はありませんが、「180日以内にMNPで転出する」時は通常より割り増し料金が発生します。

 

[voice icon=“https://www.nukolog.com/wp-content/uploads/2017/04/o0255025512383311833.png” name=“ぼく” type=“r fb”]あと、どうでもいいけど「/EON」の「/」って「A」だったんだね…

以上!「AEON MOBILE」のご紹介でした!

気になった方は↓からより詳細な情報をどうぞ!

[/voice]

  • この記事を書いた人

ドン氏

一児の父、30歳男児(”児”がポイント)。 そこそこの規模の会社に勤めるSEだけど、転職を目論みている。 副業、お小遣い稼ぎとしてブログを始める。どこまで発展出来るか実験中です。

-お金・節約, ガジェット, ガジェット-iPhone/スマホ関連, ライフスタイル, ライフスタイル-お金・節約
-,

Copyright© NUKOLOG , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。