漫画/アニメ 趣味

【1話無料】ゴールデンカムイ【まとめと感想】

更新日:

NUKOLOGをご覧いただきありがとうございます。 朝越ケンタ(@asagokenta)です。

この漫画がスゴイ!シリーズです。
アニメも始まる?!とのうわさのゴールデンカムイを紹介します!

作者: 野田サトル
連載:週刊ヤングジャンプ

あらすじ

明治37年。203高地。杉本は戦場にいた。
杉本は戦闘に優れ、不死身の杉本と呼ばれていた―――。

という、戦場をぼんやりと思いだしながら、杉本は北海道で砂金を漁っていた。

「一攫千金」

杉本には金が必要だった。

 

本来であれば「武功抜群」で勲章モノの働きをした杉本が、カネ欲しさに砂金を洗う理由は、気に入らない上官を半殺しにしたから。そんな杉本を気にいった一人の酔っ払いが横から語りかける。

誰にも言ってはいけない内緒の話。

北海道では、昔は多くの砂金がとれた。北海道の原住民、アイヌ民族は日本人から迫害を受けていた。そのため、日本人に対抗すべく、一部のアイヌたちが密かに軍資金を砂金で貯めていた。

それをひとりの男が砂金を持っていたアイヌを皆殺しにして奪った―――。
その量、八萬円(※現代の価値で8億円相当)分の大金塊。

警察に追われたその男は金塊をどこかに隠し、それを誰にも伝えることなく、死刑囚として網走監獄に入れられた。

男には仲間がいた。しかし誰もが埋蔵金のありかを狙うなか、男はその場所を伝えられずにいた。
男は他の囚人に入れ墨を彫った。埋蔵金の隠し場所をしるした暗号を。そして男は囚人に「ここから脱獄しろ」「成功したやつには金塊を半分やる」と告げた。

ほどなくして、囚人たちの入れ墨のうわさを聞いた警察は全員を移送。しかし、外に出た好機を逃さずに、護衛の兵隊を皆殺しにして囚人たちは森へと逃げたのだった。

それっきり。脱獄犯は捕まらず、金塊もどうなったかもわからない――。

杉本はホラだと思い、信じなかった。

ひと眠りしてよいが覚めた男はしゃべりすぎたことを後悔し、杉本に銃を向けた。銃を向けられた杉本は反撃され男は逃走。杉本は男の話を半分信じ始めた。

 

男を追う杉本は、雪の中に埋まり息絶えた男を発見した。男はヒグマに襲われたようであった。死体を見た杉本は驚愕する。男には入れ墨があり、「あの話」の囚人が男本人であることを確信した。

そこへヒグマが現れ、杉本を威嚇した。男の話を信じるならば、この入れ墨は「宝の地図」ここでヒグマに食れるわけにはいかなかった。
男の死体とともに逃げ、もうだめかと思ったその瞬間、一本の矢がヒグマに襲い掛かった。

ひとりのアイヌの少女がヒグマを仕留めたのである。

少女が仕留めたヒグマは男を襲ったヒグマではなかった。

このまま男を持ち去ると「自分の獲物がとられた」とヒグマの怒りを買い、襲われると忠告する。
杉本は事の始終を説明し、男の遺体は置いていけないと言った。半信半疑の説明であったが、少女は金塊のうわさを信じた。

少女の父は、殺されたアイヌの一人であった。

改めて死体を見た少女は入れ墨の謎を解く。

入れ墨が胸や腕にも廻り込んで彫られていること。
そしてそのすべてが体の正中線で途切れていること。
この位置は、熊や鹿を解体するとい、毛皮を剥ぐために切り込みを入れる線であること。

元より、半分の金塊を渡す気なんてなかったのだった。

入れ墨を彫った男の執念から、金塊は「ある」と確信した杉本はヒグマを倒し、金塊を見つける覚悟を決めるのであった。

感想

囚人たちは何人いるのか、そのすべての入れ墨がそろったとき、金塊へたどり着けるのか。

入れ墨を彫った男の正体とは。またその仲間とは。
アイヌの少女との囚人狩り、入れ墨集めが始まります。

アイヌの子がね・・・・かわいい。もののけ姫のサンみたいだよね。野生感。

この子が杉本に心を開いていくとまたお話が面白くなる気がします。

 

ちなみに・・・

マンガを読んでいるとたまに登場します、アイヌ。
アイヌとは、北海道の先住民で、狩猟採集を行っていた民族です。アイヌ語を用いています。

またその文化(宗教)は万物様々なものに神霊が宿っているという汎神論的宗教観を持っていたようです。
あざらしとか食べるんだよね・・・!(テレビ知識)

個人的にはシャーマンキングのコロロのイメージが強いです。

公式では、は「冒険(バトル)」と「歴史(ロマン)」と「狩猟(グルメ)」のマンガで推しているようです。
アイヌ料理とかもいっぱい出てくるらしいので、アイヌ好き、歴史好きなかた、読んでみてはいかがでしょうか…!

 

タグ:漫画立ち読み

無料立ち読みもできる!こちらか試し読みが可能です!

関連広告

-漫画/アニメ, 趣味
-

Copyright© NUKOLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.